カリテミオトップページ > 銀行 > みずほ銀行 > みずほ銀行カードローンor多目的ローンで借り換える方法と注意点

みずほ銀行カードローンor多目的ローンで借り換える方法と注意点

公開日:

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

「みずほ銀行のローンで借り換えしたいんだけれど、どうすればいいのかな?」

みずほ銀行のカードローンや多目的ローンなら、銀行ならではの低金利や安定性といった恩恵を受けつつ、他社からの借金を借り換える方法としてもおすすめです。
もしみずほ銀行のローンを借り換え先として使うとしたら、どういった手続きを行う必要があるのでしょうか。
ここでは借り換える方法と、実際に利用する場合に覚えておきたい注意点について詳しく解説していきます。

この記事はこんな人にオススメ!

  • 借り換え先としてみずほ銀行を検討している人
  • 借り換えについて知りたい人

みずほ銀行で借り換えする方法

他社からの借り入れを一括して返済する借り換えをみずほ銀行で行う場合、その主な方法として以下の2つがあります。

  • カードローン
  • 多目的ローン(無担保)

それぞれにメリット、デメリットがありますので、詳しく見ていきましょう。

カードローンと多目的ローンの「メリット・デメリット」

カードローンと多目的ローンのメリット・デメリットを表にまとめたのでご覧ください。

カードローン 多目的ローン
メリット ・手続きが簡単
・限度額内で自由に利用できる
・借入返済しやすい
・金利が低い
・過度の借り入れを防げる
・借り換え目的ということを伝えられる
デメリット ・金利が高い ・一度借入したら返済のみ
・手続きが複雑

みずほ銀行のカードローン・多目的ローンそれぞれに共通するメリットに、同じくみずほ銀行の住宅ローンを利用している場合はさらに金利が下げられるという点があります。

カードローンで借り換えるときの注意点

他社からの借り換え目的でみずほ銀行カードローンを使う際に注意しておきたいのが、ローンを利用する目的についてです。
カードローンで、他社に対する借り換えが厳密に禁止されているわけではありません。あくまでも借り換え先として、別に「多目的ローン」が提供されています。

従って、カードローンの利用目的として「借り換え」を主張すると、多目的ローンへの利用を促される可能性があります。
手続きの簡単さや借り入れが、限度枠内で自由に行える点に魅力を感じてあえてカードローンを選んでいる人は、この点に注意して申し込んでください。

多目的ローンで借り換えるときの注意点

みずほ銀行は借り換え先としても使えます。「多目的ローン」を使って借り換える場合、借り換え元の貸金業者から借りている借金の額が、どの程度か把握しておく必要があります。
消費者金融など貸金業者からの無担保融資は、年収の3分の1以下に借入金を制限する「総量規制」対象です。しかし、銀行であるみずほ銀行は総量規制の影響を受けません。

借り換えによって最終的には借り換え元の借金を全て返済するにしても、一時的に銀行と貸金業者双方から同額の借り入れを行うことになります。
従って、借り換え元からの借入残額の大きさによっては、年収との兼ね合いから審査に通らない可能性が考えられます。
年収と借入総額を見極めた上で、審査に通るだけの基準を満たしているか注意してください。

みずほ銀行の担当者に「借り換え目的」ということを伝えると

借り入れの申し込み時に「借り換えが目的」であることを事前に伝えておくことで審査に通りやすくなります。

なぜなら、貸す側である銀行にとって「借り換えが目的、つまり現状の借金の返済が目的であって、これ以上借金を増やそうとしているわけではない」

ということが明確になるからです。
借り換え以外の純粋な借金が目的の利用者と比べると、銀行側としても貸しやすくなるのです。
ただし目的を伝えたからといって、100パーセント審査に通るわけではない点にはご注意ください。

みずほ銀行カードローン・多目的ローンの「申し込み~借り換えまでの流れ」

今回のメインテーマでもあるみずほ銀行カードローン・多目的ローンの、それぞれの申し込みから融資開始までの流れについて見ていきましょう。

具体的な流れは、以下表の通りです。

カードローン(※) 多目的ローン
1 Webで申し込み 窓口で申し込み
2 審査 審査
3 勤務先への在籍確認 勤務先への在籍確認
4 審査結果のメール 審査結果の連絡
5 本人確認や収入証明書などを指定されたURLから提出 本人確認書類・収入証明書類を提出
6 契約完了(借り換え可) 契約完了(借り換え可)

※Web完結申し込みの場合

ご覧のように、カードローンと多目的ローンでは、申込先や書類の送付先、そして審査結果の通知先で異なった対応が設定されています。
全てインターネットを使って自宅などで簡単に済ませられる、カードローンの手続きのしやすさが際立っています。

カードローンの借り換えの場合は「2タイプ」から選べる!

