カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > カードローンの返済方法 > カードローン返済の仕組みや計算方法。返済シミュレーションまとめ

カードローン返済の仕組みや計算方法。返済シミュレーションまとめ

更新日:

公開日:2017.6.21

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン返済の仕組みと計算方法ってどうなってるの?

信販会社や商業施設などが提供しているカードローン。

いつでも利用でき現金なしでのお買い物や、急な出費の際のクレジット機能など非常に便利です。
そのうえ、最近ではポイントがどんどんたまってお得なものもたくさんあります。

しかし、返済があることを忘れてはいけません。
返済金額や利息分などを知っておかないと、その計画的な利用に繋がらなくなってしまいます。

そこで今回は、実際に返済例をシミュレーションしていくことで、カードローン返済の仕組みと計算方法などを説明していきたいと思います。

一括払いと分割払い

まずはカードローンで設定できる主な返済方式。
その概要とメリット・デメリットなどを簡単に説明します。

いっぺんにその返済をするのが一括で、月々数回に分けて返済をするのが分割払いです。
ボーナス時の一括払いなどを利用できるショッピング利用はともかく、クレジット機能を利用する場合はまず一括支払いを採用している金融機関はないので今回は割愛、分割払いについて説明します。

リボルビング方式

現在カードローンの分割払いには、主に「リボルビング方式」というものが採用されています。
支払い方式は主に二つにわかれます。

  • 元利均等方式(定額or定率)
  • 元金均等方式(定額or定率)

その他の分割方式も以前は存在していましたが、多くのカード会社が採用しているのがこのリボルビング払い方式です。
リボルビング払い方式は「リボ払い」と略されることもあります。

基本的には、その借入額が増えたとしても限度額内であれば月付きの返済額はあらかじめ設定された返済額(もしくは返済率)での返済となります。

定額と定率がある

定額リボ払いはその名前通り、限度額範囲内ならいくら借り入れしても同じ金額の返済をすることになります。

定率リボ払いの場合は「借入金額の〇パーセント」といった具合に定められた返済率に従って、借り入れが増えればその返済金額も上がります。
基本的には定率は計算がややこしく消費者に伝わりにくいため、各カード会社は定額の方を採用することが多くなっています。

元金均等定額と元利均等定額も違う

同じ定額でのリボ払いでも「定額」の定義が違うのでこれまたややこしいですね。

まず元金均等定額支払い。
これは定額とは言っているものの、その実際は毎月の返済額は定額ではありません。
この元金均等定額が差す「均等」とは、返済金の中の「元本金」が均一であるという意味であり、それに利息分がプラスされたものが「毎月の返済額」となります。

例えば年利18%のカードローンで10万円をキャッシングして元金均等定額でその返済をする場合、元本を5,000円に設定したら、その返済期間は単純に10万÷5000で20ヶ月となります。
ただし、毎月の支払額はそれに金利分が加算されるため、例えば初月度は6,500円となります。

この元金均等定額支払いのデメリットは、初期の返済額が高いことです。
しかし返済期間が短くなるため、トータルでの支払利息が少なくなるメリットがあります。

一方、元利均等定額の場合はそうもいきません。
この元利均等定額支払いの場合同じ額を借りたとしても、均一なのは返済金額の方になります。

ちょっとややこしいので次の項で具体的に説明しましょう。

元利均等定額リボルビング払い方式での返済シミュレーション

前の項でカードローンの返済の仕組みを紹介しましたが、このうち最も多いパターンが元利均等定額リボルビング払い方式での返済です。
ここからは、この方式を採用しているカードローンを利用して、月の返済はどうなっていくのかをシミュレーションしてわかりやすく解説していきます。

上記と同じ条件でシミュレーション

  • 10万円を年利18%
  • 元利均等定額リボ契約
  • 月の支払いが5,000円

と、固定して考えてみましょう。
(厳密には4,992円の返済となりますが分かりにくいので5,000円として考えていきます。)

毎月の支払金額は5,000円固定なので何も悩むことはありません。
こうなると便利なものだと思ってしまいがちです。

ところが、この5,000円のうち1,500円は利息分、つまり元本は3,500円しか返済されていない計算になります。
そして完済には元金均等より4ヶ月長い24ヶ月が必要で、支払い総利息は約19,808円。
一方、支払期間が短いぶん元金均等ではトータル支払利息は15,750円。
つまり元金均等定額支払いに比べて毎月の返済額を抑えるメリットは出ますが、この条件では4,058円多く利息を支払うこととなります。

現在、利息は厳しく制限されています。
年利18%以上の利息を取られることはありませんが、キャッシング枠いっぱいの50万円などを利用した場合は支払利息の差が大きく広がることになるので注意が必要です。

「残高スライド方式」というものまである

もっと気を付けたいのが、多くの消費者金融カードローンが上記の元利均等定額にセットで採用している「残高スライド方式」での返済です。

「残高スライド方式」は、利用残高に応じて定額設定される毎月の返済額がスライドしていくものです。
基本的に利用額が少ないほど月の返済額が少なくなるよう設定されています。

利用額 返済額
10万円まで 月5,000円
10~20万円まで 月10,000円
30~40万円まで 月15,000円
50万円一杯 月20,000円

このように利用額が増えるとアップ、返済が進むとダウンします。

一見、返済が進むと月の返済額が減るので負担が少なくなり、返済が楽になるかのように感じます。
しかし、前項でも述べましたが元利均等定額に違いありません。
利用額が減ると返済額が減る=元本が減る量も少なくなってしまいます。

つまり、ただでも返済期間が伸びやすい元利均等定額支払いがさらにその期間が延び消費者金融会社が息長く、利用者から利息を吸い上げられるカラクリになっているのです。

カードローン返済の仕組みや計算方法まとめ

カードローンは確かにその利便性が魅力です。
しかし、しっかりとその返済方式を頭に入れておかないと大損をしてしまいます。

反対にその仕組みをよく理解したうえで利用すれば生活を豊かにするツールになりえます。
自分の生活と収入に合った支払方法のカードローンを選ぶよう心がけましょう。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.