カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > カードローンの返済方法 > カードローンの返済方法、賢く使って上手に返済する方法

カードローンの返済方法、賢く使って上手に返済する方法

更新日:

公開日:2018.6.22

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

まずはカードローンの返済方法を知ろう

カードローンで借りたお金は返済しなければなりません。
様々な返済方法が用意されているので、どれがいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、カードローンの主な返済方法を紹介するとともに、返済方式の違い、返済の際の注意点なども合わせて解説します。

カードローンの返済方法の概要、メリット・デメリットを解説

まずは、カードローンの返済別に、その概要やメリット、楚しデメリットを解説しましょう。

口座振替

多くのカードローンで採用されている返済方法です。
事前に登録した銀行口座から、決められた返済日に自動で最低返済額が引き落とされます(約定返済)。

メリット デメリット
口座にお金が入っていれば自動で返済できるので、うっかり忘れていても延滞の心配がありません。
登録口座がインターネットバンキングならば、ネット経由の入金も可能です。
来店不要で手数料もかかりません。
口座振替では決められ日に決められた金額しか返済できませんので、追加で返済したい場合には別の方法で返済しないとけません。
多くのカードローンでは、口座振替日を月1日、指定の日としていますので、給料日直前が口座振替日だったりすると、残高不足になる可能性があります。

インターネット

インターネットバンキングを使い、以下のような手順で返済します。

  1. カードローン業者サイトにログイン
  2. 金融機関、返済金額を選択
  3. インターネットバンキングにログイン
  4. インターネットバンキングより返済を実行
メリット デメリット
ATMや店舗での返済とは異なり、外出しなくても24時間365日手続きが可能です。
ネット回線さえあれば、PCはもちろん、スマホからも利用できます。
利用可能なインターネットバンキングの金融機関は、カードローン業者によって異なりますので、確認が必要です。
また、実際にすぐに返済が反映されるとも限りません。

自社ATM

自社でATMを設置しているカードローン業者でしたら、ほとんど利用可能な返済方法です。
ローンカードを挿入した後、お金を投入すれば返済完了です。

メリット デメリット
自社ATMから返済をすれば、ATM手数料がかからないのがほとんどです。
また、自社ATMを使えば、カードローンの様々な設定変更もできます。
さらに、約定返済以外の返済(炊事返済)も、ATMから行なえます。
SMBCモビットやネット銀行カードローンなど、カードローン業者によっては自社ATMを設置していない場合もあります。
また、地方銀行や中小の消費者金融では、会社の営業エリアにしか自社ATMが設置されていません。
その場合は、他の方法で返済するしかありません。
さらに、自社ATMは硬貨に対応していないことが多いため、その場で1,000円未満の端数の返済はできません。

提携ATM

カードローン業者は、利用者の利便性を高めるため、自社ATM以外に提携ATMも利用可能としています。
提携ATMは、カードローン業者によって異なります。
自社ATMと同様に、ローンカードを挿入した後、お金を投入すれば返済完了です。

メリット デメリット
自社ATMと比較して、提携ATMは設置台数が多いです。
特に、コンビニATMが提携ATMになっているカードローンならば、全国各地で返済できるといっても過言ではありません。
コンビニATMは、一般的な銀行ATMと比較して営業時間が長いので、土日祝日や深夜、早朝でも返済可能です。
そして、自社ATMと同様に随時返済も可能です。
提携ATMは、返済額によって108円~216円の手数料が発生します。
また、借入は多くの提携ATMで利用可能ですが、返済はできない提携ATMも結構多いです。
そして、提携ATMも硬貨に対応していないことが多いため、その場で1,000円未満の端数の返済はできません。

店舗窓口

消費者金融で多く採用されている返済方法です。
営業時間内に現金とローンカードを持って来店して、その場で返済します。

メリット デメリット
その場で現金のやり取りをして返済するため、安心感があります。
ATMからの返済は、銀行営業日にならないと返済が反映されませんが、窓口ならば返済がすぐに反映されます。
返済手数料はもちろんかかりません。
さらに、窓口のスタッフと相談をして、返済計画の見直しができるのは、他の返済方法にない大きなメリットです。
店舗窓口での返済を受け付けているところは、さほど多くありません。
中小の消費者金融は数店舗しかないことも珍しくなく、返済のために来店するのは面倒です。
店舗での返済が可能だとしても、店舗の営業時間がさほど長くありません。

