カリテミオトップページ > プロミス > 内緒で借りられる!学生にもプロミスのカードローンがおすすめな理由

内緒で借りられる!学生にもプロミスのカードローンがおすすめな理由

更新日:

公開日:2019.3.25

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

学生でも急にお金が必要になるケースは多く、アルバイトをできる時間も限られているため、いざというときにはカードローンの力を借りないといけないケースもあるかもしれません。

しかし学生は収入があったとしても、アルバイト等での収入に限られるため「カードローンに申し込んでも審査に通らないのでは?」と思っている方も多いです。

そこで今回はプロミスのカードローンを例に、学生でもカードローンの利用は可能かという点について詳しく解説していきたいと思います。

この記事はこんな人にオススメ!

  • 学生でもプロミスのカードローンに申し込んだ場合、審査に通るの?

  • プロミスのカードローンでお金を借りれらなかった時には、他に借りられるところはあるの?

プロミスの基本スペック

まず学生がプロミスを利用できるかどうかをお伝えする前に、プロミスの基本的なスペックからご紹介していきます。

下記は、プロミスのカードローンの商品概要の中から大切な部分だけをピックアップした表です。

この表を見ると「学生は利用不可」という文言は一切ありませんので、プロミスは基本的に学生でも利用できることになります。

ただし、全ての学生が利用できる訳ではなく、一定の条件を満たした学生だけが申し込めます。

※利用できる学生の条件については、このあと詳しく解説します。

カードローンの種別 極度型ローン
(消費者金融カードローンなので総量規制対象)
融資限度額 500万円まで
契約額 申込者の希望金額の範囲内で、かつプロミスの審査で認められた額まで借り入れが可能(例:申込者が希望額30万円で申し込んでも、審査の結果10万円までしか借りられない事もある)
実質年率 年4.5%~17.8%
返済方法 残高スライド元利定額返済方式でATMや口座振替、振込等にて返済(インターネット返済も利用可能)
利用できる人の条件 齢20歳以上、69歳以下で、本人に安定した収入があること
借りたお金の使い道 生活費に限る(事業用資金や投機目的の使用は不可)
保証人や担保 不要
申し込める場所 公式WEB、自動契約機、プロミスの店舗、三井住友銀行の契約機、電話

プロミスのカードローンは学生でもOK!ただし条件が2つある

では、ここからは学生がプロミスに申し込む場合の「必須条件」について詳しく解説します。

学生がプロミスに申し込む場合、以下の二つの条件を満たしている必要があります。

もし下記の2つの条件を満たしていない場合、仮にプロミスに申し込んだとしても審査さえも行なってくれませんので、以下の条件は必ずおさえておきましょう。

プロミスの申し込み条件

学生がプロミスに申し込む場合に満たしておくべき「二つの条件」とは何なのか、詳しくお伝えしていきます。

①年齢が20歳以上である事

一つ目は「申込者が満20歳以上であること」という点です。

この条件を聞いて「19歳だけど、20歳以上の人より収入はあるし問題はないんじゃないの?」と思う方もいらっしゃると思います。

たしかにカードローンの利用条件において「未成年者は利用不可」という法律は存在しません。

それを証拠に、20歳未満の人でも利用できるローンはいくらでもあります。
しかし、その一方で民法では

「未成年が親の承諾なしに契約行為を行なった場合、契約者からの申し出があれば契約を白紙に戻さないといけない」

という法律も存在します。
そのため、プロミスも未成年者とカードローンの契約を結んだあとの種々のトラブルを避けるため、最初から「未成年は利用できない」というルールを設けています。

ちなみに、この「未成年者利用不可」のルールはプロミスだけではなく、アコムやレイクアルサ、さらにはアイフルなどの大手消費者金融カードローンには全て適用されているルールです。

