1. ホーム >
  2. 目的別ローン >
  3. 自転車ローン >
  4. ロードバイクローンの審査・金利は?無金利もあり?

ロードバイクローンの審査・金利は?無金利もあり?

更新日:

公開日:2017.12.26

  • hatena

ロードバイクとは高速走行を目的とした自転車の一種です。本来は競技用ですがサイクリングや通勤用にも用いられます。
前傾姿勢が取れるドロップハンドル・細めのタイヤ・段数の多い切り替えギアなどが特徴で、トップクラスのスピードが出せる自転車として非常に人気があります。

しかし、ロードバイクは安くても10万円以上するものがほとんどで、プロ仕様ともなると100万円など軽自動車を上回るような高価格となることもあります。
気軽に手が出せる金額ではありませんから、なんとかローンを組んで購入できないかと考える方も少なくありません。

そこで今回は、ロードバイク販売店が用意しているローンのスペックや、審査の傾向などについて紹介していきます。

担保不要でお金借りる!最短60分

  • 20~35の方におすすめ
  • 36~60の方におすすめ

気になる金利は?無金利はある?

ロードバイクを購入したいと思った場合、基本的には専門店に赴くことになります。
有名な販売店としてワイズロードトレックストアがあります。

ワイズロード

関東圏を中心に35店舗を展開している。併せてポータルサイトも運営しているため、近くに実店舗が無くても数多くラインナップされているロードバイクを自宅から購入できる。

トレックストア

世界最高峰の自転車レース「ツール・ド・フランス」で活躍する車体も数多く輩出した、高級ロードバイク製造・販売の老舗。
ユーザーとのコミュニケーションやアフターフォローを充実させるために通販は行っておらず、直販店での店舗販売のみにこだわっている。
直販店は神戸と大阪に3店舗、東京に2店舗。

まずは、この2社が用意しているロードバイクローンの概要を整理しておきましょう。

ワイズロードのローン概要

ワイズロードの実店舗、もしくは通販ポータルでの車体購入時に利用できるローンはスペシャルローンと名付けられています。
このスペシャルローンは名前に負けず高スペックで、金利は実に1%という超低金利です。

また総額3万円以上であれば、なんと車体購入だけではなく周辺アイテムなどにも利用できます。

例えば

  • シューズ
  • ヘルメット
  • バイクスーツ

などの必須アイテムや、各種チューニングパーツの購入など、ロードバイクをより楽しむための費用として併せて利用できるのです。

支払い回数も、返済月額が3,000円を上回ってさえいれば最大で36回まで可能となっています。

例えば、フルカーボン仕様の高級ロードバイクを購入したいと想定した場合、総額で30万円はかかります。これをワイズロードのローンで購入すると、なんと毎月1万円を下回る支払いで入手することでがきるのです。

こういった利用しやすさにより、多くのロードバイクユーザーから人気を集めています。

トレックストアのローン概要

トレックストアでは通販が存在しないため店舗に赴いての購入となりますが、12回までならいつでも「金利無料」で分割支払いをすることが可能です。

以前は不定期開催のキャンペーンだったようですが、現在では365日いつでも金利・手数料なしでお得にロードバイクを購入できるようになりました。

単純な例で言えば、税込み12万円のロードバイクであれば毎月1万円の支払いで購入できるという訳です。

ただし、24回分割以上の場合では3~5%程度の金利が発生します。
なので、分割回数を多くしてゆっくり支払いをしていく場合の金利としては前述のワイズロードのローンの方が優勢と言えます。

とはいえ、クレジットカードのショッピング枠の金利と比べればかなりの低金利です。
このトレックストアのロードバイクと細やかなサービスを気に入っているユーザーには、大変好評となっています。

地元の販売店で購入するときはどうなる?

上記2社の他にも、こだわってチョイスしたロードバイクを少数販売するセレクトショップ的な小規模経営の販売店などもあります。

こういったお店では自社で低金利のローンを準備していることはまずないため、信販会社のショッピングローンを利用することになります。
金利はおおむね6~8%、限度額についても車体の購入金額が上限であるため、基本的には自動車やバイクを購入するときに組むローンと同じです。

ロードバイクのローンの審査は?

