カリテミオトップページ > 目的別ローン > デンタルローン > デンタルローンとは?月々いくら?支払い回数やシミュレーション

デンタルローンとは?月々いくら?支払い回数やシミュレーション

更新日:

公開日:2018.3.30

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

歯の治療費が高額でとても払えない!そんなときの「デンタルローン」を解説!

「歯科矯正やインプラント治療を受けたいけど、費用が高額で躊躇している」という方は多いのではないでしょうか。

美しく健康な歯を保つためにも歯の治療は必要なものですが、中には数十万円以上かかる高額な治療が必要な場合もありますよね。

そこで利用したいのが「デンタルローンです。」

デンタルローンを利用すれば、諦めがちな高額歯科治療もローンを組んで利用することができるようになりますよ。

今回は、デンタルローンとはなんなのか、また月々の返済はいくらかかるのか、支払い回数など具体的な利用法について調べてみました、

デンタルローンとは?どんな治療に使える?

デンタルローンとは、歯科治療を利用目的として使えるローン商品です。

おもに歯科矯正やインプラント、審美歯科での治療費などに利用可能です。

また入れ歯や差し歯、ブリッジなどの自由診療などにも利用することができます。

これまで高額だからと諦めていた方の多い、歯科矯正やインプラント治療などにも利用できるため、まとまった資金がなくても治療を開始することができるのです。

デンタルローンの支払いシミュレーション

デンタルローンで治療費を払うと、どれくらい返済しなくてはならないか気になるところですよね。

ここではクレジットカードなどでも有名なジャックスが取り扱うデンタルローン「デントキュア」を用いて実際の返済をシミュレーションしてみましょう。

デントキュアの基本情報と返済シミュレーション

デントキュアではの借入が可能です。

ここでは、50万円・100万円・150万円を借り入れた場合の返済シミュレーションを紹介します。

借入金額 月々の返済額 返済回数 返済総額
50万円 21,823円 24回(2年) 523,762円
100万円 18,643円 60回(5年) 1118,545円
150万円 23,772円 72回(6年) 1714,353円

※返済回数は自由に選択することができます。

アコムのカードローンで同じ金額を借り入れした場合

ここまでデンタルローンの返済シミュレーションで月々の返済金額と、返済総額を紹介しました。

歯科治療として利用できるローンには多目的で使えるカードローンがありますので、アコムのカードローンを例に、同じ金額、同じ返済回数で返済した場合のシミュレーションを見ていきましょう。

ちなみに金利は、50万円の借り入れで(年)18%、100万円〜150万円の借り入れで(年)15%として計算します。

借入金額 月々の返済額 返済回数 返済総額
50万円 24,962円 24回(2年) 599,079円
100万円 23,789円 60回(5年) 1427,378円
150万円 31,717円 72回(6年) 2283,628円

デンタルローンの方がカードローンよりもお得に利用できる

このように、同じ借入額、返済回数で比較しても、50万円を借り入れた場合で支払い総額の差はおよそ7万円ほどになり、150万円の借入の場合には50万円近くの差がついてしまうことがわかります。

これは、大手消費者金融をはじめとするカードローンの金利は10%〜20%ほどに設定されていることが多く、デンタルローンの5%前後の金利を大きく上回っているためです。

借入金額が比較的低額で短期間で返済ができる場合には、大手消費者金融で設けられている「無利息期間サービス」を利用することによってデンタルローンよりもお得に返済できる可能性があります。

しかし、長期的に少しずつ分割での返済を考えているのであれば、デンタルローンを利用した方が総返済額の節約に繋がります。

デンタルローンのメリット・デメリット

最後にデンタルローンを利用する場合のメリット・デメリットを紹介します。

デンタルローンのメリット

デンタルローンのメリットには以下のようなものがあります。

  • 治療の幅を広げられる
  • お金を貯めなくてもすぐに治療がスタートできる
  • 多目的ローンに比べて金利が低めの設定になっている

デンタルローンのメリットは、高額治療でも後から分割払いで治療費を返済することができるので、費用の面で諦めていた治療これまでが受けられるようになります。

そのため治療の幅も広がり、すぐに治療をスタートできるのです。

また、カードローンやフリーローンなどに比べて金利が低めに設定されていますので、多目的ローンを利用するよりも支払い総額を抑えることができます。

デンタルローンのデメリット

デンタルローンには以下のようなデメリットがあります。

  • 利用には審査が必要
  • 一括で支払うよりも支払い総額が高くなる

当たり前のことですが、デンタルローンは住宅ローンや自動車ローンなどと同様に融資を受けるための審査に通る必要があり、誰にでも利用できるものではありません。

したがって、現在収入のない方や申し込み条件を満たしていない方の場合には、審査に落ちる可能性もあります。

また、デンタルローンを利用すると利息が発生しますので、一括で支払う場合よりも支払い総額が高くなりますし、返済期間が長くなればなるほど、その分利息がかかり返済総額が高くなってしまうのです。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.