カリテミオトップページ > いろいろな金融機関・借り方 > 人から借りる方法 > 頼れる人は勤務先の先輩や上司だけ!?どうすればお金を借りられるか

頼れる人は勤務先の先輩や上司だけ!?どうすればお金を借りられるか

更新日:

公開日:2018.10.23

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

給料日直前だったり、急な出費がかさんでお金が足りない、でも親や兄弟は遠くに住んでいるし、年齢の近い友人は同じように毎月の生活がキリキリで、なかなか頼ることができない、なんてことはあります。

そんな時、自分より給料をもらっている勤務先の先輩や上司なら、「もしかしたら借りられるかも」と、考える方も いらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、頼れるのが職場の先輩や、上司だけしかいない場合の方法論と注意点、さらにどうして借りようと思ったのか、借りる側の心理などを解説して参ります。

勤務先の上司・先輩に借りるには?方法や借りるケースと注意点

まずは、勤務先の先輩や上司にお金を借りる方法について、考えられるケースごとに整理して参ります。

ケース1 勤務先の仲間との飲み会でお金が足りなくなった!

会社勤めをしていれば、先輩・上司・同僚たちと仕事終わりに、街へ飲みに繰り出すことも多くなりますが、出先で所持金不足に気づき、借りられそうな人が上司・先輩しかいない、なんて事態に陥ることもあります。

このケースでは、太っ腹な上司や先輩ならおごってくれる可能性もあるでしょうし、額も少額ですから返済期日をしっかりと約束すれば、貸してくれることも多くなってきます。

ケース2 近くに家族や知人がいないから…

実家から出て会社周辺にアパートを借り、一人暮らしをしている場合は、お金を貸してもらえそうな相手が、先輩や上司しかいないケースもあります。

「財布を落としてお昼ご飯代すらない」などといった、切迫した理由であれば、少額なら貸してくれるケースもあります。

ですが、今はどこからでもお金を振り込めるので、急を要さない理由の場合は十中八九、「親に頼んだ方がいいんじゃないか」と言われるでしょう。

ケース3 頼りがいのある先輩・上司だから…

普段から仕事だけではなく、プライベートでも付き合いがあり、ご飯をおごってくれたり、相談に乗ってくれる人格者の先輩や、上司がいた場合は「借りやすいのではないか」と考えるケースもあります。

頼んでみるのも手ですが、お金は他人におごるより貸すときの方が、強い抵抗を覚えるものなので、仮に断られても「何だ、頼りがいのないヤツ!」なんて具合に、付き合い方を変えるような真似は、絶対にしないようにしましょう。

ケース4 自分より経済的に豊かそう!

先輩や上司は、自分や同僚より多くの給料や、ボーナスをもらっているはずなので、経済的に豊かだから借りられそう、と考えることもあるでしょう。

ただし、先輩や上司に家庭がある時は、いくら収入が多くても「お小遣い制」で、何とかやりくりしていることも多くなってきます。

5千円や1万円程度ならともかく、何十万円も用立ててもらうのは正直厳しいので、まとまった金額を借りたいケースでは、「独身貴族」を選んだほうが成功率も上がってきます。

先輩・上司にお金を借りる際の注意点・やめたほうがいい場合

家族や友人が近くにいない方にとっては、頼りやすい存在である先輩や上司ですが、彼らにお金を借りる際には、「同じ勤務先」であるからこそ注意したい点や、やめたほうがいい場合も出てきます。

返済期日や能力にウソをつかない

至って当たり前のことになりますが、先輩・上司は同じ会社に勤めているのですから、給料やボーナスの支給日は当然知っていますし、その金額についても自分の過去を思い出せば、ある程度正確にわかってしまいます。

ですので、給料やボーナスの支給日と、かけ離れた返済日を告げると不信感を持たれ、借り入れを断れてしまう可能性が高くなってしまいます。

また、収入から返済能力が容易に予想できるため、「○○万円までなら簡単に返せる」なんて具合に、返済能力を超えた額を借りようとごまかしても、まず成功しませんのでやめておいた方が無難です。

会社内での人付き合いが大変になる

飲み会の例を挙げたように、急場しのぎでお金を先輩や上司から借り、すぐに返せたときは問題ありませんが、まとまった額を長期間借りたときは、その後の会社における人付き合いに苦労することを、ある程度覚悟しておかなければなりません。

例えば、会社で飲み会が開かれたとしても、ホイホイ参加した場合「おいおい、参加費出せるなら借金するなよ!」なんて具合に思われかねません。

また、ちょっと豪勢なお昼ご飯を食べていたり、たばこやコーヒーを嗜んでいるだけでも、「借りてる身分なんだから節約しろ!」と、口に出さずとも思われることだってあります。

勤務先の上司・先輩からお金を借りる時の心理

通常、金融機関ではない相手からお金を借りようと考えるときは、真っ先に親兄弟が思い浮かび、続いて気の置けない友人などが候補となってきます。

しかし、先輩や上司からお金を借りる方も少なからずいるので、最後にその心理について、まとめてみました。

親や親族に知られずお金を借りたい!

血のつながった親や親族なら、「困ってるなら仕方ない」と、しぶしぶでもお金を都合してくれそうなものですが、お金が足りなくなった理由や用途について、金融機関以上に厳しく問いただしてくることも多くなります。

つまり、「親や親族に理由などを知られたくない」という心理が働いた場合、先輩や上司にお金を借りようと考えるわけです。

先輩・上司の方が同年代の友人よりお金があるはず!

借りようとする相手が誰であれ、借金をしようとする方は「お金を持っている=借りやすい」という心理が働くため、自分と同じ年頃の友人ではなく、収入の多い先輩や上司から、お金を借りようとするのです。

しかしそれは勘違い、お金を持っている方はすべからく、お金に厳しくルーズなところがない、「金銭感覚のしっかりした方」なので、経済的に豊かであることとお金を借りやすいことは、必ずしもイコールではありません。

にっちもさっちもいかずに仕方なく!

心理も何も、お金が足りなくなったまさにその時、お金を貸してほしいと頼める存在が、近くに先輩や上司しかいないのであれば、どうしようもありません。

厳しい先輩や上司の場合、叱られてしまう可能性もありますが、背に腹は代えられないので、しっかりと返済日を約束したうえで頼み込んで、約束通りキチンと返済しましょう。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.