1. ホーム >
  2. いろいろな金融機関・借り方 >
  3. クレジットカード >
  4. クレジットカードのキャッシング枠と消費者金融のカードローンを比較してみた!

クレジットカードのキャッシング枠と消費者金融のカードローンを比較してみた!

更新日:

公開日:2017.6.21

当記事にはPRが含まれています
「今からお金カリテミオ」では、アフィリエイトプログラムを利用し、アイフル株式会社、アコム株式会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行(カードローン)、住信SBIネット銀行株式会社から委託を受け広告収益を得て運営しております。

「週末旅行に行きたいから、3万円だけお金を借りたい」
「家電製品を新調したいから、20万円お金を借りたい」

こんな時にスピーディーにお金を借りられるのが、クレジットカードのキャッシング枠と消費者金融のカードローンです。

どちらもお金を借りるという点では同じことですが、クレジットカードのキャッシングとカードローンでは一体どんな違いがあるのでしょうか?

今回は、クレジットカードのキャッシング枠と消費者金融のカードローンを徹底比較してみました。

【PR】今すぐ10万円を借りたいならココ!

  • 20~35の方におすすめ
  • 36~60の方におすすめ

便利だけど注意が必要なキャッシング枠

「すぐにお金を借りたい!」と思う方の中で、すでに持っているクレジットカードのキャッシング枠からお金を借りようと思う方も多いのではないでしょうか。

一見便利に見えるクレジットカードのキャッシング枠ですが、利用にはいくつか注意点があります。

ショッピング枠とキャッシング枠の関係性に注意

クレジットカードには、お買い物で利用できるショッピング枠と、現金での借入が行えるキャッシング枠があります。
それぞれ利用方法の違う枠ではありますが、実は金額だけは同枠になっているのです。

もっと分かりやすく言うと、キャッシング枠というものは大枠であるショッピング枠に含まれる形になっています。

たとえば50万円の枠のあるクレジットカードでキャシング枠を利用すると、ショッピング枠とキャッシング枠の利用額は下記のように変化します。

キャッシング利用額 残りの限度枠
利用可能額
50万円
20万円キャッシングした場合→ ショッピング枠30万円
キャッシング枠30万円
30万円キャッシングした場合→ ショッピング枠30万円
キャッシング枠30万円
45万円キャッシングした場合→ ショッピング枠5万円
キャッシング枠5万円
50万円キャッシングした場合→ ショッピング枠0万円
キャッシング枠0万円

キャッシング枠を利用することでショッピング枠が利用できない

上記の表のように、与えられた枠の中ではショッピング枠とキャッシング枠は1つの枠内ということになります。
そのため、キャッシング枠をどんどん利用すると、その分ショッピングなどでカード決済の利用ができなくなります。

普段クレジットカードを利用しない方であれば問題ありません。
しかし、お買い物で頻繁にクレジットカードを利用している方や、公共料金などの月々の支払いをクレジットカードで行っている方は、注意が必要です。

キャッシングを利用しすぎると、他の支払いができなくなる可能性があるためです。

便利なリボ払いにも注意

クレジットカードのキャッシングを利用すると、一括返済の他にも毎月低額を少しずつ支払って行くリボ払いを選ぶことができます。

月々の負担額を減らすことは可能ですが、リボ払いの場合、およそ金利15~18%程度の利息がつきます。
そのため、金額が高額であれば高額であるほど返済期間は長くなり、利息もどんどん増えて行きます。
リボ払いは月々の負担が少ない代わりに、返済金がなかなか減らないという特徴がありますので注意が必要です。

ただし、海外利用などのメリットもあり

一方でクレジットカードのキャッシングは、海外で現地ATMを利用して、現地通貨の引き出しができます。
カードローンにはできないメリットですね。

借りる目的なら消費者金融の方がお得

最初から「お金を借りる」という目的が明確にある場合には、消費者金融のカードローンの利用をおすすめします。

カードローンでは、そもそもお金を借りる以外の利用方法がないため、クレジットカードのようにショッピング枠分の金額を考えずに利用が可能です。
また、カードローンの方が貰える限度額が多い場合も多く、クレジットカードのリボ払いに比べて金利が低くなることもあります。

