カリテミオトップページ > 銀行 > ノーローンとは、金利や申し込み方法、返済方法を一通り解説

ノーローンとは、金利や申し込み方法、返済方法を一通り解説

更新日:

公開日:2019.2.19

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

「ノーローン」は”何度でも1週間無利息”という独自のサービスがあり、これは最大のメリットと言っても良いでしょう。

今回の記事ではノーローンの運営母体である新生パーソナルローン株式会社の紹介、レイクやレイクALSAとの違い、気になる以下の点について解説していこうと思います。

  • ノーローンのメリット

  • 申込方法

  • 借入方法

  • 返済方法

  • ノーローンの審査難易度

ノーローンを検討している方や、ノーローンに不安・疑問を抱いている方はぜひご覧ください。

ノーローンとは

まずはノーローンがどういった業者なのか、その概要を説明するとともにノーローンの特徴を紹介していきます。
その上で、自分に合うカードローンかどうかをある程度判断していただきたいと思います。

「ノーローン」とは新生パーソナルローン株式会社(旧シンキ株式会社)が提供するカードローンサービスのこと

「ノーローン」とは、新生パーソナルローン株式会社が提供するカードローンサービスのことです。

過去にさかのぼると、1954年12月に兵庫県で設立された信起商事株式会社がルーツとなっており、1984年8月に社名を「シンキ株式会社」に変更しました。

2002年3月には株式会社新生銀行と業務提携を締結するとともに、2004年には株式会社新生銀行がシンキ株式会社の筆頭株主に、2007年12月には連結子会社化されており、株式会社新生銀行の関係性が強まっています。

2009年2月には、株式会社新生銀行の子会社である新生フィナンシャル株式会社の子会社に変更となり、2016年8月には新生銀行グループであることを強く印象付けるため、社名を「新生パーソナルローン株式会社」に変更し、現在に至っています。

新生パーソナルローンでは、カードローンサービス「ノーローン」以外にも、おまとめローンの「かりかエール」というサービスも実施しています。

同じグループのカードローンでも、レイク・レイクALSA・ノーローンは別物

かつては株式会社新生銀行の子会社のサービスだったノーローンですが、現在では孫会社のサービスとなっています。

株式会社新生銀行の子会社は新生フィナンシャル株式会社であり、新生フィナンシャル株式会社の子会社が新生パーソナルローン株式会社(ノーローンのサービスを提供している会社)です。

新生銀行と聞くと、他に「レイク」や「レイクALSA」などのサービスも提供しているので、混同してしまう人がいるかもしれませんが、この3つは以下のように異なります。

サービス名 提供元 サービス内容
レイク 株式会社新生銀行 銀行カードローン
レイクALSA 新生フィナンシャル株式会社 消費者金融
ノーローン 新生パーソナルローン株式会社 消費者金融

同じグループ内のカードローンであるレイクALSAとノーローンでも、ポイントプログラムの有無や即日融資の可能性、利用可能なATMなどに違いがあります。

レイクやレイクALSAはテレビCMなどでもよく見かけるものの、ノーローンの名前をあまり見かけることがないため、「ノーローンはヤミ金では?」と疑う人もいるかもしれません。

しかし株式会社新生銀行のグループ企業ですので、もちろんヤミ金ではなく安心して利用できます。

銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行カードローンと消費者金融では、サービスにいくつかの違いがあります。

まず、総量規制(年収の3分の1以上の借入を規制するルール)の対象か否かについては、消費者金融は対象となっているのに対して銀行カードローンは対象ではありません。

また、1社で50万円以上(または他社借入も含めて100万円以上)の借入をする際の収入証明書の提出についても、銀行カードローンは義務化されていないのに対して消費者金融は義務化されています。

さらに即日融資の可否についても、消費者金融は即日融資可能なのに対して、銀行カードローンは警察庁データベースの照会が義務化されてその作業に1日はかかるため、即日融資はできません。

ノーローンは「何度でも1週間無利息」が大きな特徴

ノーローン最大の特徴といえば、「何度でも1週間無利息」でしょう。

大手消費者金融のアコムやアイフルでは、「新規契約翌日から30日間無利息」というサービスを実施しており、新生銀行グループの消費者金融「レイクALSA」でも同様の無利息サービスを実施しています。