コンビニのマルチメディア端末

Famiポート(ファミリーマート)、ロッピー(ローソン、ミニストップ)など、コンビニに設置されているマルチメディア端末を使い、返済できるカードローンもあります。
端末で返済の申込をしてからコンビニのレジに行き、申込から30分以内にレジで代金を支払うことで返済できます。

メリット デメリット
マルチメディア端末は、提携ATMよりもさらに営業時間が長く、24時間365日稼働しています。
ローソンやファミリーマートは全国展開しているので、利用できる場所も多いです。
手数料無料で随時返済や一括返済もできます。
現時点で、マルチメディア端末を使った返済を採用しているカードローン業者は、プロミス、アイフル、SMBCモビットなど数えるほどしかありません。
また、カードローン業者によって返済可能時間が異なりますので、事前に確認しておきましょう。

銀行振込

全国の金融機関の窓口・ATMから返済する方法です。
業者が指定した口座に振り込みます。

メリット デメリット
ローンカードを忘れてしまっても、振込先口座情報が分かれば返済が可能です。
また、窓口ならばどこでも1円単位での返済ができます。
銀行ATMならば、硬貨での返済にも対応しているところが多いです。
銀行窓口の営業時間は、平日の9時~15時と非常に短いです。
また、振込手数料は数ある返済方法の中で最も高く、業者が指定した口座の金融機関と振込元の金融機関が異なれば、振込手数料はさらに高くなります。

主なカードローン業者の返済方法・返済方式などを比較

カードローン業者によって、対応している返済方法・返済方式は異なります。
また、対応していても注意事項がありますので、ここでまとめて紹介しましょう。

返済方法を比較

  アコム プロミス SMBCモビット 三菱UFJ 楽天銀行
口座振替
ネット
自社ATM
提携ATM
店舗窓口
メディア端末
銀行振込

口座振替と提携ATM、銀行振込は、多くの業者で採用されています。
自社ATMを設置していない業者では、当然自社ATMを利用できません。

返済方式を比較

次に、主なカードローン業者別の返済方式を比較してみましょう。

業者名 返済方式
アコム 定率リボルビング方式
プロミス 残高スライド元利定額返済方式
SMBCモビット 借入後残高スライド元利定額返済方式
三菱UFJ銀行 残高スライドリボルビング方式
楽天銀行 残高スライドリボルビング返済、元利込定額返済から選択

業者によって名称は異なりますが、意味はほとんど同じです。
借入残高に応じて毎月の返済額(利息込み)が変動し、借入残高が少ないほど毎月の返済額は少なくなります。
楽天銀行カードローンの「元利込定額返済」は、契約時に設定された限度額に応じて、毎月の返済額が異なります。
借入残高に関係なく、限度額が多いほど毎月の返済額は多くなります。

返済に関する注意事項

最後に、返済に関する注意事項を紹介しましょう。

硬貨が投入できないのでATMから端数が返済できない場合

紙幣で返済できない1,000円未満の端数は、「無利息残高」扱いとなり、利息・手数料もなく、支払期限も設定されません。
無利息残高は、インターネット・店舗・銀行振込などで完済してください。

返済直後に利用可能枠は復活するか

借入残高を返済したら、返済した分だけ利用可能枠は復活します。
しかし、返済すればすぐに利用可能枠が復活するわけではありません。

土日祝日に返済をしても、銀行営業日となる翌営業日にならないと、返済の情報が金融機関から届かず、長いと1週間程度かかる場合もあります。
インターネットバンキングならば、即時に返済が反映されます。

一括返済は注意が必要

元金と利息をまとめて完済する「一括返済」は、少し特殊です。
アイフルの場合、以下のような流れとなります。

  1. 会員専用ダイヤルに電話
  2. 金融機関、返済金額を選択
  3. 返済予定日時点の返済総額を確認
  4. アイフル店舗、銀行振込で返済する

アイフルATMは硬貨の投入ができず、アイフルの場合マルチメディア端末では一括返済ができません。
硬貨が投入可能な提携ATMでも、ATM利用手数料が後日請求されるため、完済とはなりませんので注意しましょう。

まとめ

カードローンには様々な返済方法があります。
手軽さ重視ならばATM、返済を忘れそうな人は口座振替、コスト重視ならば口座振替・窓口・自社ATM、外出せずに返済したいならネットバンキングなど、利用者のニーズに応じて、様々な返済方法を選択してください。

ただし、業者によって対応している返済方法は異なり、端数の返済や一括返済など注意すべき返済もありますので、よく確認しましょう。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.