カリテミオトップページ > 費用が払えない・滞納 > jcbクレジットカードを未払いしたらどうなる?滞納から強制解約までの流れを徹底解説!

jcbクレジットカードを未払いしたらどうなる?滞納から強制解約までの流れを徹底解説!

更新日:

公開日:2018.8.2

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

JCBクレジットカード滞納は絶対にダメ!最悪裁判や差し押さえになる!?

JCBカードは代表的な国際ブランドとしてあまりにも有名で、この記事を読まれている方の中にも、このカードを持っている人は多いのではないでしょうか?

ちなみに、直近のデータによると2017年度のJCBのカード加入者数は11,700万人を超えていると言う事ですかから、データ上は日本国民の人口と同じくらいのカードが発行されている事になります。

またJCBカードはWeb限定でオリジナルカードが作れたり、ネットショッピングなどではポイントも貯まりやすい為、「使いやすく」「お得なカード」としても非常に人気があります。

このようにJCBのクレジットカードは非常に利便性が高いことで有名ですが、月々の支払い料金についてはきちんと支払っておかないと、このような便利なサービスも使えなくなるばかりか、今後の生活にも支障を来たす事にもなりかねません。

そこで、今回はJCBクレジットカードの代金を支払わなかった場合、どのような手順で督促が行われるのか、そして滞納を続けた場合には、最終的にはどうなってしまうのか、と言う点について詳しく解説していきたいと思います。

JCBクレジットを未払い、滞納したらどうなる?

ちなみに、JCBカードは毎月15日に利用代金の締めが行われ、翌月の10日に指定の銀行口座から代金が引き落とされる仕組みになっています。

しかしこの10日の引き落とし日に口座に残高がなかったりすると、その時点で「カード料金未払い」という状態になってしまいます。

JCBの場合、未払いが発生してからの流れとしては、

未払い ⇒ 滞納 ⇒ 督促 ⇒ 強制解約

と言うかたちで処理が行われるのですが、ここからはそんな督促の流れについて詳しくお伝えしていきたいと思います。

    1. 未払いからカード利用停止までは4営業日

まず、上記の通り毎月10日の引き落とし日に決済ができなかった場合、その引き落とし日から4営業日前後にはカードが使えないようになります。

ちなみにカードが利用停止状態になるという事は、通常のショッピングはもちろん、キャッシング機能も全て止まる形になりますので注意したいところです。

ただ、一旦未払いとなった後でも、再振替日にきちんと引き落としが出来れば、未払状態は解消することが出来ます。

尚、この再振替日については、利用している銀行で異なりますので、下記参考URLから確認されることをお勧めします。

参考URL 振替日当日および再度のお支払い日について(カード発行会社が株式会社ジェーシービーの方)

https://faq.JCB.co.jp/app/answers/detail/a_id/1213

    1. 督促:電話や督促状が届く

ちなみに、先程ご紹介した通り再振替日に利用代金が引き落とされた場合には督促の連絡は来ないのですが、未払い発生後3日~1週間程度料金の支払いができなかった場合は、カード会社から電話か督促状が届くようになります。

またJCBカードを契約した際には、勤務先の会社名や連絡先なども登録しているはずですので、本人に連絡がつかなかった場合等は、会社にも連絡が入ることがあります。

また、1日でもJCBの支払いに遅れてしまうと、信用情報機関には「延滞記録」として残ってしまいますし、未払発生日から61日~90日後には信用情報は「ブラック」となってしまいます。

    1. 強制解約:未払い発生から3ヶ月で強制的に解約される

尚、上記のような督促連絡が入った際には、「〇月〇日迄に支払ってください」と言う具体的な連絡がありますので、その指示に従い支払えばいいのですが、そのような督促をさらに無視し続けていると、結果的には未払発生日から90日前後でJCBカードは「強制解約」という扱いになってしまいます。

ちなみに、カードローンやクレジットカードのブラック状態は最短で5年後には信用情報機関から情報が消えることになっていますが、JCBの社内データベースの削除については特にルールはない為、おそらくCBの社内情報には「延滞者の情報」が延々と残るJことになります。

つまり、一度JCBカードが強制解約になってしまうと、JCBにそのような情報が残り続け、二度と同じクレジット会社ではJCBカードは作れない、と言うことになります。

最終的には裁判や差し押さえに

JCBカードの料金が引き落とされなかった場合、以上のような手順を踏んで督促が行われる訳ですが、ここまでの手順を踏まれてもさらに料金の支払いを拒んでいると、最終的にはJCBから裁判などの法的手段を取られることになります。

また、裁判所からの督促状が届いた場合は、「裁判をするか」または「延滞金を全額一括返済するか」の二者択一が迫られることになります。

先ほど、JCBの料金を滞納した場合はJCBから督促状が届く…と言うことをお伝えしたと思いますが、裁判所から届く督促状については法的な強制執行権限がありますので、万一この督促を拒んだ場合は、給与や財産そして銀行口座にある現金などが差し押さえの対象となります。

ちなみに、この中でもカード会社が最も素早く、そして確実に差押えができるのが「給与」と言われています。

また給与が差し押さえられる…と言うことは、当然会社にもJCBの代金を滞納していることがばれてしまいますので、結果的に会社にも居づらくなり、会社を辞めて収入も途絶えると言う最悪の結果を招くケースもあります。

JCBカードの料金が支払えない時の金策方法

では、以上のような最悪の結末を迎えることを避ける為に、JCBカードの料金を支払えない時にはどんな方法を使って金策をすればいいのでしょうか?