一方、ノーローンの無利息期間は1週間ですので、上記の消費者金融と比べるとインパクトが弱いかもしれませんが、「何度でも」というのがポイントです。

他の消費者金融では、無利息サービスを新規契約者の初回利用に限定しているのに対して、ノーローンではそのような限定はありません。

借入から7日後までに完済すれば無利息で元金のみの返済でOKなのはもちろん、完済翌月以降の借入にも再度1週間無利息が適用、つまり「何度でも1週間無利息」なのです。

ノーローンのメリット

ノーローンの主なメリットは、以下の通りです。

  • 何度でも1週間無利息サービスを利用できる

  • 即日融資が可能

  • 来店不要

  • 24時間いつでもどこからでもリアルタイム取引ができる

  • 70歳まで申込可能

  • 計画的な返済でポイントが貯まる

先ほども説明したように、ノーローンは何度でも1週間無利息が大きなアピールポイントです。

類似のサービスを実施している他の消費者金融では、対象を新規契約者の初回利用に限定しているのに対して、ノーローンは何度でも無利息でできるため、7日以内に完済できるリピーターにとっては非常にお得なサービスです。

また、万が一利息が発生してもポイントを獲得できるため、少しは損を取り返せます。
計画的な返済で貯まるポイントは以下の3つから選択可能で、支払った利息額に応じた獲得ポイント数も異なります。

支払利息額 楽天スーパーポイント
(1ポイント=1円相当)
ネットマイル
(1マイル=0.5円相当)
Gポイント
(1G=1円相当)
2万5000円以上 700ポイント 400マイル 200G
2万円以上2万5000円未満 500ポイント 300マイル 150G
1万5000円以上2万円未満 300ポイント 230マイル 115G
1万円以上1万5000円未満 150ポイント 150マイル 75G
5000円以上1万円未満 70ポイント 60マイル 30G
1000円以上5000円未満 30ポイント 10マイル 5G
1000円未満 0ポイント 0マイル 0G

使い道がある程度限定される楽天スーパーポイントが、最も多くのポイントを貯められるようになっています。

ただし、支払利息額が1000円未満の場合や支払いが遅れた場合には、ポイントが付与されません。

ノーローンのデメリット

一方で、ノーローンには以下のようなデメリットもあります。

  • 金利が高め

  • 総量規制の対象で高額融資には収入証明書が必要

消費者金融であるノーローンの金利は高いので、無利息サービスを使わないと支払う利息の額が多くなってしまいます。
ポイントサービスを受けられるとしても、支払う利息額の方が多いです。

また、ノーローンは総量規制の対象になっているため、年収の3分の1以上の借入をしたい人向きではありません。

年収が多い人でも、1社で50万円以上(または他社借入も含めて100万円以上)の借入をする際には収入証明書の提出が求められるため、多少面倒かもしれません。

ノーローンはこんな人におすすめ!

先ほど紹介したノーローンのメリット・デメリットを踏まえると、1週間以内で完済できる程度の少額の借入を考えている方におすすめです。

1万円~3万円程度の借入を想定している人であれば、無利息期間である1週間以内に全額耳を揃えて返済できる可能性が高いので、利息を支払うことがありません。

少額借入を定期的に行なっている人は、完済の翌月以降も1週間無利息が適用されるノーローンとの相性が非常に良いです。

ノーローンは高金利なので、以下の人はノーローン以外のカードローンを検討した方が良いでしょう。

  • 高額融資を考えている人

  • 1週間以内に返済できそうにない人

  • 月に何度も借入を考えている人

ノーローンの金利や限度額は?

