1. ホーム >
  2. コラム
  3. >
  4. お金がないストレスを改善する方法とは?10個の方法を徹底解説

お金がないストレスを改善する方法とは?10個の方法を徹底解説

公開日:

  • hatena

お金がないことがストレスになり、常に不安を感じている人は多くいます。
現代社会における生活はお金を使うことが前提です。お金がなければ食事をすることも、衣類を買うことも、家に住むこともできません。

しかし、ストレスを改善せずに放置していると生活に支障が出る事態につながります。
健康被害を招いたり、人間関係が悪化する原因にもなるので、お金に関して漠然とした不安を感じている人は今すぐ改善を試みる必要があります。

この記事ではお金がないストレスによって発生するリスクと、その改善方法を解説していきます。

この記事はこんな人にオススメ!

  • お金の不安を解消したい人
  • お金の消費を減らしたい人
  • お金を増やしたい人

担保不要でお金借りる!最短60分

  • 20~35の方におすすめ
  • 36~60の方におすすめ

お金がないストレスによる3つのリスク

  • 浪費が癖になる
  • 人間関係が悪化する
  • 健康被害につながる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

浪費が癖になる

人にもよりますが買い物による浪費がストレスの発散になることがあります。お金がないストレスを発散するための手段を浪費にすると悪循環が生まれます。

一時的にストレスが解消されますが、根本的な問題が解決せず、浪費によってお金を消費し続け状況が悪化します。

人間関係が悪化する

人付き合いにはどうしてもお金がかかりやすいです。例えば、食事、旅行、結婚式などの費用の負担があげられます。

この時、お金のストレスを抱えていると人付き合いが苦痛に感じる人もいるでしょう。お金を出すことをためらったり、お金を借りるようになった結果、人間関係が悪化します。

健康被害につながる

お金のストレスは健康被害につながることもあります。具体的には、睡眠不足、肥満、依存症、うつ病になる可能性があります。

お金がないことを思いつめると睡眠不足やうつ病にかかりやすく、酒やタバコなどの嗜好品の消費量が増えるとアルコールやニコチンなどの依存症、肥満になる可能性も高いです。

お金の消費を減らす5つの方法

お金がないストレスを解決するためには、お金の消費を減らすか、お金を増やす必要があります。

  • 家計簿を作る
  • お金のかからない趣味を作る
  • 固定費を見直す
  • 支払い方法を工夫する
  • 節税をする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

家計簿を作る

家計簿を作っていない人は収支を確認するために家計簿を作ることをおすすめします。現状を把握できれば漠然とした不安を解消できる可能性もあります。

また、家計簿をもとに不必要な支払いがあれば削減することでお金の消費を減らせます。

お金のかからない趣味を作る

お金のかからない趣味を作れば、お金の消費を減らしながらストレスを軽減できます。
お金のかからない趣味は、料理裁縫など、日常生活に大きく結びつく趣味と、ウォーキング読書など、まったくお金をかけずにできる趣味があります。

固定費を見直す

固定費を見直すことは節約につながります。生活をするうえで、家賃、電気料金、ガス料金、携帯料金、保険料は必ずかかるので節約できれば消費を減らせます。

家賃が高い場合は、家賃の安い物件に引っ越すことで節約できます。
電気代を節約するためには、エアコンなど消費電力量の多い家電の使用を減らしましょう。設定温度を1度変えるだけでも10~13%の節約ができるといわれています。
電力会社を切り替えて電気料金プランを見直すのも一つの手段です。電力会社の切り替えは面倒だと感じる人もいると思いますが、エネチェンジを利用すれば簡単に電気料金の見直しができます。

次に、ガス料金は風呂の追い炊きを1日1回少なくするだけで年間約7,000円の節約になり、プロパンガスを利用している人は都市ガスに乗り換えることで割安にできます。携帯料金は格安SIM・格安スマホを利用し、大手キャリアからMVNO(仮想移動体通信事業者)に変えれば5,000円以上の節約が可能です。

最後に、自営業やフリーランスは国民健康保険の加入が義務付けられており、国民健康保険料の毎月の支払額は市町村によって1.5倍から2倍の差があるので、保険料が安い地域で暮らせれば節約できます。

支払い方法を工夫する

現金払いにこだわらず支払いの方法を工夫するだけでも節約可能です。
ポイントカードや、割引券を利用するだけではなく、クレジットカード、スマホ決済などのキャッシュレス決済を利用するだけでポイントを獲得できるので、ポイントを有効活用すればいつもよりお得に買い物ができます。
楽天ペイは楽天カードを支払い方法として登録することで、ポイントの二重取りができるので、実質のポイント還元率が1.5%と非常に高いです。