みずほ銀行カードローンでは、利用目的に合わせた2つのタイプから専用カードを選ぶことができます。
1つは、みずほ銀行普通口座と連動した「キャッシュカード兼用型」で、もう1つは「カードローン専用型」の各カードです。
これらの特徴は、以下表をご覧ください。

キャッシュカード兼用型 カードローン専用型
自動貸越機能 ×
自動振替サービス 〇(※)
自動融資サービス 〇(※) 〇(※)

※申し込めば利用できる

カードローンのみの利用を前提としたカードローン専用型と比べ、みずほ銀行普通口座と連動して使えるキャッシュカード兼用型の方が、自動貸越機能が付帯される面で優れています。
ただし、自動貸越機能はキャッシングの一種です。便利だからといって使い過ぎにはくれぐれもご注意ください。

みずほ銀行カードローンで借り換えしたときの利息について

借金だからこそ気になるのが、みずほ銀行カードローンを通じて借り換えした時の金利についてでしょう。

今回は、消費者金融など貸金業者からの借り入れを借り換える方法として、みずほ銀行をターゲットに開設しています。
一般的な消費者金融の金利は年18.0%です。この数字で借り入れていると想定すると、みずほ銀行で借り換えした方が全体的に利息も少なく済みます。

1年間の利息が少なくなるということは、返済期間が延びれば延びるほど、両社の利息差もどんどん大きくなっていきます。

80万円をみずほ銀行から借り換えたケースの利息の総額を表にまとめましたので、ご覧ください。

カードローンの種類 金利 返済総額 利息 返済月数
みずほ銀行カードローン 14.0% 113万4,169円 33万4,169円 64ヶ月
銀行カードローンA 15.0% 117万4,997円 37万4,997円 66ヶ月
消費者金融B 18.0% 132万8,150円 52万8,150円 74ヶ月

ご覧のように、年14.0%と最も金利が安いみずほ銀行カードローンを借り換え先として利用した方が、返済総額がお得になります。

消費者金融を使い続けた場合と比べると、利息差およそ20万円・返済期間10ヶ月もの差になります。借り換えを検討する多くの人にとっては、この差は決して小さいものとはいえないのではないでしょうか。

別例として、今度は60万円を2~6年間で返済したケースの、みずほ銀行カードローンと消費者金融との違いを返済期間別で表にまとめました。

返済期間 みずほ銀行カードローン
(年14.0%)
消費者金融X社
(年18.0%)
差額
2年で完済 16万8,000円 21万6,000円 4万8,000円
3年で完済 25万2,000円 32万4,000円 7万2,000円
4年で完済 33万6,000円 43万2,000円 9万6,000円
5年で完済 42万0,000円 54万0,000円 12万0,000円
6年で完済 50万4,000円 64万8,000円 14万4,000円

みずほ銀行で借り換えを行った場合と消費者金融から借り続けた場合の差額は、1年当たり2万4,000円です。返済期間が長くなればなるほどその年数分だけ差額も乗算していきます。

6年で全て完済したケースの両社の差額はおよそ14万円程度と、決して小さな額では済みません。

もちろん早く完済するに越したことはありません。しかしそれ以上に金利が安い借り換え先を見つけて利用するだけでも、これだけお得に返済できるという結果となりました。

まとめ|消費者金融からみずほ銀行に借り換えをした方がお得!

借りやすい環境や魅力的なサービスが提供されている消費者金融は、ちょっとした借り入れに便利な業者です。しかし、借りた分に対して金利を支払う必要があり、元本や返済期間によってはこの金利が重くのしかかるケースも少なくありません。

そんなときにぜひ利用したいのが、今回ご紹介した銀行を使った借り換えという手段です。

今回は、みずほ銀行のカードローンと多目的ローンについてご紹介しました。借り換え利用が推奨されている多目的ローンや、手軽に利用できるカードローンを使った借り換えで、低利という銀行ならではの恩恵をしっかり受けられます。

みずほ銀行と消費者金融の両社から借り続けた場合の金利の差額を見れば、借り入れという手段が多くのメリットをもたらしてくれるのは明らかです。
このメリットを余すところなく手に入れるためにも、当記事でご紹介した情報を元に、借り換えを具体的に検討してみてはいかがでしょうか。

※記載されている内容は2019年10月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.