ノーローンの金利は年4.9%~18%

ノーローンの金利は「年4.9%~18%」で、消費者金融の中では標準的な金利設定といえるものの、銀行カードローンと比較すると高金利といわざるを得ません。

貸金業者が設定できる金利を定めた「出資法」「利息制限法」での上限金利は年20%ですので、ノーローンの金利はもちろん合法です。

ノーローンと他の消費者金融や銀行カードローンで、金利を比較してみると以下の通りとなります。

業者名 年利
消費者金融 アコム 3%~18%
SMBCモビット 3%~18%
プロミス 4.5%~17.8%
レイクALSA 4.5%~18%
ノーローン 4.9%~18%
銀行 新生銀行スマートカードローンプラス 4.5%~14.8%
バンクイック 1.8%~14.6%
ちばぎんカードローン 1.7%~14.8%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%

数字のインパクトが強い下限金利についつい目が行きがちですが、本当に注目すべきは上限金利です。

実際に何%の金利が適用されるかは審査結果を待たないと分かりませんが、新規契約者はほぼ上限金利が適用されます。

新規契約者は特に上限金利に注目すべきで、そうなると他の消費者金融とは大差がありませんが、銀行カードローンと比較すると3%ほど高金利になるので若干不利です。

無利息期間を踏まえたノーローンの金利の計算方法は?

先ほども説明したように、ノーローンは1週間無金利、完済翌月以降も何度でも1週間無金利という独自のシステムを採用しています。

7日以内で完済できれば利息は一切発生しませんが、完済が8日目以降になると当然ながら利息が発生します。

年18%の金利で10万円を30日間で完済した場合、無利息期間が適用された場合の発生する利息の計算式は以下の通りです。

10万円×18%÷365日×(30日-7日)=1,134円

一方、同様の計算方法で無利息期間が適用されない場合に発生する利息を算出すると1,479円となり、345円お得な計算となります。

ノーローンの限度額は最高300万円

ノーローンの限度額は審査によって決まり、「1万円~300万円」の範囲で決定されます。
ノーローンと他の消費者金融や銀行カードローンで、金利を比較してみると以下の通りとなります。

業者名 限度額(最高)
消費者金融 アコム 800万円
SMBCモビット 800万円
プロミス 500万円
レイクALSA 500万円
ノーローン 300万円
銀行 新生銀行スマートカードローンプラス 500万円
バンクイック 500万円
ちばぎんカードローン 800万円
楽天銀行スーパーローン 800万円

ノーローンの限度額300万円は、銀行カードローンはもちろんのこと他の消費者金融と比較しても高額ではありません。

特にアコムやSMBCモビットは最高800万円の限度額ですので、多少見劣りするでしょうが、消費者金融には総量規制が適用されます。
総量規制とは、年収の3分の1以上の貸付を禁じる決まりで、貸金業者に適用されるものです。

つまり、ノーローンで300万円の限度額を実現したければ年収900万円が必要な計算となり、なかなか実現できる人は多くありません。
そもそも、キャッシングは数十万円も限度額があれば十分ですので、ノーローンの300万円の限度額も十分な額といえます。

初回の借入希望額は50万円以下にしよう

限度額は最終的にノーローンの審査によって決定されますが、自分で希望額を提示することもできます。
ただし、初めてノーローンに申し込む人は、借入希望額を50万円以下にしておいた方が賢明でしょう。

というのも、ノーローンをはじめとした消費者金融では、

  • 限度額50万円以上

  • 他社借入金額と合わせて100万円以上

のいずれかの条件に該当する場合、収入証明書類の提出が義務付けられるからです。有効な収入証明書類は、

  • 源泉徴収票

  • 納税通知書

  • 給与明細書(直近2か月分+1年分の賞与明細書)

  • 所得証明書

  • 確定申告書

  • 年金証書

  • 年金通知書

となり、いずれも最新のものを提出しなければなりません。

提出方法自体は、スマホ・パソコン・自動契約機・郵送・FAXと多彩な方法は用意されていますが、収入証明書類の準備が面倒です。

それを避ける上でも新規申込では50万円以下の借入限度額を希望し、実績を積み上げて限度額を徐々にアップする方法をおすすめします。

ノーローンの審査難易度は?

