カリテミオトップページ > 目的別ローン > デンタルローン > デンタルローンの疑問を解決!流れや医療費控除について

デンタルローンの疑問を解決!流れや医療費控除について

更新日:

公開日:2018.4.27

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

治療費が高額でとても払えない!そんな時のデンタルローンの利用できる用途は何か?

デンタルローンを利用して、インプラントや歯科矯正などの治療を考えている人もいるのではないでしょうか。

一部の例外を除いては医療保険が適用にならないインプラントや歯科矯正などの治療は、かなりの費用がかさむことでも有名です。

しかし高額な治療費を分割して支払えるデンタルローンを利用すれば、今まで費用の面で治療を諦めていた人でも、治療を受けることが可能になります。

しかし高額なローンを組むのであれば、さまざまな疑問は申し込み前に解決しておきたいものですよね。

今回はデンタルローンのよくある疑問、申し込みの流れや医療費控除などについて詳しく説明していきます。

デンタルローンの申し込みから融資までの流れは?

一般的なデンタルローンの場合、インターネットなどから申し込みが行えるようになっています。

また歯科医院やクリニックなどと提携しているデンタルローンの場合には、病院やクリニックで申し込み手続きを行います。

住宅ローンやカードローン同様に、氏名・住所・電話番号などの基本情報から収入や勤務先などの必要事項を申告します。

提出を求められる必要書類も各デンタルローンサービスによって異なります。

基本的には運転免許証などの本人確認書類に加えて、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書類の提出を求められることが多いでしょう。

さらに治療にかかる費用の見積もりなどを求められる場合もあります。

申し込みが完了すると審査が行われて、無事に審査に通過すると契約手続きが行われ、融資が行われます。

融資が行われると、本人を通さずに医院やクリニックに直接支払いが行われることがほとんどです。

確定申告の際、医療費控除できるの?

本来なら一括支払いで払わなければいけないインプラントや歯科矯正の治療費をデンタルローンで分散できるのは嬉しいですよね。

しかしたとえ分割とは言えども、インプラントや歯科矯正の費用は高額なものです。

しかし、支払った医療費が10万円を超える場合には医療費控除が受けられます。

そもそも医療費控除とは

そもそも医療費控除とは、1月1日〜12月31日までの本人や生計を共にする家族のための医療費で一定金額の所得の控除が受けられるという制度です。

人それぞれに年収や他の控除項目などが異なるので、一概にいくら控除されるなどは言えないのですが支払った金額や状況によっては還付金が戻ってきます。

デンタルローンは医療費控除の対象?

インプラントや歯科矯正に関しても医療費控除の対象となりますので、デンタルローンを利用して支払った場合でも医療費控除の対象となります。

デンタルローンを利用するような治療は高額治療になることがほとんどですので、必ず確定申告の際などには医療費控除を申告するようにしてください。

気になるデンタルローンQ&A

それでは最後にデンタルローンで気になる、よくある質問をQ&A形式にて見ていきましょう。

頭金は必要なの?

必ずしも必要な訳ではありません。

基本的にデンタルローンでは、頭金がゼロだと絶対に審査に通過できないということはありません。

そのため頭金なしでも申し込みをして審査に通過できる可能性は十分にあります。

ただし、頭金があったほうが借入総額が少なくなるので、貸し倒れのリスクも少なくなり審査に通過しやすくなるという可能性はあります。

頭金が全くなくても、申し込みは可能ですが頭金が多少はあった方が審査通過がしやすくなることは覚えておきましょう。

治療費は一括で支払いが必要?

治療を受ける医院やクリニックによって異なります。

インプラントや歯科矯正の治療費は、治療を受ける医院やクリニックによっても治療費の支払い方法が異なります。

基本的には以下の2つのいずれかになるでしょう。

・治療開始前に一括で支払うパターン

・治療の進行に合わせて毎回支払うパターン

支払い方法がどちらのタイプなのかによって、デンタルローンを利用するかどうかも変わってくるでしょう。

支払い方法がどのようになるのか、受診する病院やクリニックに事前に確認しておくことをおすすめします。

ボーナス払いなどはあるの?

デンタルローンによってはボーナス払い可能なところもあります。

利用するデンタルローンによっては、ボーナス払いなどの支払い方法が選べるようになっています。

たとえば「デントキュア」というデンタルローンでは、ボーナス払いのサービスも利用可能です。

自分が利用したいデンタルローンや医院の提携ローンにボーナス払いがあるかどうかは、事前に確認しておきましょう。

デンタルローンに連帯保証人などは必要?

基本的に不要です。

デンタルローンでは、基本的に連帯保証人は必要ありません。

ただし、審査状況次第では、保証人が必要と言われる可能性もあります。

未成年でデンタルローンは可能?

可能な場合もありますが、親の同意が必要になります。

デンタルローンへの申し込み資格は、年齢18歳以上や年齢20歳以上の場合が多くなっています。

そのため20歳未満の未成年でも申し込みは可能ですが、必ず親の同意が必要です。

親の同意が得られない場合には、申し込み資格が18歳以上となっていても利用はできません。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.