②安定した収入がある事

二つ目の条件は「申込者の学生本人に安定した収入があること」という点です。

安定した収入と聞くと、正社員がもらっているような毎月数十万円程度の給料が必要なのかと思ってしまいがちです。

しかし、プロミスが審査時に重要視するのは給料の手取り額ではなく、「毎月定期的に収入が入ってくるか?」という点です。

したがって、学生でもアルバイトで毎月数万円程度の給料をもらっていれば、それだけで「安定した収入がある」ということになります。

逆に、学生で収入があったとしてもギャンブルで収入を得ていたり、日雇いのアルバイトなどで毎月定期的な収入が見込めない場合、カードローンに申し込んだとしても審査落ちしてしまう可能性が非常に高くなります。

プロミスとしては、お金を貸した相手に返済能力があるか?という点を厳しくチェックしますので、学生でもアルバイト収入が毎月入ってくる人であればプロミスの審査に合格できる可能性は高くなります。

未成年でお金を借りたい場合はコチラ▼▼

18歳、19歳、20歳未満の未成年がお金を借りる方法は?

学生にもプロミスがおすすめな理由!

ここまででプロミスの基本的なスペックや、「プロミスは20歳以上で収入のある学生なら申し込むことができる」という点はご理解いただけたかと思います。

ただ「20歳以上で収入があれば申し込める」という条件は、なにもプロミスに限ったことではなく、他社の大手消費者金融でも条件は同じです。

では、学生が他社ではなくプロミスを利用すべきおすすめポイントはなんなのか、いくつかご紹介したいと思います。

30日間の無利息サービス期間がある

一つ目は「30日間の無利息サービス期間がある」という点です。

この点は他社カードローンも同じようなサービスを提供していますが、プロミスでもカードローンの初回契約者に対しては30日間の無利息キャッシング期間が設定されています。

そのため、「アルバイトの給料日まであと一週間」というタイミングでお金が必要になったとしても、この無利息サービスを利用してお金を用意し給料が入ったタイミングですぐに返済すれば、実質利息負担なしでお金を借りることが可能です。

カリテミオのポイント!

ただし、プロミスの無利息サービスにはひとつだけ注意点があります。

それは、プロミスの無利息期間はプロミスのカードローンからお金を借りた日からカウントが始まるのではなく、「契約した翌日から無利息期間がスタートする」という点です。

そのため、仮にプロミスと契約してから1ヶ月間全くお金を借りずにいると、無利息期間は終了してしまい、二度とその恩恵を受けることはできません。

したがって、プロミスを契約したあとはすぐにお金を借り、無利息期間が終了する前に速やかに返済するのがプロミスをうまく活用するポイントです。

最短1時間融資で審査受付時間も長い!

二つ目のおすすめポイントは、プロミスのカードローンは「即日審査」「即日融資」が可能という点です。

銀行カードローンの場合、2018年以降は即日融資が不可能となっていますので、その点で言えば急ぎでお金が必要!という場合はプロミスのカードローンは特におすすめです。

なおプロミスの場合、申し込んでから最短30分で審査結果が出ますし、そのあとの手続きを含めても融資開始までは1時間程度をみておけば大丈夫です。

また、以下の方法を使えば申し込んだその日にキャッシングすることも可能です。

プロミスカードローン契約後の
借入れ方法
即日借り入れのポイント
振り込みキャッシング ・平日14時までに契約を完了し、振り込みキャッシングを依頼する。

・ジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座を持っていれば、原則24時間最短3分振り込みキャッシングが利用できる。
ATMでのキャッシング ・自動契約機でプロミスに申し込み、その場で発行されたカードでATMからキャッシングする。(自動契約機は21までに申し込むことがポイント)
アプリローンでのキャッシング ・アプリローンで申し込み、セブン銀行ATM(セブンイレブン等に設置)でカードレスでキャッシングする。

周りに内緒で借入ができる

三つ目のおすすめポイントは、「親やアルバイト先に秘密でカードローンを契約できる」という点です。

なお、カードローンの利用が家族や職場にバレるポイントはいくつかあります。参考までに、以下の表に

「カードローンの利用がバレる原因」
「プロミスの場合なぜ内緒で利用できるのか?」

という点を整理しておきましたので、参考にしていただければと思います。

カードローンが家族や同僚にバレるケース プロミスはなぜバレないか?
①契約書や明細書が郵送され、親にバレる。 WEB明細の登録をしておけば、基本的に自宅には何も郵送されない。(※延滞した場合は督促状が発送されるので注意)
②申込時に確認の電話が自宅に入りバレる。 申込時の連絡先電話番号を自分の携帯番号にしておけば実家にかかってくることはない。
③アルバイト先にかかってくる在籍確認の電話でバレる。 プロミスの在籍確認は必ず個人名で電話が入り、同僚には用件も伝えないルールなのでバレる事はない。

