カリテミオトップページ > いろいろな金融機関・借り方 > ヤミ金 > 多重債務者をだます紹介屋!不必要な手数料は絶対に払っちゃダメ!

多重債務者をだます紹介屋!不必要な手数料は絶対に払っちゃダメ!

更新日:

公開日:2019.7.23

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

「もしかしてこれって紹介屋?」
「紹介屋に払う約束をしてしまったけどどうしよう」

紹介屋は正規で借り入れできない多重債務者を対象に、不必要で高額な手数料を請求してくる詐欺です。借金に苦しめられている人にとって融資してくれる会社は貴重な存在であり、そこにつけこんでだましてくるため、多くの人が紹介屋の被害にあっています。

ここでは紹介屋に関する情報や対処法をまとめています。


この記事はこんな人にオススメ!

  • 多重債務者の人
  • 紹介屋にだまされているのではないかと疑っている人
  • 消費者金融を利用しただけで手数料を請求されている人

紹介屋とは

紹介屋とは、低金利の消費者金融を装い、多重債務者やブラックリストに入っていて金融機関からお金を借りられない人をターゲットに融資を募ります。

そして、「審査の結果当社では融資をすることはできませんが、融資をしてくれそうな業者があるので紹介します」などと言い、その業者から融資を受けることができれば融資額の10%~30%程度、紹介屋によっては50%以上を手数料として請求します。

一見、新たな融資先を紹介してくれて親切なようにも思えますが、融資を募っているにも関わらず自ら融資をする気は一切なく、初めから紹介料をもらうことが目的の詐欺業者です。せっかく融資を受けられても50%以上も持って行かれれば手元にはほとんど残りません。

また、紹介するといっても紹介先とその紹介屋は全くの無関係である場合が多いです。つまり口利きなどは一切なく、紹介屋が間に入らずとも融資を受けることができたのに紹介料を取られてしまいます。

しかし、無関係の真っ当な消費者金融を紹介されたのであればまだいいかもしれません。ヤミ金を紹介されてしまえば、紹介料を取られたうえに法外な金利に苦しめられることになってしまいます。

紹介すること自体は違法ではない

ここまでで勘違いしてはならないのが、融資をしてくれる会社を紹介すること自体が違法なわけではありません。しかし、融資先を紹介するためには賃金業として国に登録している必要があります。そしてこういった紹介屋は無認可で営業しているため違法行為となります。

また、紹介料についても出資法第4条1項に「貸借の金額の5%を超える額を媒介手数料として受領してはならない」と定めています。つまり少なくとも10%以上の紹介料を取る紹介屋は違法であるということになります。

このような違法行為を行った場合には3年以下の懲役、または300万円以下の罰金に処されることになります。

紹介屋の巧妙な手口

紹介屋の具体的な手口は以下のような流れで行われます。

  1. チラシやメール、ネット広告で低金利などを売りに興味を引かせる
  2. 融資の申し込みがあると、個人情報などを聞き出して審査待ちの状態にする
  3. 審査内容が悪かったことから融資できないと伝える
  4. 融資できるところを別に紹介する
  5. その融資を求めた場合、紹介料として、10パーセント以上の紹介料を受け取ると伝える
  6. 紹介した先から融資を受けた後、紹介料の請求がくる

前述したように、紹介屋は紹介先に実際に口利きをしているわけではありません。しかし、申込者の収入や借入総額を見ればどの消費者金融なら審査に通るかが大体わかります。そして、紹介屋の思い通りに審査を通れば紹介料を請求します。

つまり、最初から自分でその消費者金融に申し込んでいれば通常通りに融資を受けることができて、法外な紹介料を請求されることもありません。

借り入れ初心者に対する紹介屋

紹介屋のターゲットはブラックリストに入った人や多重債務者が中心ですが、借り入れが初めてという人も少なくありません。

そして借り入れ初心者に対しても他の会社を紹介するという手口に変わりはありません。融資に関する知識がないことを利用してだまそうとします。申込者も「借り入れできなくても他を紹介してもらえるのか」と思い、だまされたことに気付かないままになる可能性もあります。

ヤミ金を紹介する紹介屋詐欺が悪質

冒頭付近でも触れましたが、消費者金融ではなくヤミ金を紹介するケースも増えています

そして最近のヤミ金は、かつてのあからさまなヤミ金ではなく、ソフト闇金が主流になっており通常の消費者金融と区別がしにくくなっています。そのため紹介された人も実際に契約するまでヤミ金だと気付かないということになります。

ソフト闇金とは

ソフト闇金とは、ヤミ金と同じように違法な貸付けを行っているもののヤミ金のような脅迫まがいの取り立てはなく、利用者に優しく接しています。しかし、行政への賃金業の登録を行っておらず、金利も違法であるためヤミ金と実質的には変わりがありません。

ソフト闇金はヤミ金に比べて以下のような特徴があります。

  • 利用者に親身な対応をする
  • 返済が遅れそうな場合、多少融通が利く
  • 取り立てが厳しくない

このように対応が普通の消費者金融と変わらないため普通に利用してしまい、法外な金利を支払うことになってしまいます。

弁護士を紹介して紹介料を取る詐欺にも注意

紹介屋が紹介するのは消費者金融やヤミ金だけとは限りません。申込者に対して「どこもお金を貸してくれないので債務整理をしたほうがいい」などと言い、弁護士や司法書士を紹介することで紹介料を取るといったケースも見受けられます。このような行為をする業者を整理屋とも言います。

消費者金融を紹介する際は、実際には何の関係もない消費者金融をあたかも紹介したかのようにして紹介料を取っていましたが、弁護士や司法書士とは実際に契約しています。そして、紹介した人数によって弁護士事務所などから紹介料が入る仕組みになっています。

