1. ホーム >
  2. お金を借りるための基礎知識 >
  3. カードローンの返済方法 >
  4. カードローンのおすすめ返済方法|手間と手数料を省いて早く完済する

カードローンのおすすめ返済方法|手間と手数料を省いて早く完済する

更新日:

公開日:2017.6.21

  • hatena

「カードローンはどうすれば効率よく返済できるだろうか」
「得するカードローンの返済方法があるなら、ぜひ知りたい」

そのような場合、まずはカードローンの返済の仕組みや返済方法について理解を深めましょう。
カードローンは返済方法を少し工夫するだけでも、利息の負担を大きく抑えられます。毎月何となく返済していては非常にもったいないです。

この記事では、できるだけ手間をかけずにカードローンの早期完済するにはどうすればいいかについて解説していきます。

この記事はこんな人にオススメ!

  • カードローンの返済をどのようにすればいいのか知りたい人
  • ATMや引き落としなどの他に、どんな返済方法があるのか知りたい人

担保不要でお金借りる!最短60分

  • 20~35の方におすすめ
  • 36~60の方におすすめ

カードローンの返済方法は「約定・随時」の2つに分かれる

カードローンの返済方法は、大きく「約定返済」と「随時返済」の2つに分けられます。
約定返済 毎月決められた日に一定の金額を返済する方法
随時返済 約定返済とは別に任意の金額を返済する方法

約定返済では、契約で決められた日に決められた金額を支払います。カードローンの返済は、借りたお金を少額ずつ分割払いしていくリボルビング払いを採用しています。

一方、随時返済は約定返済とは別に、都合の良いときに好きな金額を支払う返済方法です。ただし、随時返済だけを利用してカードローンを返済していくことはできません。随時返済は、必ず約定返済とあわせて利用します。

随時返済は、金融機関によって呼び方が異なり

  • 繰上返済
  • 任意返済
  • 追加返済

とも呼ばれています。

余裕のあるときに、任意で約定返済にプラスする形で支払うものだと考えると理解しやすいでしょう。

約定返済は、返済金額に利息が含まれているので元金が減りにくいです。しかし随時返済は、その全てが元本に充てられます。
カードローンの返済に随時返済をうまく取り入れて元本を減らせば、早期返済できるだけではなく総返済額を抑えることも可能です。

カードローンはどういった手段で返済をするかによっても、支払総額が異なってきます。カードローンの返済は具体的にどういった手段で行えるのか、見ていきましょう。

カードローンの具体的な返済方法は5つ|どんな人におすすめ?

カードローンの主な返済方法の種類は、以下の通りです。
返済方法 内容 メリット
【1】 口座振替(引き落とし) 指定口座から定期的に自動引き落としされる 手数料・手間がかからない
払い忘れ防止
【2】 Web返済(インターネット返済) オンラインで返済できるサービス 原則24時間365日返済可能
手数料無料・即時反映
【3】 銀行振込 指定された口座に送金する方法 コンビニでも対応可能
【4】 ATM返済 ATMに入金して返済する方法 自社・提携ATM返済できる
【5】 店舗窓口 店舗窓口で返済する方法 手数料無料・不明点、不備を解消できる

※金融業者によって異なる場合があります

カードローンを効率よく返済するには、まず自分に合った返済方法を選ぶことが重要です。
返済しやすい方法を選択しないと、返済忘れをしてしまったり、返済するのに手数料がかかってしまったりするからです。

【1】口座振替(引き落とし)がおすすめの人

口座振替は約定返済時に利用されます。
口座振替は一度設定してしまえばそれ以降は自動的に返済できるので、約定返済には最もおすすめです。返済に際して手間や手数料がかからない点が大きなメリットといえます。

残高不足にならない限り毎月確実に引き落とされるので、払い忘れてしまいそうな人にはピッタリな返済方法だといえるでしょう。

口座振替がNGな人

自動的に返済されるので、毎度いくら払ったかを自分自身でしっかりチェックしたい人には向きません。
また、口座振替は残高不足だと引き落としができません。このため、口座をあまりチェックしない人にも向かない返済方法だといえるでしょう。