いくつかの方法を考えてみたいと思います。

家族や親族に借りる

一つ目は、両親や兄弟そして親族になんとか頼んでみると言う方法です。

クレジットカードの料金の支払いができないと言うことだけで、親や兄弟に相談をするのは少々気が引けますが、そのまま放置していて給与を差し押さえられて会社を辞めざるを得なくなるような状態になるよりは、恥を忍んで相談をした方が良い場合もあります。

たしかに、親に相談した場合、少しは叱責を受けるかもしれませんが、そこは人の親です。
正直に困っていることを相談すればきっと助けになってくれることでしょう。

身の回りの不用品を売る

二つ目の方法は、身の回りにある不用品を売って現金を手に入れると言う方法です。

不用品を売る方法としては、フリーマーケットに出品する方法や、ヤフオクやメルカリなどインターネットアプリを使って不用品を現金に変えると言う方法もあります。

しかしこれらの方法は不用品を出品してから実際に現金が振り込まれるまで、最低でも2週間前後がかかりますので、「今日中に現金が必要」と言うようなかなり切迫した状態では、あまりお勧めできる方法とはいえません。

任意整理などの債務整理に踏み切る

また、以上のような手段を講じても金策が成功しなかった場合は、新たな借り入れなどを行うより速やかに弁護士に相談して債務整理を行った方が良いケースもあります。

特に、クレジットカードの支払いの為にキャッシングを繰り返している、いわゆる「自転車操業」に陥っている人については、借り入れを続けてもどんどん債務が膨れ上がるばかりですので、早めに弁護士に相談されることをお勧めします。

尚、正式に弁護士に債務整理を依頼した際には、債権者は直接債務者に対して連絡を取ることはできないようになります。

したがって、先ほど触れた「JCBからの督促状」の類も弁護士に依頼することでストップさせることができます。

ただ弁護士に債務整理を依頼したとしても、自己破産以外はある程度の支払い義務は残りますので全ての借金がチャラになると言うことではないと言うことだけは覚えておきましょう。

滞納する前に!カードローンで立て替えがおすすめ

ここまでで、JCBカードの料金が未払いになった場合の督促の流れや、最終手段についてはご理解いただけたかと思います。

「クレジットカードの支払いを1ヶ月だけ遅れてしまった」と言う事は誰にでもあるものです。

しかし、クレジットカードの未払いが何ヶ月も続くようなことが一度でもあると、前段でお伝えした通り信用情報機関にはブラック情報として残ってしまいますし、その情報が残っている5年間は以下のようなケースで悪影響を及ぼしてしまいます。

  • 新しくクレジットカードが作れなくなる。
  • カードローンなどの新規契約が出来なくなる。又、既にカードローンを利用している場合は、カードローンの限度額を減らされたり、強制解約される場合もある。
  • 住宅ローンやマイカーローン等の審査にも影響を及ぼす。

では、このような事態を招かない為にはどんな準備をしておけば良いのでしょうか?

クレジットカードの引き落とし日に現金をいつでも用意できるぐらい裕福な状況なら何も問題がないのですが、「度々カード引き落とし日に残高不足が発生してしまう」というような場合には、いざと言う時の為にカードローンの契約をしておくことをお勧めします。

カードローンを契約するだけなら一切費用はかからない!

ちなみに、カードローンには消費者金融や銀行のカードローンなどいくつかの種類がありますが、ほとんどのカードローンは年会費や手数料も無料になっていますので、カードローンを契約して利用しない状態が続いたとしても費用は全くかかりません。

また、カードローンは最低1万円からでも利用できるようになっていますので、いざという時の為に契約だけしておき「今月1万円だけ残高が足りない」と言う時には、必要な分だけキャッシングをする事で、クレジットカードの未払いを避ける事が出来ます。

支払日に残高がなくても即日融資可能</

また、クレジットカードの引き落とし「当日」に残高がないことに気付いたような場合でも、消費者金融のカードローンなら即日融資が可能な場合もあります。

ただ、消費者金融で即日融資を受ける場合には、以下の手順を踏む必要があります。

一般的な消費者金融カードローンで即日借り入れをする方法

パターンA:振込キャッシングを利用する方法

  1. 午前中に公式Webから申し込みを行う
  2. カードローンの審査に通過したら、クレジットカードの引き落とし口座に振込キャッシングを依頼する。

※銀行振込で当日中の入金を希望する場合は、平日の15時までに振り込みを依頼する必要があります。

パターンB:無人契約機を利用する方法

  1. 午前中に公式Webから申し込みを行う。
  2. カードローンの審査に通過したらキャッシング用のカードを無人契約機で受け取るよう選択する。
  3. 最寄りの無人契約機に出向きカードを受け取り、ATMからキャッシングを行う。

 

無人契約機については、初めから無人契約機を使って契約申し込みを行えば、その場でカードを発行してもらえます。
また、隣にあるATMや提携ATMからキャッシングを行うこともできますので、この方法が最も確実で早い方法と言えます。

JCB未払いに関する情報まとめ

今回はJCBのクレジットカードの料金を未払いになった場合の取り扱いについて、いくつかの情報をお届けしましたが参考になったでしょうか?

毎月のクレジットカードの支払日を忘れないようにするには、自分でスマホのスケジュールをアプリに備忘録として登録する方法もありますし、手帳に書き込んでおくと言うことも有効かもしれません。

今回の記事でもお伝えした通り、クレジットカードの料金をついつい忘れてしまう事は一度や二度なら誰にでもあるものです。

しかしそれが常態化したり、何ヶ月も料金を支払わなかったりすると、最終的には法的手段がとられ、後で取り返しの付かない事にもなりかねません。

カード会社から未払の連絡が来たら、楽観視せずにとにかく「速やかに支払う」という事が重要と言えますね。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.