スマホだけで24時間借入・返済ができる

四つ目のポイントは、「スマホだけで、申し込みから借り入れでまでを完結できる」という点です。

先ほどの表でもお伝えしましたが、プロミスにはアプリローンという申し込み方法があります。

この申し込み方法を使えば、アプリ上で申し込みから必要書類の提出まで全て完了させることができます。

また、契約完了後はそのアプリをダウンロードしたスマホをセブン銀行ATMに持ち込めば、カードがなくても時間を気にせず24時間キャッシングができます。

さらに、プロミスのアプリにはポイントやクーポンなども配信されてきますので、ファーストフード店などさまざまなシーンでお得に利用できる点は魅力のひとつです。

プロミス申込みから融資を受けるまでの流れ

では、ここからはプロミスのカードローンの申し込みから融資を受けるまでの「手続きの流れ」について、詳しく解説していきます。

以下がプロミスカードローンの申し込みからキャッシングまでの流れになります。
特に学生がプロミスを利用するうえで注意すべきポイントを、わかりやすくまとめておきましたので参考にしていただければと思います。

申し込みや借り入れの流れ
(スマホからの申し込みの場合)
学生が注意すべきポイント
1.スマホの公式WEBから必要事項を入力して申し込む ・連絡先は自分の携帯にする(親バレを防ぐため)

・必要事項の誤入力に注意する。
2.プロミスの担当者から申し込み確認の電話が入る ・すぐに電話に出られるよう、授業中やアルバイトの時間を考えて申し込む。
3.運転免許証やパスポートなどの必要書類をスマホからアップロードする。 ・撮影時の手ブレに注意し、鮮明に撮影する。

・下宿先の住所と免許証記載の住所が同じか確認する。(相違している場合は、別途書類の提出が必要)
4.ここまでの審査で問題なければアルバイト先に在籍確認の電話が入る。 ・アルバイト先が飲食店などの場合は、電話がつながりやすい時間をオペレーターに伝えておく。
5.審査回答の連絡が入る。 ・常に電話がとれるようにしておく。
6.契約完了
7.振り込みキャッシングかATMでキャッシングする。

担当者からの電話って何?

つぎに、以上の手続きの流れの中で「初めてプロミスに申し込む人」が特に不安に感じる点について、詳しくお伝えしておきたいと思います。

一つ目は、「プロミスの担当者からの電話」についてです。

プロミスのカードローンに申し込んだ場合、基本的にはプロミスの審査担当者から本人宛に電話連絡が入ります。

カードローンの契約が初めての場合少々緊張する瞬間ではありますが、この電話連絡は「本人確認」と「申し込みの確認」という二つの確認が目的ですので、特に心配する必要はありません。

電話の内容は「カードローンを申し込んだ本人に間違いがないか?」「生年月日などは間違いないか?」などが聞かれるだけで、電話は2~3分で終了します。

ただし、プロミスから電話が入った時点で授業中やアルバイト中などで電話に出られない…という事態が発生すると、そこで審査は保留されてしまいます。

そのため上記の表でもお伝えした通り、プロミスのカードローンに申し込む際は学校が休みの日やアルバイトをしていない時間帯など、比較的電話が取りやすい時間帯に申し込むことをおすすめします。

どんな書類が必要なの?