【2】Web返済(インターネット返済)がおすすめの人

Web返済は、大手カードローン会社であればどこでも導入している返済方法で、約定返済・随時返済のどちらにも用いられる支払方法です。

Web返済は、インターネットバンキングPay-easy(ペイジー)を使って返済をします。
パソコンやスマホがあればいつでも手続きできる上、振り込みは即時反映されるので、思い立ったらすぐ払いたい人におすすめの返済方法です。

Web返済がNGな人

カードローン会社が指定する振込先金融機関が、Web返済に対応していないケースがあるので注意が必要です。

普段からネットでの銀行取引に慣れている人にとって、Web返済は非常に便利な返済方法でしょう。しかし、端末操作が苦手な人にWeb返済は向きません。

【3】銀行振込がおすすめの人

銀行振込は、ATMから指定の銀行口座へ振り込む返済方法です。
指定口座と自分が持っている口座が同じ銀行なら、手数料無料で返済できる可能性があります。1円単位で返済できるため、カードローンの一括返済時や最終返済時には重宝します。

銀行振込がNGな人

銀行振込でカードローン返済をする場合には、基本的に振込手数料(※)がかかります。他の返済方法と比べて手数料が高く、回数を重ねると結構な金額になるので、支払金額を抑えたい人には向きません。

※振込方式や、振込先によって無料になる場合もあります。

【4】ATM返済がおすすめの人

ATM返済は、約定返済、随時返済いずれにもよく利用される返済方法で、金融機関の自社ATMや提携ATMから支払いをします。外出したついでにさっと返済したい人向きの返済方法です。

コンビニATMはほぼ24時間返済可能なので、仕事帰りなど自分の都合の良い時間に返済をしたい人にもおすすめです。

ATM返済がNGな人

生活圏内に利用可能なATMがない場合は、返済方法にATM返済を選択しないようにしましょう。

自社ATMから返済すれば手数料がかからない場合もあります。しかし、コンビニATMの利用は手数料が必要なケースも多いです。
時間帯や利用するATMによって手数料が割高になることもあるので、お得にカードローンを利用したい人には、ATM返済はあまりおすすめできません。

【5】店舗窓口での返済がおすすめの人

店舗窓口での返済は端数まで支払えるので、一括返済や最終回の返済に利用されることが多いです。店舗ならカードローンに関する相談もできるので、不明点があるときには非常に重宝します。

店舗窓口での返済がNGな人

窓口で返済するとなると、店舗に足を運ばなくてはなりません。店舗に入る姿を知人に見られてしまう可能性もあります。
家族や職場の人に、カードローンで借り入れしていることを知られたくない人は、他の返済方法を利用する方がいいでしょう。

最もおすすめなカードローン返済方法

カードローンの返済方法には、おのおのメリット・デメリットがあります。
利用者本人以外が「この返済方法がいい」と勧めたところで、本人が利用しにくい返済方法では効率よく返済できません。
自分の生活パターンに合っていて、可能な限り手間や手数料がかからない返済方法を選択してください。

総合的に考えると、

  • 約定返済:口座振替
  • 随時返済:Web返済

が、最もおすすめできる返済方法だといえるでしょう。
基本的な毎月の支払いは、手間や手数料のかからない口座振替に設定します。自動的に支払ってくれるので、払い忘れ防止にもなります。

追加の返済にはWeb返済がおすすめです。24時間365日、手数料無料、もしくはわずかな手数料で返済でき即時反映が可能な上、端数にも対応しているからです。

約定返済のみで返済をしているとなかなか元本が減らないので、随時返済を積極的に利用して利息負担を抑えてください。
口座振替で確実に返済を重ね、Web返済による随時返済で完済を目指すというやり方をイメージするといいでしょう。

まとめ

カードローンをできるだけ早く完済するには、しっかりとした返済計画を立てなければなりません。どの返済方法が自分に合っているかよく分からない場合は、カードローン会社の専用ダイヤルに相談してみるといいでしょう。

  • 利用者に合った手間や手数料のかからない返済手段
  • 負担が小さくなる返済の仕方

など、プロ目線のアドバイスをもらえれば、無理・無駄なくカードローン返済ができるはずです。

※記載されている内容は2020年11月現在のものです。

  • hatena
  • LINE

カードローン検索

借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能
借入限度額
最短審査時間
最短融資速度

お金を借りたい人

どのカードローンにするかお悩みの方はこちら

人気カードローンランキング
ページトップ