銀行カードローンと比較するとノーローンの審査難易度は低め

ノーローンは消費者金融のため、銀行カードローンと比較するとノーローンの審査難易度は低いものと考えられますが、「他の消費者金融と比較すると審査難易度が少し高い」といった口コミもあります。

ただし、これらの口コミでノーローンの審査難易度が高いと決めつけるのは早計で、ノーローンに対する期待値との落差が、ノーローンの審査難易度が高いという口コミを生み出しています。

まずは金利の低い銀行カードローンに申し込み、銀行カードローンの審査に落ちた人が消費者金融に申し込む際、多くの人は知名度が高いアコム・プロミス・モビット・アイフルなどの大手消費者金融に申し込みます。

大手消費者金融の審査にも落ちた人は、「ノーローンならば知名度も低いし審査に通りやすいかも」と高い期待を込めてノーローンに申し込みますが、大手消費者金融とノーローンの審査基準に大差はないため、結局審査落ちします。

このように、ノーローンに過剰な期待を寄せてしまうがために、ノーローンに審査落ちした人が「他の消費者金融と比較すると審査難易度が少し高い」と感じてしまうのです。

レイクALSAの審査に落ちるとノーローンの審査にも落ちる可能性が高い

同じ新生銀行グループである「新生銀行スマートカードローン プラス」「レイクALSA」に申し込んだが審査落ちした人は、ノーローンの審査にも落ちる可能性が高いです。

というのも、ノーローンの契約条項の中には以下のようなことが記載されているからです。

「新生銀行グループが前項の利用目的の範囲内で利用するために、法令の範囲内で共同利用することがあります」

つまり、過去に「レイクALSA」「旧新生銀行カードローンレイク」「新生銀行スマートカードローンプラス」など、新生銀行が提供するローン商品で金融事故の経験がある人は、金融事故の情報も共同利用されるためにノーローンの審査にも落ちる可能性が非常に高いです。

ちなみに、審査落ちも金融事故として扱われるためノーローンの審査落ち直後に他のカードローンに申し込もうとしても、審査落ちしてしまいます。

特に、新生銀行グループの企業が保証会社を担当する他社のカードローンでは、些細な金融トラブルでも審査落ちにつながりますので、注意しましょう。

信用保証会社について詳しくはコチラ▼▼

信用情報を扱うCICとは?審査が不安なら自分の情報を開示してみよう!

要確認!JICC(日本信用情報機構)でのおすすめ開示法&開示書の見方

全国銀行個人信用情報センター(JBA・KSC)とは?どんな役割をしているの?


カードローン・キャッシングの審査について詳しくはコチラ▼▼

カードローンの審査基準は?借りれる・借りれないは何で決まる?

審査が不安ならノーローンのお試し診断を利用しよう

他の大手消費者金融で採用されており、少ない入力項目で大まかな審査通過の可否を判断できる「お試し診断」ですが、ノーローンのホームページにもあります。

  • 年齢

  • 税込年収

  • 他社利用件数

  • 他社利用金額

  • 他社への返済遅れの有無

の5項目を入力するだけで、大まかな審査結果の可否が分かるのです。
試しに入力してみると、以下のような結果になりました。

Aさん Bさん Cさん Dさん Eさん
年齢 20歳 65歳 45歳 50歳 40歳
税込年収 100万円 100万円 300万円 400万円 0万円
他社利用件数 1件 2件 4件 1件 0件
他社利用金額 10万円 20万円 100万円 200万円 0万円
返済遅れ なし なし あり なし なし
結果 ×

お試し診断の結果はあくまでも目安ですので、同じ状況の人が同じ審査結果に実際なるとは限りません。
ただし、審査の傾向として年収と他社借入が大きく影響しており、特に他社借入件数が大きな影響を与えていることが分かります。

ノーローンの申込みから借入の手順

ノーローンの申込条件

まずは、自分がノーローンの申込条件を満たしていなければなりませんが、ノーローンの申込条件は以下の通りです。

  • 20歳から70歳まで

  • 安定した収入がある(パート・アルバイト・主婦の方でも安定した収入がある場合は申込可能)

銀行カードローンなどは65歳を申込の上限年齢としているところが多いですが、ノーローンは70歳まで申込可能なので、年金だけでは少し苦しい人にもおすすめです。

アルバイトやパートをしている主婦であれば申し込み可能ですが、専業主婦は申込できませんので注意しましょう。

ノーローンの必要書類

ノーローンに申し込むには本人確認書類が必要ですが、基本的には「運転免許証」が有効です。
運転免許証に記載されている住所と現住所が異なる場合は、

  • 国税または地方税の領収書または納税証明書

  • 公共料金(電気・都市ガス・水道・固定電話・NHK)の領収書

  • 官公庁発行の本人特定記載事項が記載された各種証明書類(住民票等)