さらに、大手消費者金融であるアコム・アイフル・プロミスなどでは、新規契約社を対象に無利息期間サービスもありますので、上手に利用することで利息を節約することも十分に可能です。

クレカキャッシングと大手消費者金融カードローン比較

限度額の
利用方法
利息 メリット
クレカ
キャッシング
ショッピング枠と共有利用
(リボ払い)
一括:なし
リボ払い:15~18%(クレカ発行会社による)
海外ATMにて現地通貨の引き出し可能
プロミス キャッシングのみで利用 年4.5%~17.8% 初回借入の翌日から30日間の無利息サービスあり
アコム キャッシングのみで利用 年3.0%~18.0% 契約日の翌日から最大30日間の無利息サービスあり
アイフル キャッシングのみで利用 年3.0%~18.0% 初めての方なら契約日の翌日から最大30日間の無利息サービスあり
SMBCモビット キャッシングのみで利用 年3.0%〜18.0% 電話連絡・郵送物なしのWeb上で24時間申込受付対応あり

プロミス:※無利息期間中にご返済期日が到来した場合、借入残高に応じた金額のご返済が必要となります。この場合、ご返済金額のすべてが元金に充当されます。無利息期間中であっても、ご返済期日に遅れた場合、その他の事情によりサービスの提供を停止することがあります。
アコム:※アコムが不適当と判断した場合は対象外となる可能性があります。/無担保カードローンが対象です。その他の契約(クレジット・借換えローンなど)は対象外となります。/金利0円適用期間終了の翌日から通常金利(借入利率[実質年率]3.0%~18.0%)が適用されます。金利0円適用期間中のご返済金額は、全額元金のご返済に充てさせていただきます。ただし、ATM等手数料があった場合は、「ATM等手数料」「元金」の順に充当します。

もっと枠を広げたいなら銀行カードローン

クレジットカードのキャッシングよりは利用できる限度額が多い傾向のある消費者金融ですが、もっと枠を広げたいのであれば銀行カードローンの利用をおすすめします。

なぜなら、クレジットカードのキャッシング枠やカードローンは、総量規制という規制の対象となっており、利用者の年収の3分の1以上は貸し付けできないという規制があります。

一方銀行の取り扱うカードローンは、総量規制の対象外となっているため、年収の3分の1以上の限度枠を貰えることも期待できます。

また、クレジットカードのリボ払いやカードローンに比べて金利が低めに設定されているのも魅力の1つです。
ただし、消費者金融系カードローンに比べると、審査基準が厳しめに設定されている傾向があります。

金利 最高限度額
みずほ銀行
カードローン
年2.0%〜14.0% 800万円
三菱UFJ
銀行カードローン
バンクイック
年1.8%~14.6% 500万円
三井住友銀行
カードローン
年1.5%~14.5% 800万円
楽天銀行 年1.9%〜14.5% 800万円

※各銀行によってローンをまとめる場合の審査基準は異なりますので、必ずおまとめローンが組めるわけではないので注意してください。

クレジットカードのキャッシング枠と消費者金融のカードローンの比較まとめ

今回はクレジットカードのキャッシング枠とカードローンを比較してみました。

クレジットカードのキャッシング枠・消費者金融系カードローン・銀行系カードローンにはそれぞれ特徴があり、メリット・デメリットが存在します。

まずは自分の利用方法や属性(個人情報)を見直して、自分に合った借入方法を利用しましょう。

※記載されている内容は2023年12月現在のものです。

カードローン検索

借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能
借入限度額
最短審査時間
最短融資速度

【PR】お金を借りたい人

どのカードローンにするかお悩みの方はこちら

人気カードローンランキング
ページトップ