カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > カードローンの返済方法 > カードローン返済が遅れるときに知るべきこと|危険信号に気づこう

カードローン返済が遅れるときに知るべきこと|危険信号に気づこう

更新日:

公開日:2017.6.21

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

「2日前がカードローンの返済日だったのに、返済を忘れていた」
「カードローンの返済が遅れたら、今後の融資にも影響があるのだろうか」

カードローンを利用すれば毎月一定額を返済していかなければなりません。最初のうちは誰もが問題なく返済をします。
しかし、慣れてくると返済の日を忘れたり、口座にお金がないなど、返済ができていないことも。ついうっかりであってもその影響は必ず出てきます。

返済が遅れるときは、必ずカードローン会社に連絡を入れましょう。

この記事はこんな人にオススメ!

  • カードローンの返済を遅れてしまっている人
  • カードローンの返済の遅れがどのように影響するのか知りたい人

カードローンの返済に遅れるとどうなるのか

カードローンの返済をついつい忘れてしまう人はいます。口座振替で返済していればそのようなことはあまり起こらないのですが、振り込みなどで返済していると忘れてしまうこともあるでしょう。

カードローンの返済遅延にはペナルティーが課されてしまいます。
遅延日数ごとのペナルティーの内容は、おおむね以下のようになります。

遅延日数 内容
1日 カード利用停止(電話連絡が入る)
1週間から10日 督促状の送付
3ヶ月 ブラックリストに載る
6ヶ月前後 裁判になる(差し押さえの可能性)

返済が1日遅れただけでも、カードローンは利用できなくなってしまいます。
もしカードローンの返済が1ヶ月遅れれば、その間に督促状の送付や確認・督促の電話が何度もあります。ブラックリストに載れば、しばらくの間は他のローンの契約はできないと思ってください。

返済をたまたま忘れて少し遅れるだけ、と考えてはいけません。返済できないために、さらにローンを組んで返済しようとする人もいます。
そういった状況から多重債務につながり、最終的には自己破産などの債務整理しか方法がなくなってしまうこともあります。

そんな大げさな、と思う人もいるかもしれません。しかし、カードローンの返済忘れは多重債務や債務整理の一歩手前、危険信号であると考えておくべきです。

1日でも返済が遅れると「延滞の記録が残る」

返済を忘れていた、残高不足で口座振替ができなかったなど、カードローンの返済が滞る理由はさまざまです。しかしどんな理由があろうとも、カードローンの返済を1日でも滞納すれば信用情報に記録が残ります。

記録が残れば、他社でローンを契約しようとしてもその事実が相手に分かるので、契約できない可能性もあるでしょう。

ただし、消費者金融などの場合には、信用情報の更新日までに返済をすれば延滞の記録が残りません。
例えば、約定日が20日で信用情報の更新日が月末であるとします。この場合、20日に返済できなくても25日に返済できれば、カードローンの返済遅延の情報は信用情報に記録されないということです。

もし消費者金融のカードローンの返済を忘れた場合にも、なるべくすぐに返済するようにしましょう。

カードローン返済が遅れると発生する「遅延損害金」について

カードローンの返済を放置していると、遅延損害金が発生してしまいます。これは法律で定められているものであり、カードローンの返済を延滞すれば支払わなければなりません。遅延損害金は遅れた日数分だけ発生するので、たとえ遅れたのが1日だけであっても発生します。

主なカードローンを取り扱う各社の遅延損害金は、次のようになっています。

カードローン会社 遅延損害金の金利
プロミス 20.0%
アコム 20.0%
アイフル 20.0%
SMBCモビット 20.0%
レイクALSA 20.0%
楽天銀行スーパーローン 19.9%
みずほ銀行カードローン 19.9%
オリックス銀行カードローン 借入残高に対する借入利率+2.1%

大手消費者金融の多くは遅延損害金を20.0%に設定しています。銀行は19.9%に設定していることが多いです。しかし、オリックス銀行カードローンのように、変動する場合もあるので確認しておきましょう。

遅延損害金の計算と例

遅延損害金が発生するといわれても、どのくらい払うものなのか想像できない人も多いでしょう。遅延損害金は以下のような計算式で求めることができます。

借入金額(元金)×遅延損害金年率÷365×延滞日数

これをもとに、遅延損害金がどの程度になるのか、例を用いて確認していきましょう。

例1|借入金額20万円、遅延損害金年率20.0%、延滞日数30日の場合
20万円×0.2(20.0%)÷365×30=3,287円
例2|借入金額50万円、遅延損害金年率20.0%、延滞日数30日の場合
50万円×0.2(20.0%)÷365×30=8,219円

同じ延滞日数でも、借入残高が多くなれば遅延損害金として支払う金額も増えます。

自分の不注意でこのような金額を払うのは、非常にもったいないです。カードローンの返済忘れに気づいた場合には、一日でも早く返済すれば、遅延損害金も少なくて済みます。

まとめ|カードローン返済が遅れるときは「必ず連絡して放置しない」!

カードローンの返済は、たとえ一日遅れでも利用停止や遅延損害金などのペナルティーが課されます。 カードローンの返済は必ず遅れないようにするべきです。
しかし忘れてしまうことや、どうしてもお金が足りないという状況は起きてしまいます。

もしカードローンの返済が間に合わない場合には、カードローン会社にすぐに連絡を入れるようにしましょう。
遅れた後でも問題はありませんが、事前に返済できないことが分かっている場合にはその時点で連絡すべきです。早めに連絡することで相手への心象は大きく変わります。

連絡を入れることで、中にはカードローンの返済を数日であれば延期してくれることもあります。少しでもお金があるのであれば利息分だけの支払いにしてくれることもあるでしょう。

絶対にやってはいけないのが、滞納していると分かっていながら放置することです。
放置すれば、「この人は払う意思がない」とカードローン会社に判断されてしまいます。そうなれば、後から事情を訴えても聞く耳を持ってもらえなくなります。

自分を守るためにも、返済が難しいと分かった時点で連絡を入れてください。相談に乗ってもらい、可能であれば利息分だけでも支払うなど、支払う意思があることを相手に見せるようにしましょう。

どうしてもカードローンの返済ができないときは、別記事「カードローン返済ができないときの対処法|遅延損害金の恐怖」で対処法を紹介しています。遅延損害金についても詳しく触れているので、ぜひ参考にしてください。

※記載されている内容は2019年11月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.