カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > カードローンの審査について > カードローン審査が通らない!審査に落ちる理由は?

カードローン審査が通らない!審査に落ちる理由は?

更新日:

公開日:2017.6.12

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

審査落ちする理由はこれ!

カードローンは最短即日で融資も可能なため、今すぐ借り入れしたい場合でもスマホから簡単に申し込むことができとても便利です。

しかし、せっかくカードローンを申し込んだのに審査に落ちてしまっては何の意味もありません。

審査に落ちたからといって、すぐに別のカードローンに申し込むことは絶対に避けましょう。

カードローンの申し込みを行ったという情報は信用情報に登録されています。
そのため一度に複数の金融機関に申し込んだ場合や、短期間で複数のカードローンに申し込んだ場合は「申し込みブラック」となり最低6ヶ月間は信用情報に記録が登録されてしまいます。

審査に落ちた場合、しなくてはいけない事とは何なのでしょうか?

一番大切なことは、どうして審査に落ちたのか自身で理由を調べることです。

カードローンで審査落ちとなった場合、公平な審査を行うため金融機関がその理由を教えてくれることはありません。
そのため、審査落ちとなる原因を自身で調べて対策を行わなければ再度カードローンの申し込みをリベンジしたとしても審査に通過することは難しいでしょう。

審査落ちとなる主な3つの理由

そもそもカードローン申し込んだ際の審査落ちとなる理由は何なのでしょうか?
カードローンが審査落ちとなる主な3つの理由についてご紹介します。

借り過ぎが原因かも

消費者金融では総量規制により「個人による貸金業者からの借入総額は年収の3分の1を超えてはならない」と貸金業法で定められています。

既に他社からの借入れがある場合は、借入希望額が年収の3分の1を超えているのかもしれません。
または、借入希望額が年収とのバランスが取れておらず高すぎる設定となっている可能性も考えられます。

過去に金融事故がある

過去にカードローンやクレジットなどで返済の遅延や自己破産など金融事故があった場合、その情報は信用情報に登録されています。

自己破産や任意整理など債務整理を行った場合は最短5年~10年、長期延滞などによる事故情報の場合は最短5年間、信用情報にその情報が登録されます。

そのため、審査の際にこのような情報が信用情報に登録されていれば審査落ちとなってしまうリスクが高くなります。

「クレヒスなし」も審査落ちの対象

過去にカードローンやクレジットを利用した経験がない方も審査落ちの原因となる場合があります。

「クレヒス」とはクレジットヒストリー、過去のクレジット利用経歴のことを言います。
過去にクレジット利用経験がない方は過去の情報がないため何も記録されていません。このような状態を一般的に「スーパーホワイト」とも言われています。

カードローンは金融事故や債務整理などを行い「ブラック」となった場合でも、一定期間が経過すれば事故情報の記録が消去されるため、どちらも信用情報の状態が同じになってしまいます。

金融機関は過去に事故情報があった方なのか、それともスーパーホワイトなのかといった判断がしにくくなるため、クレヒスなしの方への審査は慎重に行われます。

このような3つの状態になった場合はいったいどうしたらよいのでしょうか?

次に、上記であげた状態になった場合、審査落ちにならないための対策についてご紹介します。

審査落ちしないための対策

審査落ちになる理由が分かれば、その理由に対して対策を行うことで審査落ちを避けられる可能性が高くなります。
カードローンの審査落ちとなる主な3つの理由のそれぞれの対策について考えてみましょう。

借り過ぎが原因かも

総量規制が原因で審査落ちとなる場合は、銀行カードローンで申し込むことによって審査に通過するケースもあります。

銀行カードローンは貸金業者ではないため総量規制の対象外となります。そのため、収入によって借り入れ金額の制限などが法律で定められていません。

だからといっていくらでも借入れすることができると言ったわけではありませんが、収入とのバランスによっては銀行カードローンであれば審査通過となるケースもあります。

過去に金融事故がある

信用情報に「ブラック」と登録されているからといって、永遠に審査に通過することができないと言ったわけではありません。

自己破産などによる金融事故に対しては「最短5年~10年」、長期延滞による金融事故に関しては「最短5年間」は信用情報に記録が登録されますが、この期間を過ぎることで金融事故の情報は消去されることになります。

そのため、信用情報からその情報が消去されれば、カードローンの審査に通過することが可能になります。

「クレヒスなし」も審査落ちの対象

クレヒスが原因で審査落ちとなる場合は、比較的審査に通りやすいと言われているクレジットカードにまず申し込みをして利用経験を積み上げることをおススメします。

こうすることによって信用情報に契約情報が登録され「スーパーホワイト」という状態を避けることができ、滞りのない返済を継続していれば審査の影響も良くなります。

借りれないかも?不安な場合は信用情報をチェック

審査落ちとなる原因は、信用情報に隠れているケースが非常に多いです。

そのため、カードローンの審査落ちとなった方や審査が不安な方は、自身で信用情報を確認することがおすすめです

信用情報には下記のような情報が要録されています。

  • 個人情報(名前・生年月日・住所・電話番号など)
  • クレジットの契約日
  • ショッピングやキャッシイング利用額
  • 借金残高
  • 返済状況

個人信用情報は各信用情報機関の公式ホームページから、開示申請の手続きを行うことが可能です。
信用情報の開示にかかる手数料も500円~1,000円とそれほど高額ではなく、「申し込みブラック」になるリスクよりも手数料を支払い、自身で確認することをお勧めします。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.