つぎに、プロミスカードローンの「申し込みに必要な書類」についてです。

基本的に、プロミスのカードローンに申し込む場合は本人確認書類が必須となります。

プロミスに申し込む場合、公式WEBや自動契約機など「プロミスの店員と会わない方法」で申し込む方がほとんどです。

したがって、そのような遠隔審査でスムーズに審査してもらうためには「本人顔写真付きの確認書類」を用意しておくことをおすすめします。

ちなみに、プロミスで本人確認書類として認められているのは主に以下の4つの書類です。

  • 運転免許証(本人顔写真付き)

  • パスポート(本人顔写真付き)

  • マイナンバーカード

  • 
  • 国民健康保険証

マイナンバーが記載されている本人確認書類または収入証明書類などを提出する際は、マイナンバーが記載されている箇所を見えないように加工して、提出することになります。

なお、以上の書類をどれも持っていないという場合は、住民票や公共料金の領収書などの補助書類を複数枚提出することで必要書類として認めてもらえる場合もあります。

したがって、もし運転免許証やパスポートなどを持っていないという場合は、どの本人確認書類を用意すべきなのか、事前にプロミスのオペレーターに相談してみることをおすすめします。

在籍確認の電話とは?

つぎにアルバイト先にかかってくる「在籍確認の電話」についても、不安になる方が多いようです。

この点もプロミスの在籍確認は必ず個人名で電話が入るルールになっています。
そのため、在籍確認の電話があったとしても周囲にプロミスの利用がバレることはありません。

たとえばアルバイト先に在籍確認の電話が入った場合、以下のような会話の流れになります。

プロミスの審査担当者:「ヤマダと申しますが、田中さんはいらっしゃいますでしょうか?」

アルバイト先の同僚:「田中は出勤しておりますが、現在接客対応中ですので電話に出ることができません」

プロミスの審査担当者:「かしこまりました。では又あらためさせていただきます」

以上の会話の流れでわかる通り、プロミスの審査担当者が在籍確認の電話で確認したいのは「申込者が勤務先で本当に働いているか?」という点だけです。

そのため以上の会話のように勤務していることが確認できれば、それ以上の会話が行なわれることはありません。

また、電話の最後に「またあらためさせていただきます」という言葉で電話を切るケースが多いようですが、在籍確認が完了した後は再び職場に電話が入るようなことはありませんので安心してください。

ポイント!

いくら在籍確認が個人名で電話が入ると言っても、同僚から「さっきの電話は何?」と聞かれて消費者金融カードローンの利用を疑われることもあるかもしれません。

そのような時には「クレジットカードに申し込んだので、その在籍確認の電話が入ったんです」と適当に言い訳をしておけば怪しまれることはありません。
職場に在籍確認の電話が入るのは、何もプロミスに限ったことではありません。

クレジットカードの審査時には在籍確認の電話が入ることもありますし、マイカーローンを契約した場合も在籍確認の電話はかかってきます

そのため、もし同僚から怪しまれるのが嫌なら「クレジットカードを申し込んだので電話が入るかもしれないからその時はよろしくね」と、事前に伝えておくことをおすすめします。

ちなみに、カードローンの中には電話での在籍確認がないカードローンもあります。詳しくは下記の記事でもご紹介していますので、一度ご覧いただければと思います。

【完全版】電話連絡なしのカードローン・キャッシングはここだ!

学生とプロミスのカードローンに関するQ&A

また、学生がプロミスのカードローンを利用する場合によくある質問と答えについてもご紹介しておきたいと思います。

プロミスで借りた場合、親に連絡が入るような事はありませんか?

プロミスが親に電話をすることは、基本的にありません。

プロミスと契約しているのはあくまで20歳以上の学生本人で、お金を借りるのも返済するのも「契約した学生本人」ですので親は全く関係ありません。

ただし返済が1ヶ月以上遅れた場合は、自宅に督促状が送られてきます
したがって、親と同居している学生は注意が必要です。

学生の場合、いくら位まで借りられますか?

プロミスは消費者金融カードローンですので、年収の1/3以上はお金を借りることができない「総量規制の対象」となります。

したがって、例えば毎月5万円程度のアルバイト収入があり年収が60万円とすると、プロミスから借りられるのは最大20万円までということになります。

ただプロミスとの契約が初めての場合、最初から総量規制ギリギリまで借り入れができるか?と言うと実はそうではありません。

プロミスとの契約が初めての場合の限度額は、おおむね年収の10%~15%程度の額が設定されることが多いようです。

たとえば年収が60万円の場合、限度額は5万円~10万円となるケースが多い です。

学生証を提出する必要はありますか?

