カリテミオトップページ > いろいろな金融機関・借り方 > ヤミ金 > Amazonギフト券の現金化・換金は損するだけ!その理由は?

Amazonギフト券の現金化・換金は損するだけ!その理由は?

更新日:

公開日:2017.6.21

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

Amazonギフト券の現金化・換金について

「今日中にどうしても5万円必要!」

そんな時に、Amazonギフト券の現金化や換金の情報を見つける人もいるのではないでしょうか?

インターネット上からクレジットカードを利用してAmazonギフト券を購入し、業者に買い取ってもらうという方法は、果たして本当に有効なのでしょうか。
今回はAmazonギフト券の現金化・交換などの仕組みや違法性などについて徹底解説して行きます。

そもそも違法ではないの?

近年インターネット上でもよく見かけるようになったAmazonギフト券の現金化や換金ですが、そもそも違法ではないのでしょうか?

Amazonギフト券とは?

Amazonギフト券とは、大型ネットショッピングモールであるAmazonで利用できる商品券のようなものです。

Amazonギフト券はコンビニなどで販売しているカードタイプのものから、ネット上で取り引きが完結するEメールタイプなどさまざまな種類があります。
選べる金額も、それぞれのタイプによって15円~50万円まで選択可能となっており、Amazonを利用する方であれば非常に使い勝手の良いギフト券です。

Amazonギフト券の現金化とは?

ここで一般的にいわれているAmazonギフト券の現金化とは、おもにEメールタイプのギフト券の現金化のことを指しています。

なぜならAmazonギフト券のEメールタイプは、クレジットカードでしか購入することができないためです。

一般的にクレジットカードのショッピング枠を現金化することはできませんが、Amazonギフト券をクレジットカードで購入しそれを換金することで現金に買えることで、利用者は現金を手に入れることができます。

クレカの現金化は違反行為、でもAmazonギフト券はOK?

クレジットカードのショッピング枠を現金化目的で利用することは、違法行為として認識されています。

また、Amazonの公式サイトにも『ギフト券を再販売その他対価をもって譲渡すること、換金することまたは他のアカウントで使用することはできません』と明記されており、Amazonギフト券を転売目的で購入することは禁止されています。

ギフト券の買取自体には問題がありませんが、最初から転売目的でギフト券を購入して業者に転売するという行為は、クレジットカードの規約とAmazonの規約の両方に違反する行為です。
最悪利用停止処分などを受ける可能性もあります。

Amazonギフト券の換金は絶対にしないでください。

amazonギフト券の仕組みはどうなってる?

Amazonギフト券(Eメールタイプ)は実際にとどのような流れで現金化されているのか、換金の仕組みを詳しく見てみましょう。

Amazonギフト券(Eメールタイプ)の換金の流れ

  1. amazon公式サイトのキーワード検索よりamazonギフト券を探します。(キーワード「amazonギフト券 eメールタイプ」で表示されます。)

  2. 好きな金額を選び(1000円~500000円)購入手続きを行います。
    ここでは仮に10万円を購入したとします。

  3. ギフト券購入時には、プレゼントとして贈り先が選べますので、その贈り先項目にギフト券を売る業者のメールアドレスを入力します。

  4. 購入ボタンを押せば、登録されているクレジットカードから決済が行われます。

  5. ギフトカードを贈った業者から、換金分のキャッシュバックが行われます。

    キャッシュバックされる金額はおよそ9割ほどですので、10万円のギフト券を購入すると9万円ほどのキャッシュバックがあります。


取り引き自体はここで完了です。
手元には9万円が現金で残ります。

一時的に現金が入っても後々損をすることに

問題は、Amazonギフト券の購入代金である10万円はクレジットカード決済となっているために、翌月や翌々月に必ず請求されるということです。

一括で10万円の支払いができないからといって、リボ払いを利用すると今度はリボ払い分の利息が発生します(およそ15~18%程度)。

10万円を金利18%のリボ払いで返済して行くと、利息がおよそ15000円ほどかかります。
最初に貸付業者に支払った手数料の1割=10000円との合計で25000円も損してしまうことになります。

消費者金融なら即日融資も可能!

「今日中にお金が必要だから、多少損をしてもAmazonギフト券を換金したい!」という方もいると思いますが、大手消費者金融なら安全に即日融資を受けることが可能です。

大手消費者金融では、審査が最短30分で完了する業者も多く最短即日融資を受けられるんです。

Amazonギフト券換金と消費者金融利用の比較

金融機関
コンビニ名
金利 現金受取
スピード
その他
Amazonギフト券
(Eメールタイプ)
リボ払いの場合およそ15%~18%
(クレジットカード利用)
最短即日 クレカ一括払いで利息なし
換金業者での手数料
プロミス 4.5%~17.8% 最短即日 30日間無利息期間サービス(新規契約社対象)
アコム 3.0%~18% 最短即日 30日間金利0円サービス(新規契約社対象)
アイフル 4.5%~18% 最短即日 30日間金利0円サービス(新規契約社対象)

大手消費者金融では比較的審査通過しやすい業者が多く、業者に換金手数料を引かれることもありません。
Amazonギフト券を交換するよりも、お得に現金を受け取ることが可能です。

Amazonギフト券の現金化・換金のまとめ

今回はAmazonギフト券の現金化・換金のリスクや、どうしても現金が欲しい場合の対処法について説明しました。

Amazonギフト券の換金はクレジットカードとAmazonの双方の利用規約に違反しています。

また、業者に手数料もしてしまう上に、返済をリボ払いにすると利息までかかってしまいます。
どうしてもすぐに現金が欲しいという場合には、消費者金融カードローンを利用して融資を受ける方が賢明です。

無利息期間サービスのあるカードローンを利用して、利息を節約しながらお得に借入するようにしましょう。

※記載されている内容は2019年6月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.