「紹介屋のような詐欺をする人たちと契約している弁護士や司法書士がいるのか」と思うかもしれませんが、そういった悪徳な弁護士がいるのも事実です。

このように、紹介屋の詐欺行為も実際にだまされているのかわからないくらいに巧妙になっています。

ヤミ金による悪質な手口一覧

今回解説している紹介屋以外にもヤミ金業者は様々な手口でお金をだまし取ろうとします。

ヤミ金業者の手口 内容
キャンセル料金融 契約をキャンセルする際にキャンセル料を請求する詐欺
年金担保金融 高齢者を対象に通帳、キャッシュカード、銀行印などを担保に現金を融資する詐欺
融資詐欺 銀行や金融業者と偽り、融資には保証金が必要と迫りだまし取る詐欺
システム金融 事業者を対象とし、FAXやDMで勧誘したのちに小切手や手形を担保に融資し、高額な金利を請求する詐欺
整理屋 債務整理をすると偽り現金をだまし取る詐欺
押し貸し 少額を口座に振り込み、高い利息とともに返済を求める詐欺

あの手この手で近付いてくるので、それぞれの手口についても知っておきましょう。

紹介屋のターゲットになりやすい人とは

紹介屋のターゲットになりやすいのは以下のような人です。

  • 多重債務をしている人
  • ブラックリストに載っている人
  • 借り入れ初心者

多重債務をしている人やブラックリストに載っている人は、真っ当な消費者金融では融資を受けるのが難しくなっています。そして本人も新たな融資が難しいことは承知しているでしょう。

そんな時に融資が可能な会社を紹介してくれると言われ実際に審査に通れば、紹介屋が本当に口利きをしてくれたと思い、そして多少高くても紹介料を払ってしまうのも不思議ではありません。

そして、借り入れ初心者の人が何もわからないということを利用するため、高額の紹介料も違法ではないと思って払ってしまう人もいます。

紹介屋の被害に合わないために必要なこととは

紹介屋の被害にあわないためにも明らかに不自然な融資の話には興味を持たないようにしましょう。

例えば「300万円を年利3%で即日融資します!」といった甘い話を紹介屋は持ちかけてきます。しかし、紹介屋は実際に融資をするわけではないので、このように銀行よりも低い金利での融資を紹介している業者には注意が必要です。

また、インターネットや電柱に貼られている広告などを頼りに貸金業者を利用することもやめましょう。

手数料を絶対に支払わないこと!

基本的に融資を受けた額の5%を超える手数料は違法であるため、違法な手数料は支払う必要がありません。また弁護士に相談して対応してもらえれば紹介屋もあっさりと手を引くでしょう。

紹介料を支払う必要はありませんが、紹介屋は逮捕されづらいという事実もあります。それは犯罪の立証が難しいこと、そして利用者が違法な紹介料を取られているという自覚がなく通報されることが少ないためです。

紹介屋にだまされそうになったときの対処法

紹介屋にだまされそうになった際には以下のような対処法を取るようにしましょう。

  • 紹介屋かどうか確認する
  • 弁護士に相談する

最も簡単で確実な対処法は弁護士に相談し解決してもらうことです。紹介屋も逮捕されたくはないので弁護士が出てくればすぐにでも手を引くでしょう。

紹介屋かどうか確認をしよう

弁護士に相談することが解決への最も早いアプローチですが、まずは相手が本当に紹介屋かどうかを調べる必要があります。紹介屋かどうかを確かめるためには以下のことを確認しましょう。

  • 融資の条件が真っ当かどうかを確認する
  • 紹介料の手数料が5%を超えていないか確認する
  • 自分のところでは融資できないが他を紹介すると言われたかどうか
  • 会社の情報を調べる

この事項を一つ一つ確認して紹介屋である可能性が高ければ弁護士に相談しましょう。

弁護士に相談する

確認した結果、紹介屋ということがわかり、法外な紹介料を請求されているという場合にはすぐに弁護士に相談したほうがいいでしょう。そして弁護士にも得意な分野、苦手な分野があります。ヤミ金が絡む問題は少し特殊であり、ヤミ金問題の経験が多い弁護士や司法書士に相談するべきです。

しかし、どこに相談すればいいのかわからない、弁護士や司法書士の探し方がわからないという方もいるでしょう。そういう時は法律事務所ホームワンやウォーリア法務事務所、アヴァンス法務事務所などがヤミ金の相談に乗ってくれます。

今回紹介したどの事務所も日本全国に対応しており、また無料相談ダイヤルを設置しているので怪しいかもと思った時点で手軽に相談することができます。ヤミ金が絡む問題は放置していればどんどん状況が悪化するので、怪しいと思ったらまずは相談してみることをお勧めします。

まとめ

今回は紹介屋による詐欺について解説してきました。

紹介屋はかなり有利な条件の融資を餌に人を集め、実際には融資をせずに他の消費者金融を紹介することで、融資が実行されれば法外な紹介料を請求する詐欺を行う人、およびグループのことです。

紹介屋による詐欺は、消費者金融ではこれ以上借りられないと考えている多重債務者やブラックリストに載っている人をターゲットにしているので注意が必要です。また知識のない借り入れ初心者も被害にあいやすいので注意しましょう。

そして、こういった紹介屋の詐欺は被害者が被害に気付いてないケースが多くあります。それは融資元を紹介すること自体が違法というわけではないからと言えます。
しかし、紹介することに対する手数料は融資額の5%以内と決まっています。

5%を超える手数料は違法であり、違法な手数料は支払う必要がありません。しつこく請求してくるようであれば、ヤミ金問題に強い弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。

※記載されている内容は2019年7月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.