消費者金融カードローンの中には学生専用ローンもあり、学生専用ローンの中には学生証の提出を必須としているところもあります。

しかし、プロミスは学生専用ローンではありませんので、基本的に運転免許証やパスポートなどがあれば学生証をわざわざ提出する必要はありません

ただ運転免許証やパスポートなどを持っていない場合は、本人確認書類として学生証を使うことは問題ありません。

安定した収入ってどれくらいの額があれば大丈夫ですか?

プロミスの審査で重要視されるのは収入の額ではなく「毎月きちんと給料が入ってくるか?」という点です。

そのため、毎月5万円程度しか収入がなかったとしても、審査で問題がなければプロミスのカードローンは利用できます。

ただし、プロミスで重要視されるのは“安定しているかどうか?”という点です。

したがって、いくらアルバイトをしていたとしても日雇いのバイト先だったり、アルバイトし始めてから6ヶ月未満の場合などは審査落ちしてしまう可能性は高くなります

なお、どうしてもプロミスのカードローンを利用したいなら、同じアルバイト先で6ヶ月以上勤務継続してから申し込まれることをおすすめします。

奨学金を借りていてもプロミスは利用できますか?

奨学金を利用していたとしても、プロミスの審査に通る可能性は十分にあります。

奨学金は「お金を借りている」という事になるのですが、奨学金の返済が始まるのは卒業してからです。
したがって、在学中の学生の場合は特に問題にならないケースが多いようです。

プロミスのカードローンが利用できなかったらどうする?

最後に、プロミスのカードローンの審査に申し込んではみたものの、なんらかの事情で審査落ちしてしまった場合の対処方法についてもご紹介しておきます。

中小消費者金融の学生ローンを利用する

一つ目は、学生専用のローンを利用するという方法です。
ただし全国からインターネットで申し込みができる学生ローンと、わざわざ店舗に行かないといけない学生ローンがあります。

なお、学生ローンを取り扱っているほとんどの中小消費者金融は東京に集中しています。
そのため、東京以外の地方都市に住んでいる学生の方には正直おすすめできません。

学生でもお金を借りる事ができる「学生ローン」ってなに?

クレジットカードのキャッシング枠を再度確認する

二つ目は、クレジットカードのキャッシング枠をもう一度確認するという方法です。

学生が持っているクレジットカードの場合、ショッピング枠しか設定されていないというケースも多々あります。

しかし中には申込時にある程度のアルバイト収入があって、キャッシング枠も設定していたことを忘れていたというケースもあります。

クレジットカードのキャッシング枠を利用すれば、10万円程度ならキャッシングできる可能性もあります。

また、金利も15%~18%とプロミスとほぼ変わりませんので、返済負担が重くのしかかることもありません。

クレジットカードのキャッシング枠と消費者金融のカードローンを比較してみた!

クレジットカードのキャッシング枠を追加・増額したい!ー審査や収入証明書などー

日払いバイトなどでしのぐ

三つ目の方法は、日払いバイトなどでなんとかしのぐという方法です。

カードローンを検討しているということは、すでにバイトの収入を使い果たしたか、希望のアルバイト先が見つからないというケースがほとんどかもしれません。

しかし、日払いバイトを探せば即日で給料がもらえるアルバイトもあります
拘束時間さえ我慢すれば、日給で15,000円程度稼げるアルバイトも少なくありません。

プロミスのカードローンが学生におすすめ!まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はプロミスのカードローンの概要や、このカードローンがなぜ学生におすすめなのかという点を詳しく解説しました。

たしかに学生でも飲み会やサークルの旅行など、急ぎでお金を用意しないといけないシーンは多々あるかと思います。

しかし、プロミスを利用してお金を工面できたとしても、肝心なのはそのあとの返済です。

プロミスは学生でも気軽に利用できるカードローンですが、後々自分が返済できる額を超えて「無理な借り入れをする」ということは絶対にやめておきましょう。

プロミスのホームページには返済シミュレーションのコーナーもありますので、借り入れ前には自分が無理なく返済できる額を確認してから最小限度の利用額で申し込まれることをおすすめします。

※記載されている内容は2019年8月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.