1. ホーム >
  2. おまとめローン
  3. >
  4. おまとめローンで他社借入を一括返済!いくらまで借りられる?

おまとめローンで他社借入を一括返済!いくらまで借りられる?

更新日:

公開日:2017.12.26

ただでさえ大変な返済。おまとめしたらもっと楽に返済できる?

借入先が増えれば増えるほど管理がしにくくなる、カードローンの返済。早めに対処しておきたいものですよね。

とくに、現在進行形で複数社のカードローンを利用している人の中には

「カードローンでの借入金を一括返済したい!」

と考えている方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのがおまとめローンの利用です。
おまとめローンを利用することで、他社借り入れを1つにまとめて返済することが可能になります。

今回は、おまとめローンの利用はどんな人に向いているのか、審査の特徴や借り入れ可能な金額などについて詳しく説明していきます。

担保不要でお金借りる!最短60分

  • 20~35の方におすすめ
  • 36~60の方におすすめ

どんな人におまとめローンで借り換えがおすすめ?

「複数社で借り入れしている=おまとめローンの利用が向いている」とは限りません。
多重債務がある方でも、おまとめローンの利用先によっては総支払額が増えてしまったりする場合もあります。

おまとめローンの利用は、以下のような特徴の方に向いています。

月々の返済日を1日に凝縮して返済日の管理をしやすくしたい

複数社での借り入れがあるということは、その複数社分の返済日が毎月のようにやってくるということです。

月の返済日が複数あると、返済の管理もしづらくなります。
そしてついつい返済を忘れてしまう…といったことにも繋がりやすくなります。

しかし、おまとめローンを利用して複数の借り入れを1社にまとめれば、返済日を1日にまとめることができます。
このようにおまとめローンの利用は、返済日の管理をしやすくさせるのです。

低金利のおまとめローンを利用し金利を節約したい人

高金利での借り入れが複数社ある人にも、おまとめローンはおすすめです。
金利の高い複数のカードローンを利用している場合、金利の低いおまとめローンを利用すると支払総額を減らせる可能性があります。

ただし、逆に金利の高いおまとめローンを選んでしまい、支払総額が増えてしまうこともあり得ます。
事前に返済シミュレーションを行い、返済総額が減らせるかどうかをしっかり確認してから申し込むようにしましょう。

月々の返済額を軽減したい人

月々の返済は最低金額が各社ごとに定められています。
各社ごとの設定は低額にできても、複数のカードローンから借り入れをしているとどうしても積み重なってきます。
結果として月々の返済額が多くなり、生活を圧迫しているという方もいるのではないでしょうか。

そんな方にもおまとめローンはおすすめです。おまとめローンを利用すると、月々の返済額を減らせる可能性があります。
例えば、月に5000円の返済が3社分あったとします。この場合、合わせて月に15000円の返済が必要となります。
ここでおまとめローンを利用して1社にまとめると、月々の返済を7000円程度に軽減させるといったことが可能になってきます。

ただし、月々の返済額が減るということはその分返済期間が長くなるということです。
そうなると、返済の総額が高額になる可能性もあります。
申込前に返済シミュレーションを利用して、返済総額や返済にかかる期間などを確認しておくとよいでしょう。

借りられる?借りられない?ローン審査で重要な部分

複数のカードローンを利用している方にとって、おまとめローンは返済負担を軽減できる頼もしい方法です。

一方で、おまとめローンは通常のカードローンに比べて借入額が高額な傾向にあるため、その分審査も厳しくなってきます。

ここでは、おまとめローン審査における重要な部分を1つずつみていきましょう。

他社借り入れが多すぎる場合には借り入れできない可能性が高い

複数社のカードローンをまとめるためのおまとめ専用ローン。
ですが、他社借り入れが多すぎる場合には審査に落ちる可能性があります。

おおよその目安としては、3件以上の他社借入がある方は審査通過の可能性が低くなると考えておいた方がいいかもしれません。

もちろん審査には、申込者の年収や勤務年数など他の属性が関係してくる部分もあります。
単純に他社借入の件数だけでは決まりませんから、あくまで目安程度に考えておいてください。

また、さらに多く4社5社以上のおまとめを希望していて、審査に通過できないという人もいるかもしれません。
おまとめローン以外の手として、債務整理などの法的手続きに進むという方法もあります。
あまりに借入が多くなってしまっている場合は、こちらの方が借金の根本的解決に繋がる場合があります。