  • 社会保険料の領収書

を合わせて用意しましょう。
運転免許証を持っていない場合も、

  • パスポート

  • 個人番号カード

  • 住基カード

  • 在留カードまたは特別永住者証明書(外国籍)

を用意してください。
健康保険証でも有効ですが、健康保険証を本人確認書類として利用する場合には、

  • 国税または地方税の領収書または納税証明書

  • 公共料金(電気・都市ガス・水道・固定電話・NHK)の領収書

  • 官公庁発行の本人特定記載事項が記載された各種証明書類(住民票等)

  • 社会保険料の領収書

のいずれかの書類の原本を用意しましょう。
また、ノーローンで50万円以上の借入を希望の場合、他社と合わせて100万円以上の借入を希望の場合は収入証明書類として、

  • 源泉徴収票

  • 納税通知書

  • 確定申告書

  • 所得証明書または給与明細書[直近2か月分+1年分の賞与明細書]

を用意してください。
ノーローンの申込方法は、「インターネット」「自動契約機」「電話」の3通りがありますので、以下でそれぞれの申込方法における申込の流れを説明しましょう。

ノーローンのインターネット申込の手順

  1. PC・スマホ・ガラケーから申し込む(24時間申し込み可能)

  2. 申込意思の確認が電話で行われる

  3. 審査結果がメールまたは電話で送られてくる(年末年始を除く9時~20時30分)

  4. レイクALSAの自動契約機へ行くか、郵送で契約をする

自動契約機で契約する場合には、本人確認書類を持参すれば自動契約機でスキャンしてその場でローンカードが発行され、併設のATMを使ってすぐにキャッシングが可能です。

郵送契約の場合には、自宅に契約書とローンカードが送られてくるので、必要事項を記入し本人確認書類のコピーを同封の上で返送します。

即日振込サービスも利用可能ですが、当日12時30分まで(楽天銀行口座がある場合は当日17時まで)に審査通過をしていなければなりません。

ノーローンの自動契約機申込の手順

  1. レイクALSAの自動契約機へ必要書類を持参の上で来店し、タッチパネルを使って申し込む

  2. その場で審査結果並びに借入限度額が知らされる

  3. その場で利息・返済日・返済方法などの説明を受けて契約書に記入する

  4. その場でカードが発行されて併設のATMを使ってすぐにキャッシングが可能

自動契約機の営業時間は土日祝日を含む8時45分~21時(第3日曜日は19時まで)ですが、即日キャッシングを希望する場合は20時30分までに来店の上で申込手続きを完了させてください。

ノーローンの電話申込の手順

  1. 「0120-394160」または「0120-373081」(女性専用)に電話する

  2. オペレーターに氏名・生年月日・住所や希望額を伝える

  3. 審査結果が電話口で知らされる(年末年始を除く9時~20時30分。ホームページの審査状況確認ページでも確認可能)

  4. レイクALSAの自動契約機へ行くか、郵送で契約をする

  5. その場でカードが発行される(郵送契約の場合は契約書と一緒にカードが郵送されてくる)

  6. 自動契約機に併設されているATMでキャッシング可能

契約方法や即日振込サービスの詳細については、インターネット申込の場合と変わりありません。

ノーローンで電話での在籍確認はあると思った方が良い

ノーローンのホームページを見ると、「ご自宅およびお勤め先にお電話をさせていただきます」との記載があるので、ノーローンの審査の際には電話での在籍確認はあると思った方が良いでしょう。

在籍確認は、申込書に記載した勤務先に実際に勤めているかを確認するためのれっきとした審査ですので、それを省略することは基本的にありません。

ただし、最近では個人情報保護の観点から、従業員の在籍確認を拒否する企業も増えてきているため、自分で在籍確認の電話に出られない人は申込後にノーローンに相談すると、電話以外の方法で在籍確認することを認めてくれるかもしれません。

