カリテミオトップページ > SMBCモビット > MCセンターから会社に連絡がいく前、裁判になる前にすべき事

MCセンターから会社に連絡がいく前、裁判になる前にすべき事

更新日:

公開日:2019.7.25

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

「MCセンターという所から郵送物が届いた」

MCセンターとはモビットコールセンターの別称になります。
MCセンターからの電話や郵送物が届くということは、家族のどなたかが契約・借り入れをしているということであり、滞納をしてしまっている可能性がありますので注意が必要です。


この記事はこんな人にオススメ!

  • MCセンターから電話連絡が来たり、郵送物が届いたりした人
  • 家族宛てにMCセンターから督促があった人
  • SMBCモビットを契約している人

MCセンターとは

MCセンターとは「モビットコールセンター」の略称であり、大手消費者金融SMBCモビットのお客様対応センターのことです。モビットでは利用者のプライバシー保護のため、郵送物を出す際の名義にMCセンターを使用しています。

つまり、家族宛てにMCセンター名義の郵送物が届いた場合には、家族の誰かがSMBCモビットから借り入れをしている可能性があるということです。もし家族の誰もSMBCモビットを利用しているという話をしたことがないのであれば、家族には内緒で借りていたということでしょう。

家族が黙って借金をしているかもしれないと不安になるかもしれませんが、感情的にならないように、家族の相談に乗るつもりで聞いてみましょう。

架空請求の詐欺の場合がある

MCセンターからの郵送物について家族に聞いても誰も身に覚えがないということもあるかもしれません。本当に誰も関係していないのであれば、それはSMBCモビットの名を語った架空請求かもしれません

架空請求の可能性がある場合には、まず郵送物に記載されている住所や連絡先が本当にSMBCモビットの住所や連絡先と合っているかホームページなどを見て確認しましょう。本物のSMBCモビットか架空請求かがはっきりするまでは郵送物に記載された連絡先には連絡してはいけません。

どうしてもどちらか判断ができない場合にはホームページに記載されたSMBCモビットの連絡先に電話し、郵送物について聞いてみましょう。記載内容や連絡先を伝えれば本物か架空請求であるかは教えてもらえます。

SMBCモビット以外の大手消費者金融の別称

大手消費者金融ではSMBCモビット以外にも別称を使っています。それぞれの別称は以下の通りです。

金融機関 別称
アコム ACサービスセンター
プロミス パルセンター
アイフル AIセンター

上記のような名称から郵送物が届けば家族の誰かが借金をしている可能性があります。また、架空請求の可能性もあるのでその場合は柔軟に対応しましょう。

MCセンターからの連絡の種類

MCセンターからの連絡には以下のようなものがあります。

  • 新規借入時の本人確認
  • 領収書や明細書
  • 返済の督促

それぞれがどのような連絡なのか、何か対応する必要があるのかみていきましょう。

新規借入時の本人確認の郵送物

新規で申し込みをすると、借り入れに必要なローンカードを同封した郵送物が送られてきます。ローンカードが同封されていれば少なくともこれから借り入れをしようとしているのは間違いないです。

利用しようとしている家族にどのような理由で利用しようとしているのか、いくら借りようとしているのか確認してみましょう。

SMBCモビットからの領収書・明細書が送られてくる

契約の内容によっては領収書や明細書がMCセンターから送られてくる場合があります。領収書や明細書が送られているということはすでにSMBCモビットから借り入れをしているということです。現在の残高がいくらなのか確認してみましょう。

SMBCモビットからの返済の督促

MCセンター名義の郵送物で最も多いのが返済の督促であり、この返済の督促で家族がSMBCモビットと契約・借り入れをしているのを知ることが多くなっています。

そして返済の督促が来ているということは、本人への電話連絡を無視して滞納を続けた結果自宅へ郵送で督促が送られてきているということです。見つけた督促状が1回目とは限らないので、もし何度も来ているようであれば非常に危険な状態です。

MCセンターからの督促だった場合の対処法

MCセンターから返済の督促があった場合には早急に対処しなければなりません。しかし、金額によって対処法が変わってきます。「請求金額が20万円以下」の場合と「請求金額が20万円以上」の場合に分けてそれぞれの対処法をみていきましょう。

請求金額が20万円以下の場合

請求金額が20万円以下の場合には少しずつでもいいので毎月確実に返済していくようにしましょう。毎月の決められた返済額に届かなくても、返済の意思があることをSMBCモビット側に示していれば裁判になる可能性は低くなります。

返済能力がなく、1,000円ずつ返済している人や利息分だけを返済しているという人も実際にいます。返済の意思を示すことでSMBCモビットも柔軟に対応してくれるということです。

裁判にまで発展してしまうのは、MCセンターからの度重なる電話や郵送物を放置している「悪質な滞納」と判断された場合です。絶対に無視をするようなことはせず、早急に対処してください。

請求金額が20万円以上の場合

請求金額が20万円以上の場合でも、自分の収入から少しずつ返済できるようであれば返済をしていくべきです。

しかし、返済が難しい場合には督促を無視するのではなく「債務整理」をして借金の負担を軽減させたほうがいいでしょう。債務整理を行えば借金の総額を減らすことができ、さらに金利も0%にすることができます。