過去に返済の遅れがあった場合には借り入れできない可能性が高い

おまとめローンに限らず、どのローン審査でも必ず確認される情報の中に個人信用情報というものがあります。

個人信用情報は、他社の借り入れ状況返済状況が確認できる情報です。
過去の取引で返済日を守って取引してきたかどうかなどがわかるようになっていて、1日でも返済遅れがあった場合には記録されてしまいます。

実際には、1日の遅れが1度あった程度ではそれほど審査には影響しません。しかし、

  • 何度も返済の遅れが見られる
  • 信用事故(長期滞納や債務整理)の記録がある

といった場合は、審査通過が非常に難しくなります。

すでに返済の遅れが複数回あった方や長期滞納をしている方は、やはり債務整理などの法的解決を考えた方がよさそうです。

いくらまで借りられる?銀行と消費者金融のローン金利・限度額を比較

「おまとめローンはいくらまで借りられるのか?」
というのは、おまとめローンを利用する方には気になることではないでしょうか。

基本的には、審査に通過すれば他社に一括返済できるだけの金額を融資してもらうことが可能になります。
そのため借り入れできる金額というのも審査によってばらつきがあります。

また近頃では銀行カードローンが貸付に関して自主規制を行っているため、おまとめローンに関しても消極的な傾向にあります。
銀行カードローンに審査通過できたとしても、借り入れできる金額は年収の2分の1~3分の1以内になると考えた方がよさそうです。

さらに銀行カードローンでは、借入目的がおまとめだと審査通過が厳しくなる傾向もあります。
メガバンクにはおまとめ専用ローンが無いため、通常のカードローン商品に申込みをすることになります。

以下では、消費者金融のおまとめローンと銀行のおまとめ利用可能なローンについて比較していきます。

プロミス(おまとめローン)

金利 6.3%~17.8%
最高利用限度額 300万円
申し込み条件 年齢20歳以上65歳以下の安定した収入のある方
パート・アルバイトもOK
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
・収入証明書類(源泉徴収票・確定申告書など)

アコム(借り換え専用ローン)

金利 7.7%~18.0%
最高利用限度額 300万円
申し込み条件 年齢20歳以上の安定した収入と返済能力のある方
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
・収入証明書類(源泉徴収票・確定申告書など)

アイフル

【おまとめMAX】

金利 12.0%~15.0%
最高利用限度額 500万円
申し込み条件 年齢20歳以上の定期的な収入のある方でアイフルの規定を満たす方
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
・収入証明書類(源泉徴収票・確定申告書など)

【かりかえMAX】

金利 12.0%~17.5%
最高利用限度額 500万円
申し込み条件 ・年齢20歳以上の定期的な収入のある方でアイフルの規定を満たす方
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
・収入証明書類(源泉徴収票・確定申告書など)

三井住友銀行カードローン

金利 4.0%~14.5%
最高利用限度額 800万円
申し込み条件 ・満20歳以上69歳以下の方
・安定した収入のある方
・三井住友銀行の指定する保証会社の保証が受けられる方
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
・必要に応じて収入証明書類(源泉徴収票・確定申告書など)

三菱UFJ銀行バンクイック

金利 1.8%~14.6%
最高利用限度額 500万円
申し込み条件 ・満20歳以上65歳未満の方
・安定した収入のある方
・三菱UFJ銀行の指定する保証会社の保証が受けられる方
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
・必要に応じて収入証明書類(源泉徴収票・確定申告書など)

みずほ銀行カードローン

金利 2.0%~14.0%
最高利用限度額 800万円
申し込み条件 ・満20歳以上66歳未満の方
・安定した収入のある方
・みずほ銀行の指定する保証会社の保証が受けられる方
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
・必要に応じて収入証明書類(源泉徴収票・確定申告書など)

いかがでしょうか?
大きな金額にかかわることですから、よく検討して自分の状況に合ったローンを選んでください。

※記載されている内容は2022年3月現在のものです。

カードローン検索

借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能
借入限度額
最短審査時間
最短融資速度

お金を借りたい人

どのカードローンにするかお悩みの方はこちら

人気カードローンランキング
ページトップ