審査落ちを防ぐ在籍確認の方法とは?電話のタイミングや審査通過のポイント

「即日お振込みサービス」を使えば審査通過後すぐに振り込んでもらえる

レイクALSAの自動契約機で契約をしないと、その場でローンカードが発行されないのですぐにお金を借りようと思っても借りられません。

しかし、ノーローンではインターネット・電話からの「即日お振込みサービス」を実施しており、審査通過の見込みがある人はカード到着を待たず、指定口座にお金を振り込んでもらえます。

インターネットから即日お振込みサービスを利用する流れは、以下の通りです。

  1. ノーローンに申し込む

  2. 審査結果(見込み)がメールなどで連絡される

  3. 審査状況確認ページから利用可能額(見込み)を確認して、「即日お振込みサービスを利用する」をクリック

  4. 希望額・口座情報・希望返済日などの必要事項を入力する

  5. 振込完了

電話から即日お振込みサービスを利用流れは、以下の通りです。

  1. 電話(0120-394160または女性専用ダイヤル0120-373081)でノーローンに申し込む

  2. 平日9時~20時の間に審査結果が電話で連絡される

  3. 希望額・口座情報・希望返済日などの必要事項を口頭で伝える

  4. 振込完了

電話でノーローンに申し込みできるのは9時~21時(第3日曜日は~19時)ですが、審査結果の連絡があるのは平日9時~20時の間です。

また、即日お振込みサービスを利用する際には、事前に本人確認書類の提示を行なう必要があります。

楽天銀行の口座を持っている人は平日17時、それ以外の人は平日12時30分までに即日お振込みサービスが完了すると、その日のうちに振り込まれます。

ノーローンの借入方法

ノーローンでお金を借りるには、

  • インターネット

  • 提携金融機関CD・ATM

  • 電話

という3種類の方法があり、自分の都合に合わせて利用者は好きな借入方法を選択できます。

インターネットで借入

スマートフォン・パソコン・タブレット端末・ガラケーなどインターネットに接続できる回線があれば、いつでもどこからでも借入の申込を行なうことができます。

「リアルタイム融資」で借入

楽天銀行の口座を持っている人は、土日でも夜間でも24時間いつでもリアルタイムに借入ができる「リアルタイム融資」を利用可能です。

リアルタイム融資を利用するには、楽天銀行の口座を登録してから手続きをすることになりますが、手順は以下のようになります。

  1. ノーローン会員ページにログインする

  2. ページ内「リアルタイム取引口座の登録・変更」をクリックする

  3. 楽天銀行の口座情報を入力する

  4. 入力内容の確認・実行を行ない、リアルタイム取引口座の登録が完了

  5. 会員ページ内「リアルタイム融資」をクリックする

  6. 融資金額を入力して実行

  7. 手続きが完了し、送金処理が完了するとノーローンより確認メールが届く

インターネットで借入

楽天銀行の口座がない人でも、インターネットで事前に口座登録をして申し込めば、利用客が指定した金融機関の口座に借入金を振り込んでもらうことが可能です。

ただし、受付時間によって振り込まれる時間が以下のように異なり、振込口座の金融機関によって実際に振り込まれる時間は多少異なりますので、注意しましょう。

曜日 受付時間 振込の実施時間
平日 0時~10時 当日11時頃まで
10時~13時 当日14時30分ごろまで
13時~24時 翌営業日11時頃まで
土日祝 0時~24時 翌営業日11時ごろまで

提携金融機関CD・ATMで借入

レイクALSAのATMだけでなく、銀行・コンビニ・信販会社・ショッピングセンターなどのCDやATMでも、ノーローンの借入ができます。

提携金融機関CD・ATMで借入する際の注意点

レイクALSAのATMを使えば手数料無料で借入できますが、それ以外の提携金融機関CD・ATMで借入・返済する場合は下の表の通り手数料がかかりますので、注意してください。

取引内容 取引金額
1万円以下 1万円超
借入(出金) 108円 216円
返済 108円 216円

CD・ATMの営業時間も各社によって異なり、下の表の主なCD・ATMの取扱時間を見ても、かなりばらつきがあり、ショッピングセンター内に設置されているCD・ATMはショッピングセンターの営業時間に準じているので確認が必要です。

会社名 取扱時間
レイクALSA 7時30分~23時30分
セブン銀行 0時10分~23時50分
セゾンカード 7時~23時50分(第3日曜日は~20時)
福岡銀行 8時~21時(第3日曜日は~20時)