債務整理は最終手段ともいえるものであり印象も良くないため避けたいかもしれませんが、もしも裁判になってしまえば債務整理よりもひどい状況になります。債務整理を検討するのであれば、借金問題などお金に関する問題に強い弁護士などの専門家に相談しましょう。

MCセンターからの連絡を無視すると

MCセンターからの連絡はその種類によって緊急度が変わってきます。もしも無視をすれば徐々に連絡の仕方が変わってきます。

多くの場合は以下の順番で連絡がきます。

  1. 本人への電話連絡
  2. 本人宅への郵送物による連絡
  3. 勤務先への電話連絡

MCセンターから返済状況の確認電話がくる

最初はMCセンターから電話で、「返済の期日が過ぎています」のように返済が滞っている旨の連絡がきます。この時点では相手も「払い忘れかもしれない」とも考えてくれますので、早急に対応すれば問題ありません。

この電話で返済額と返済期日を約束し、その通り返済すればこれ以降に連絡が来ることはありません。しかし約束の期日までに返済をしなければ繰り返し電話による連絡が来ることになるので、そうならないためにもしっかり対応しましょう。

MCセンターから郵送物による督促がくる

MCセンターからの電話を無視すれば、次に自宅に郵便で督促状が送られてきます。督促状には、返済の確認が取れないため督促状に記載されている期日までに返済をするよう指示が書かれています。

督促状が送られてくる時点で滞納日数も1週間以上は経過していると考えられることから遅延利率も請求されます。

SMBCモビットの遅延利率は実質年率20%で、通常の金利に上乗せされるため支払いが遅れれば遅れるほど返済額が膨らみ、支払いが大変になります。例えば、50万円の借り入れで1年間滞納していれば、通常の金利に加えておおよそ10万円を払わなければならなくなります。

滞納当初はまだ日数もさほど経っていないため遅延利率も数千円程度かもしれませんが、時間が経てば経つほど重くのしかかるようになります。早急にMCセンターに連絡し、対応したほうがいいでしょう。

MCセンターから勤務先に連絡がくる

電話も督促状も無視すれば最終的には勤務先に電話が来るかもしれません。基本的にMCセンターは法令遵守の観点から勤務先に連絡をすることはありません。しかし、特別な理由があれば勤務先に連絡をしてもいいとされています。

それは、何度電話をしても連絡が取れない場合です。この場合は勤務先へ電話することで債務者が行方不明になってしまっていたり、死亡していたりする可能性があるため確認を取る必要があります。

勤務先へ連絡を入れる場合には借金がバレるのを防ぐためにMCセンター、もしくはオペレーターの個人名で連絡するようにしてくれますが、個人名での電話は逆に勤務先に不審に思われるかもしれません。

勤務先に連絡されるのは利用者にとっても本意ではないでしょう。そうなる前に早急に対応するようにしましょう。また、ここまできてしまうと裁判の可能性も非常に高くなってしまいます。

SMBCモビットは裁判に移行するのが早い

SMBCモビットは裁判への移行が大手消費者金融の中でも特に早いほうだと言われています。つまり、対応を急がなければあなたの家族が訴えられてしまう可能性があるということです。

「他の消費者金融でも数ヶ月滞納したが全く問題なかった」などと家族が話したとしてもそれは危険です。なぜなら、SMBCモビットでは滞納してわずか2ヶ月で裁判を起こされたというケースもあるからです。

もしも裁判になってしまった場合には、裁判所からの通知が来てから2週間以内に異議申し立ての手続きを行いましょう。異議申し立てを行わなければ、裁判所はSMBCモビットの言い分を受け入れ、強制執行・差し押さえが認められてしまいます

裁判になってしまえば、たとえ異議申し立てを行ったとしても差し押さえまでいってしまう可能性は大いにあります。そうならないためにも、家族と協力してすぐに対応するようにしましょう。

支払えない場合は債務整理を検討する

どうしても支払いが難しいようであれば弁護士や司法書士といった専門家に相談し、債務整理を検討しましょう。その際に大切なことは、弁護士を適当に選ぶのではなく債務整理に強い弁護士を選ぶことです。

もし債務整理になれば、弁護士からSMBCモビットに受任通知が送られます。この受任通知は、今後この借金問題はこの弁護士が対応しますというもので、受任通知到着後はSMBCモビットが依頼者に直接取り立てを行うことができなくなります

また、債務整理の結果、返済すべき総額が当初より減額されたり、利息がカットされたりする可能性があります。弁護士に相談する費用がないという方は、相談料・着手金無料の弁護士事務所もあるので、そういった弁護士事務所を利用してみるといいでしょう。

まとめ

もしもMCセンターから家族宛てに電話連絡や郵送物が届いた場合には、家族の誰かがSMBCモビットからお金を借りている可能性が高いです。また、その連絡は返済をしていないための督促かもしれません。

借金問題はデリケートな問題ですが、滞納の可能性がある以上は家族でしっかり話し合う必要があります。そして、少しずつでも返済していくことができるのであれば返済するようにしましょう。

また、SMBCモビットは他の消費者金融に比べて裁判へ発展するのが早いと言われています。裁判にならないためにも家族と相談し合いながらできるだけ素早い対応を心掛けてください。

※記載されている内容は2019年10月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.