カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > カードローンの審査について > 他社借入があった場合はカードローン審査に影響するのか?

他社借入があった場合はカードローン審査に影響するのか?

更新日:

公開日:2017.6.12

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

他社借入があると審査に通らない?

カードローンは初めての申し込みで、高額な限度額を提示してもらえることはかなり稀です。

公務員や医者などの社会的に信頼性が高いと評価されている職業の場合は初めての申し込みでも高額な限度額を提示してもらうことも可能な場合もあります。
しかし、一般的には30万円~50万円である場合が多いです。

カードローンの限度額を増額するためには、定期的な利用があり、滞りのない返済を継続し、金融機関との信頼関係を積み重ねていかなければいけません。

そのため、まとまった金額の融資を希望する場合は1社で高額な借入を希望するよりも複数の金融機関から少額な融資を希望する方が審査に通過しやすくなる場合もあります。

ただし、カードローンへの申し込みや借入れの情報は信用情報に登録されているため、 あまりにも多くのカードローンに申し込みをしている場合や、申込者の収入に見合わない借入額である場合は審査落ちの対象となってしまいます。

申し込み時に記入する「他社借入」は審査に影響する?

カードローンでは1社で高額な借入れをするよりも、複数で少額な借入れを行う方が審査に通りやすい場合があるということはわかります。
しかし、実際のところ何社までの金融機関であれば借入れすることが可能なのでしょうか?

カードローンは、基本的に借入件数よりも借入総額で申し込み限度が判断されます。

カードローンの審査では必ず信用情報を基に審査が行われるため、「申込者が現在いくら借り入れをしているのか」という情報は信用情報を照会することで確認することができます。

消費者金融は、貸金業法による総量規制といった制度により「個人による貸金業者からの借入総額は、年収の3分の1を超えてはいけない」と規制されているため、審査の段階で総量規制を超える借入れを行っている場合は審査落ちとなってしまいます。

ただし、この総量規制はカードローンの限度額ではなく実際に借入れしている金額が対象となります。
よって、複数のカードローンから借入れをしている場合でも、実際の借入金額が総量規制の金額に達していない場合は、審査通過となる場合もあります。

1ヶ月の間で申し込みが可能な件数として、一般的に3件程度だと言われています。
この件数を1つの目安として、あまり短期間で複数のカードローンに申し込むことはおすすできません。

一方、銀行カードローンは総量規制の対象外となるため、借入額について規制などはありませんが、銀行法を基に申込者の収入と借入希望額のバランスで審査が判断されます。

クレカのショッピング枠も総量規制の対象?

クレジットカードのショッピング枠は貸金業法による規制の対象外となるため総量規制対象外となります。

そのため、普段からネットショッピングを頻繁に行っている方でも、ショッピング枠に関係なくカードローンを申し込むことが可能です。

一方、同じクレジットカードでも「キャッシング枠」については総量規制の対象となります。

そのため、既にクレカのキャッシング枠で年収の3分の1を超える借入を行っている場合は審査落ちとなってしまいます。

ただし、こちらもキャッシング枠が高額であっても実際に借入れしている金額が総量規制の対象となるため申し込み前に確認しておくことが大切です。

やってはいけないNGなこと

カードローンの申し込みで絶対にやってはいけない3つの事をご紹介します。

  • 申込書に嘘の情報を記入
  • 複数のカードローンに同時申し込み
  • 高額すぎる希望限度額

この3つのNGな事について解説していきます。

申込書の不備や嘘の情報記入

審査落ちとなる理由で意外と多いのが申込書の記入ミスです。

カードローンは申し込み情報と信用情報を基に審査が行われるため、簡単な脱字や誤字などはそれほど問題ではありませんが、 収入や勤続年数など審査に重要な項目について申し込み情報と信用情報に違いがあった場合、たとえ悪意がなかったとしても嘘の記入であると判断され審査に悪影響を及ぼす恐れがあります。
申込書は提出前に不備がないか、必ず確認するようことが大切です。

複数のカードローンに同時申し込み

カードローンの審査に通過するかどうか不安だからといって、同時に複数のカードローンに申し込むことは絶対に避けましょう。

カードローンは審査の際に信用情報を確認するため、このように同時にカードローンを申し込んだという情報は審査で必ず確認されます。

同時に複数のカードローンに申し込んでいるということは、それだけお金に困っている申込者であると判断されて良い印象を与えることはありません。
カードローンは慎重に選択して申し込むようにしましょう。

高額すぎる希望限度額

カードローンの限度額は、申込者の収入や信用情報によって決定されます。

そのため申し込み時の借入希望額と申込者の収入とのバランスがあまりにもかけ離れている場合などには審査落ちの原因となってしまう場合もあります。

審査をスムーズに進めるためにも初回の希望限度額は10万円~30万円といったように少額で希望することをお勧めします。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.