紹介した上記2社の低金利ローンでも地元の自転車屋さんで購入するため申し込むローンでも、信用情報の照会や個人情報などから審査と保証をするのはジャックスオリコアプラスといった信販会社であることは変わりません。

  • 満20歳以上で定職を持っている
  • 過去に債務整理や長期の延滞などといった金融事故は無い

こうした条件を満たしていれば、まずロードバイクを購入するのに十分なローンを組むことができるでしょう。

ロードバイクには高額な車体もあり「バイク」と名前がついてはますが、自転車には違いないため未成年や学生でも購入し楽しむことは自由です。
しかしローンを組むとなると、さすがに未成年単独ではできません。

ただ学生であっても、以下にあるような条件を満たす場合であればロードバイク購入ローンが組める可能性は高いでしょう。

  • 成人を迎えている
  • アルバイトなどで一定の収入を得ている
  • 信用情報に問題は無い

学生の場合では限度額が10~30万円程度とされてしまうこともありますが、ほしい商品次第では十分な金額となるのではないでしょうか。

さらに職業属性や年齢に関わらず共通することですが、審査をするのは信販会社ですので、クレジットカードに関する信用情報を特に重視する傾向にあります。

そのため、クレジットカードを持っていて適切な使用をしているときは実績として審査が有利に運びます。
逆に無茶な使い方をして何度も延滞などをしているケースでは、ロードバイクローン審査が通りづらくなることもあります。

またここまで紹介してきた他に、用途が自由なフリーローンやカードローンを作ってロードバイク購入資金に充てるという方法もあります。
しかしこの場合、消費者金融系でなく銀行系のローンに申し込もうとすると「学生・アルバイト」という職業属性で審査に通過することは難しいと考えられます。

スルガ銀行のロードバイク購入ローン

最後に、静岡県にある地方銀行「スルガ銀行」が用意している「ロードバイク購入ローン」をご紹介しておきます。
全国を見渡しても非常に珍しい特徴を持つローンです。

正式名称は「リザーブドプランプラスカード」というカードローンで、最高800万円という限度額の大きさと返済期間を最大120回まで設定できるのが魅力です。

【スルガ銀行ロードバイク購入ローンスペック表】
商品名 リザーブドプランプラスカード
限度額 10~800万円(10万円単位)
金利 目的別…7~11%
カードローン…14.9%
利用条件 ・個人であること(事業者不可)
・満20歳~65歳未満の方(完済時70歳以下である方)
・安定した収入のある方
用途 目的別…車体購入費および既存ローンの借り換え資金
カードローン…原則自由(事業費用は不可)
返済方式 発行される返済用カードでのATM返済スルガ銀行口座での自動引き落とし
返済回数 6回以上120回以内

はじめてロードバイクの世界へ踏み込む新規ユーザーはもちろん、以前組んだローンからの「借り換え資金」として利用することもできます。

このローンの特筆すべき最大の特徴は、「専用カード」が契約後に発行されることでしょう。
この専用カードにはATMへの挿入方向が2つ用意されていて、片方は返済時に使用しますが、もう片方には用途自由のカードローンとして利用できる機能が自動的にセットされています。

つまり、購入時一回きりの借入となる他のショッピングローンと異なり、限度額の範囲であれば何度でもカードローンとして使えるのです。
これがスルガ銀行のロードバイク購入ローンの大きな特徴です。

そのため、ロードバイクライフの中で後々発生するチューニングパーツアイテム購入に加え、大会などへの参加料、それに伴う宿泊費交通費などの資金をカバーすることもできるのです。

それどころか、生活費などといった一切ロードバイクと関連しない急な出費にも備えることができます。

申込むにはスルガ銀行に口座が無くてもOKで、静岡県の地方銀行ながらインターネット電話で申込みから審査、購入資金の指定口座への振込、カード発行までの手続きが完結できます。

また、ATMでの借入と返済についてですが、スルガ銀行が近くになくても返済用カードはゆうちょ銀行・イオン銀行などをはじめ、ほぼすべてのコンビニATMに対応しています。
なので、どこに住んでいても手軽に利用することができます。

ロードバイク専用のローンはスルガ銀行とY’sRoadなどのロードバイク専門店のローンだけの取扱になります。それ以外でローンを組む場合は、使途自由のフリーローンなどのカードローン利用になります。

※記載されている内容は2020年4月現在のものです。

  • hatena
  • LINE

カードローン検索

借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能
借入限度額
最短審査時間
最短融資速度

お金を借りたい人

どのカードローンにするかお悩みの方はこちら

人気カードローンランキング
ページトップ