カリテミオトップページ > いろいろな金融機関・借り方 > ヤミ金 > システム金融というヤミ金の詐欺手口。年利2000%の恐怖と対処法

システム金融というヤミ金の詐欺手口。年利2000%の恐怖と対処法

更新日:

公開日:2019.7.22

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

「システム金融ってなに?」

システム金融とはヤミ金の詐欺手口の一つです。
年利800%~2,000%を請求される大変危険で悪質な手口になります。
ここではそんなシステム金融の予防策や対処法などを解説していきます。


この記事はこんな人にオススメ!

  • システム金融について知りたい人
  • システム金融に騙されてしまった人

システム金融とは

システム金融と聞いて、聞き馴染みのある人は少ないかもしれませんが、中小企業の経営者や個人事業主の方であれば耳にしたことがあるかもしれません。

システム金融とは、主に中小企業や個人事業主に対してFAXやダイレクトメールを送り、融資の勧誘を行うものです。

申し込みに対して面談も行うことなく融資されるので、資金繰りの苦しい企業にとっては助かるように思えますがその実態はヤミ金業者です。

このシステム金融の特徴としては、「手形・小切手や売掛債権などを担保にとる」というものがあります。お金を借りた事業者は、手形や小切手の不渡り、銀行取引停止処分、重要取引先への債権譲渡通知を恐れて返済を継続してしまうのです。

次々と高利の借金を背負わせる悪徳プロ集団

システム金融の手口として一般的なものが次のようなものです。

25万円の手形・小切手を3枚、満期が1週間後、2週間後、3週間後として送付すれば当日中に50万円を融資します。

システム金融業者はその実態を隠すために、手形や小切手の送付先が郵便局の局留めになっていることが多いです。

また、こういったシステム金融を行うヤミ金業者は業者間で顧客情報を交換しあっており、一度利用してしまうと手形・小切手の支払期日の前日から別の業者が好条件の融資話を持ち掛けてきます。

手形・小切手の不渡りを出したくない、借りたお金を返せないとなれば新たな勧誘に乗り、さらにヤミ金業者とわかっていてもお金を借りるという負のスパイラルに陥ります。

こういったシステム金融を行うヤミ金業者は2,000社にも及ぶと言われていますが、法律がなかなか追いつかず検挙・逮捕ができないというのが現状です。

システム金融に狙われるのは事業に失敗してしまった個人事業主や中小企業の社長

システム金融の格好の餌食になる人は、事業がうまくいっていない中小企業の社長や個人事業主といった人たちです。

「こんなヤミ金に引っかかる人がいるの?」と思うかもしれませんが、経営者というのは働いてくれている社員のためにも会社を倒産させるわけにはいかないと考えます。

銀行などの金融機関や日本政策金融公庫などから融資を受けることができればいいですが、そういったところから融資を受けることができなければ、ワラにもすがる思いでシステム金融を利用してしまうのです。

その心理につけこみ融資をするのがシステム金融という悪質な詐欺なのです。

システム金融から融資を受けてしまった場合はどうなる?

システム金融は担保・保証人も不要、他社の融資状況も関係なく即日でお金を用意してくれます。急場をしのぐには本当に助かる存在のようにも思えますが、借りた後は地獄のような日々が始まります

システム金融の金利は年800%~2,000%とも言われています。
手口として25万円の手形・小切手を3枚用意するという例を出しましたが、その例になぞらえると

1週間後に25万円、2週間後に25万円、3週間後に25万円を返済しなければなりません。

この場合だと25万円を貸し出した日から3週間後までの21日間、25万円を貸し出した日から2週間後までの14日間で、運用した利息が25万円ということになります。
その場合の金利は年1042.85%です。


その後は前述した通りです。
手形・小切手の期日が近づくたびに金策に追われることになります。
そしてこの段階になれば、貸してくれる融資先はシステム金融などのヤミ金だけです。もう手を出してはいけないとわかっていても、借りなければ不渡りを出してしまう状況に陥るのです。

こうして短期間のうちに支払わなければならない手形・小切手が膨れ上がっていきますが、システム金融業者もいつまでも貸してくれるわけではありません。
システム金融業者が潮時だと思えば、待っているのはどうしても避けたかった銀行への不渡りだけです。

このようにシステム金融業者はビジネスの手助けをしたいわけではなく、わずかに残っている財産を搾り取るために近付いてきます。いくら困っていてもシステム金融に手を出してはいけません

システム金融に対する予防と対処法

システム金融に対する一番の予防法は甘い誘いには乗らないということです。
そんなことは当たり前だと思うかもしれませんが、経営状態が危うい時に冷静な判断はなかなかできないものです。

もし可能であれば、借りてしまう前に冷静に判断できる家族や友人に相談してみましょう。
そうすることができれば、システム金融を利用した後に後悔することもないです。

しかし、相談する前にシステム金融を利用してしまった人もいるでしょう。
そのような場合には早急に弁護士に相談しましょう。消費者問題に詳しい弁護士であれば、システム金融業者と元本以上の支払額について返還の交渉をしてくれます。

そしてシステム金融業者自身もその違法性を認識しているので、意外なようにも思えますが弁護士が受任するとかなりの割合で交渉に応じてくれます。

弁護士に相談する際に重要になるのがシステム金融を利用した証拠です。システム金融業者から送られてきたFAX、手形・小切手帳の控え、簡易書留の控えなどを残してあればスムーズに進めることができます。

また、以前システム金融を利用していて完済した場合も同様です。
その証拠を捨てずに持っていれば元本以上は返ってくる可能性があります。

ヤミ金業者のその他の手口

ヤミ金業者の手口はシステム金融だけではありません。他にも以下のような手口があるので注意しましょう。

ヤミ金業者の手口 内容
キャンセル料金融 契約時のキャンセルの申し込み時にキャンセル料を請求する詐欺
年金担保金融 高齢者を対象に通帳、キャッシュカード、銀行印などを担保に現金を融資する詐欺
融資詐欺 銀行や金融業者と偽り、融資には保証金が必要と迫りだまし取る詐欺
紹介屋 多重債務などで正規業者から借入できない人を対象に誘惑し、不必要な紹介手数料をだまし取る詐欺
整理屋 債務整理をすると偽り現金をだまし取る詐欺
押し貸し 少額を口座に振り込み、高い利息とともに返済を求める詐欺

ヤミ金業者はあの手この手で近付いてきます。
一度ヤミ金の手口に引っかかってしまった人は特に狙われ続けます。

どれだけお金に困っていてもヤミ金業者だけは絶対に利用してはいけません。
また、もし利用してしまった場合には早急に消費者問題に詳しい弁護士に相談しましょう。

ヤミ金の見分け方や、詐欺被害にあわないための方法を詳しく知りたい方は、「個人間融資掲示板の酷い実態。詐欺や犯罪・闇金の手口や見分け方とは」を参考にして下さい。

※記載されている内容は2019年7月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.