電話で借入

お問い合わせダイヤル(0120-170024)に電話をすれば、本人名義の指定金融機関口座に振込をしてくれます。
インターネットは使えないがATMに行くのは面倒という方に便利です。

ノーローンの返済方法

ノーローンで借りたお金の返済方法は、24時間365日、いつでもどこからでも返済の申込が可能です。

  • リアルタイム返済(インターネット返済)

  • 提携金融機関のCD・ATM

  • 自動引き落とし(口座振替)

  • 口座振込

の4種類があり、自分で好きな返済方法を選ぶことができます。
さらに、返済日も自分で任意の日を選択できますので、給料日直後など最もお金の余裕のある日を返済日に指定すれば、より確実な返済が可能です。

返済に伴う手数料がかかりませんので、少しでも支払うお金を少なくしたい人に向いています。

リアルタイム返済(インターネット返済)

ノーローンは料金支払いをネット上で行なえるサービス「ペイジー」に対応しているため、ノーローンが指定するリアルタイム返済が可能なインターネットバンキングの口座を持っていれば、パソコン・スマートフォン・タブレット端末・ガラケーなどから金融機関の営業時間外でも24時間365日、どこからでも返済できます。

メガバンク(三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行)、地方銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、ネット銀行(ジャパンネット銀行・楽天銀行)など、全国のほとんどの金融機関で利用可能です。

リアルタイム返済(インターネット返済)は手数料がかかりませんので、少しでも支払うお金を減らしたい方にはぴったりな返済方法といえます。
ノーローンでのリアルタイム返済(インターネット返済)の手順は、以下の通りです。

  1. ノーローンの会員ページにログインする

  2. ページ内の「リアルタイム返済」をクリックする

  3. 各金融機関のインターネットバンキングサイトにログインする

  4. 各金融機関のインターネットバンキングサイトにしたがって返済手続きを行なう

  5. 手続きを完了させてノーローンが返済を確認すると、確認メールが届く

提携金融機関CD・ATMで返済

借入と同様、レイクALSAのATMだけでなく、銀行・コンビニ・信販会社・ショッピングセンターなどのCDやATMでも、ノーローンの返済ができますので、インターネットバンキングを持っていない人、思い出した時にすぐ返済したい人には重宝します。

ただし、借入の時と同様に返済の時も、レイクALSA以外のATMから返済しようとすると、返済金額に応じて108円~216円の手数料がかかります。
CD・ATMの営業時間もばらつきがありますので、事前に確認しておくのがいいでしょう。

また、レイクALSA以外の提携金融機関CD・ATMで返済する際には、ノーローンのカードがないと返済できませんので、カードを忘れないでください。

なお、硬貨での返済は受け付けていません。返済は1000円単位となりますが、完済の際に1000円未満の端数を清算できるかどうかは会社によって異なります。清算できるとしてもその方法(端数をお釣りで返却、振込で返却、次回キャッシング時に清算)は会社によって異なるので、注意しましょう。

自動引き落とし(口座振替)で返済

利用客が指定した銀行口座より毎月自動で引き落としをする方法で、返済のためにATMに行く時間がない人、返済をうっかり忘れそうな人に便利です。

他の返済方法では返済日を自分の希望日にできますが、自動引き落とし(口座振替)は毎月6日・26日(金融機関休業日の場合は翌営業日)しか返済日を選べません。
また、自動引き落としを希望する際には事前の手続きが必要ですが、ノーローンには有人店舗がなく、レイクALSAのATMやインターネットからは手続きできず、お問い合わせダイヤル(0120-170024)への電話が必要です。

お問い合わせダイヤルは、オペレーター通話は平日9時~18時、自動音声サービスは24時間(毎週月曜日・木曜日の0時~2時、第3日曜日の19時~翌月曜日の8時を除く)受け付けています。

口座振込で返済

ノーローンが指定した口座に振込をする方法で、ノーローンの返済用口座の情報はお問い合わせダイヤルで確認できます。
ただし、振込手数料は利用者負担で、振込方法によっては高額な手数料がかかります。

また、金融機関の営業時間外に振込をしても、それがノーローンの口座に反映されるのは翌営業日となりますので、利息を減らしたい人や急ぎの返済の人には向きません。

ノーローンの最低返済額は?