2020年3月現在は、キャッシュレス還元をしているお店もあるのでキャッシュレス決済がよりお得です。ただし、お店によっては現金払いしかできない場合や、対応している支払い方法が少ない場合もあるので利用できるかどうか確認しましょう。

節税をする

生活の上で税金は必ず発生するので、節税することでお金の消費を減らせます。具体的には、支払った医療費が多い場合は還付金が受け取れる医療費控除や、災害や盗難で損失が発生した場合に所得控除を受けられる雑損控除があります。

確定申告をすれば他にも条件を満たしていれば税金の控除を受けられるので、申告をして払い過ぎた税金を返してもらいましょう。確定申告は難しい印象がありますが、国税庁のサイトから申告書の作成が可能なので申告可能な控除があれば申告しましょう。

お金を増やす4つの方法

  • 不用品を売却する
  • 短期のアルバイトや副業をする
  • 少額から始められる投資をする
  • 公的支援制度を利用する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

不用品を売却する

不用品の買い取りで臨時収入が得られます。後から価値が上がるものもありますが、基本的に購入したものは時間が経てば経つほど価値が下がります。

例えば、情報機器は日々進化しているので旧式のものは価格が落ちやすく、娯楽品もブームが過ぎれば価格は下落するものが多いです。今必要がなく、これから必要になる可能性が低いものは売るようにしましょう。

短期のアルバイトや副業をする

短期のアルバイト・副業でお金を増やすのも手段の一つです。誰でもできてまとまったお金を稼げるアルバイトでおすすめなのは治験です。
治験は入院が必要なものと必要でないもので謝礼の額も異なりますが、一回5,000円~20,000円が相場です。技術や経験が必要なく、労働ではないことを考えると謝礼金は破格であるといえるでしょう。安全性も保障されているものが多いです。

治験に限らず短期のアルバイトや副業をする場合は、本業に支障をきたしたり、副業がストレスになるのであれば避けましょう。

少額から始められる投資をする

お金を増やす方法には投資があります。投資にはお金と知識が必要だと考える人も多いかと思いますが、少額からできる投資や、元手がなくてもできる投資があります。

おすすめの投資である楽天ポイント投資は、貯まった楽天ポイントだけで投資できるので、お金を用意する必要がありません。複数の投資先に自動で投資し運用してくれるので知識がなくても始められます。
楽天ポイントクラブアプリのポイント運用から始められるので、楽天ポイントをすでに持っている人はポイント投資を始めてみましょう。

公的支援制度を利用する

どうしても生活が苦しい場合は、公的支援制度を利用してお金を得る方法もあります。下記に代表的な支援制度まとめました。

  • 生活保護制度
  • 求職者支援制度
  • 生活福祉資金貸付制度
  • 教育支援資金

生活保護制度は、生活に困窮した人をお金で支援する制度です。求職者支援制度は、職業訓練職業訓練受講給付金(月10万円+交通費支給)が受けられます。生活福祉資金貸付制度は低所得者に対してお金を貸す制度です。教育支援資金は子供を養育している家庭にお金を貸付する制度で、35,000円~65,000円を借りられます。

条件を満たしていれば公的支援制度も受けられるので、生活に困窮している場合は制度が受けられるかどうか相談してみましょう。

カードローンの利用も検討する

今すぐお金が必要な場合はカードローンの利用を検討しましょう。審査を通過すれば決められた限度額で融資を受けられます。また、大手消費者金融のカードローンは即日融資可能なので申し込んだ当日にお金が手に入ります。

もちろん、カードローンを利用してもお金のないストレスを根本的に改善にはなりません。すぐにお金を用意できない状態でお金を調達する手段として覚えておくといいでしょう。
また、カードローンには利息がかかります。使い過ぎると借金を抱え、よりストレスを悪化させる危険性もあるので、使い過ぎには十分に気をつけましょう。

まとめ

今回はお金がないストレスを改善する方法について詳しく解説しました。お金がないストレスは誰にでもありますが、その改善方法は人によって異なります。
この記事のお金の消費を減らす方法とお金を増やす方法を実践することで、ストレスを解消できるでしょう。

※記載されている内容は2020年11月現在のものです。

  • hatena
  • LINE

カードローン検索

借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能
借入限度額
最短審査時間
最短融資速度

お金を借りたい人

どのカードローンにするかお悩みの方はこちら

人気カードローンランキング
ページトップ