ノーローンの返済方式は「残高スライドリボルビング方式」で、毎月の返済額が借入残高と契約時の利用限度額によって、以下のように決まります。

借入残高 契約時の借入限度額
30万円以下 30万円超~100万円 100万円超
10万円以下 4000円 3000円 3000円か2000円
10万円超~20万円まで 8000円 6000円 6000円か4000円
20万円超~30万円まで 1万2000円 9000円 9000円か6000円
30万円超~40万円まで 1万2000円 1万2000円か8000円
40万円超~50万円まで 1万5000円 1万5000円か1万円

契約時の借入限度額が100万円超では最低返済額が2種類ありますが、審査によっていずれかの最低返済額に決定されます。

表を見てみると、借入残高が多いほど最低返済額は高額になり、同じ借入残高でも契約時の借入限度額が高額な人ほど最低返済額が少なくなります。

ノーローンの返済日について

先ほども説明したように、自動引き落とし(口座振替)以外の返済方法を選択すると、返済日(約定返済日)は利用者が自由に決めることができます。
約定返済日がノーローンの休業日(土日祝日・年末年始)にあたる場合は翌営業日が約定返済日です。

ただし、約定返済日前であればいつでも返済してOKというわけではありません。
返済のタイミングによって、返済の取扱が以下のように異なるからです。

  • 約定返済日の16日以上前に返済→前月分の追加返済

  • 約定返済日の15日前~約定返済日当日→約定返済

追加返済は「繰上返済」とも呼ばれており、最低返済額以上の返済をすることで発生する利息を減らす効果があります。

しかし、約定返済日の16日以上前にいくら多額の返済を行なっても、約定返済日に返済を行なわないと遅延扱いとなり所定の遅延損害金が発生しますので、最低返済額については約定返済日の15日前まで待ってから返済するようにしてください。

約定返済日の3日前にメールで知らせるサービスもありますので、忘れないためにも利用するといいでしょう。

ノーローンが利用できるATM一覧

ノーローンで借入・返済が可能なCD・ATMは以下の通りです。

会社名 借入 返済 端数清算 取扱時間
レイクALSA 7時30分~23時30分
セブン銀行 0時10分~23時50分
イオン銀行 0時20分~23時40分
イーネット × 7時~23時40分
ローソン銀行 × 7時~23時
セゾンカード 7時~23時50分
(第3日曜日は~20時)
愛知銀行 × 8時~21時
(第3日曜日は~20時)
熊本銀行 × 8時~21時
(土日祝日は~19時)
山陰合同銀行 × 7時~23時40分
(第3日曜日は~20時)
親和銀行 × 8時~21時
(第3日曜日は~20時)
スルガ銀行 × 0時30分~21時
(第3日曜日は~20時)
第三銀行 7時~23時
(日曜日は~19時)
東京スター銀行 × 0時20分~23時40分
(第3日曜日は~20時)
西日本シティ銀行 × 7時~23時
(第3日曜日は~20時)
広島銀行 × 8時~21時
(第3日曜日は~20時)
福岡銀行 × 8時~21時
(第3日曜日は~20時)

端数清算欄の表示の意味は、以下の通りです。

○:端数をお釣りで返済
△:端数は一時預かりで、「振込で返却」「次回キャッシング時に清算」のいずれかで対応
×:端数清算不可
-:返済不可のCD・ATM

お得に返済できるノーローンを最大限活用しよう

ノーローンは計画的な利用でポイントが貯まり、申込・借入・返済の方法がたくさん用意されていますので、利用者は自分の都合に合った方法を選択できます。

消費者金融であるノーローンは金利が若干高いものの、70歳まで申し込めて審査難易度も銀行カードローンと比べれば高くありません。
そして、何度でも1週間無利息でお金を借りられるのは、他にはないノーローンだけのメリットです。

このように、ノーローンは利用客にとって選択肢が多く使いやすい消費者金融ですので、銀行カードローンや大手消費者金融だけでなく、ノーローンも選択肢に入れるといいでしょう。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.