ホーム > 目的別ローン > 自動車ローン > 住信SBIネット銀行「Mr.自動車ローン」を解説!審査は厳しい?

住信SBIネット銀行「Mr.自動車ローン」を解説!審査は厳しい?

更新日:

公開日:2020.3.2

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

「Mr.自動車ローンってお得なのかな」
「自動車ローンの借り換えにいいローンはない?」

車の購入を検討している人の中には、住信SBIネット銀行が提供する「Mr.自動車ローン」を考えている人もいると思います。しかし、他の自動車ローンと比較してどういった部分にメリットがあるのか、審査はどうなのか気になる部分も多いでしょう。

そこで今回は住信SBIネット銀行「Mr.自動車ローン」について、「Mr.自動車ローン」の審査についてはもちろん、メリットやデメリット、詳しい商品概要も解説していきます。

この記事はこんな人にオススメ!

  • 自家用車購入で自動車ローンを組もうと考えている人
  • 住信SBIネット銀行「Mr.自動車ローン」を検討している人
  • 自動車ローンの借り換えを検討している人

担保不要でお金借りる!最短60分

住信SBIネット銀行「Mr.自動車ローン」はどんな商品?

【Mr.自動車ローンの商品概要】
申込条件 次の条件を全て満たす人
・申込時年齢が満20歳以上で、完済時年齢が満70歳未満
・原則として安定継続した収入があること
・外国籍の場合、永住者であること
・保証会社の保証を受けられること
・住信SBIネット銀行の代表講座を保有していること(同時申込可)
資金使途 支払先に直接振込可能な以下の資金
・自動車・自動二輪車購入資金および諸費用・オプション代金等見積書に記載された付帯経費
・運転免許証の取得資金
・車検・修理・付属機器の購入資金
・他金融機関で借入中の自動車ローンの借換資金
融資方法 代表口座円普通預金に入金する方法で融資実行し、同時に支払先に振込
融資金額 10万円以上1,000万円以下(1万円単位)
融資期間 1年以上10年以下(1ヶ月単位)
金利タイプ 変動金利
金利 年1.775〜3.975%
遅延損害金 年14%(日割計算)
保証会社 株式会社ジャックス
保証人 不要(保証会社が保証)
取扱手数料 融資金額の2%に相当する金額に消費税額を加算した金額
繰上返済 一部または全額の繰上返済が可能
繰上返済手数料 無料
約定返済日 27日

この概要から、住信SBIネット銀行「Mr.自動車ローン」の特徴として以下のようなことが挙げられます。

  • 車関係であれば幅広く利用できる
  • アルバイトやパートでも申し込み可能
  • 口座を持っていなくても申し込みができる

「Mr.自動車ローン」は車の購入費用以外にも、車に関係することであれば幅広く利用できます。例えば、車検・修理費用や運転免許の取得費用などです。

ただし、車関連であればどんな場合でも利用できるわけではないのです。車の個人間売買や事業用の車の購入などには「MR.自動車ローン」が使えません。

アルバイトやパートといった収入があまり多くない人でも、継続した安定収入があれば申し込むことができます。
しかし、継続した安定収入があっても学生や、収入のない専業主婦は申し込むことはできません。

「Mr.自動車ローン」は住信SBIネット銀行の口座を保有していなければなりません。事前に持っていなければならないわけではなく、自動車ローンと同時に申し込むことができるので時間のロスがなく済みます。

住信SBIネット銀行「MR.自動車ローン」の金利は?

商品概要でも確認したように、住信SBIネット銀行「Mr.自動車ローン」の金利は年1.775〜3.975%です。
この設定金利は、一般的なディーラーローンよりも低い金利で利用できます。

金利は変動金利で、毎年4月と10月に金利の見直しが行われます。
その際に返済額が変わることがありますが、激しい政局の変化などがない限り極端に上がることはありません。変動金利だからといって過度に警戒する必要はないでしょう。

「MR.自動車ローン」には金利に幅がありますが、それには理由があります。それは、審査によって適用される金利が決定するからです。
収入が高い人、公務員や上場企業に勤めている人などは審査で優遇されやすいため、金利も低くなる可能性があります。

住信SBIネット銀行の「Mr.自動車ローン」では条件を満たせば、金利の引き下げを行ってもらえます。その条件とは以下のようなものです。

A. 住信SBIネット銀行が取り扱う住宅ローン残高がある人
適用条件 仮審査申込日前日時点で、住宅ローンが「残高有」であること
金利引き下げ 基準金利より年−1.0%
B. 住信SBIネット銀行のカードローンを契約している人
適用条件 仮審査申込日前日時点で、カードローンが「契約済」であること
金利引き下げ 基準金利より年−0.5%
C. SBI証券口座保有登録済みの人
適用条件 仮審査申込日時点で、SBI証券口座登録が「登録済」であること
金利引き下げ 基準金利より年−0.5%

ただし、これらを全て満たしても年2.0%の引き下げにはなりません。AとB、またはAとCの両方を満たした場合でも年1.0%の金利引き下げです。
同じようにBとCを両方満たしている場合でも、年0.5%の金利引き下げとなります。

さらに注意したいのが住宅ローンについてです。
住信SBIネット銀行で契約したものであっても、「フラット35(買取型)」「ミスターパッケージローン」は金利引き下げの対象外です。

こういった条件を満たす以外にも、「MR.自動車ローン」ではキャンペーンとして金利の引き下げをすることがあります。
少しでも低い金利で借りたい場合には、キャンペーンの時期を狙って申し込むといいでしょう。

住信SBIネット銀行「MR.自動車ローン」のメリット

  • アルバイトやパートの人も申し込みできる
  • 1万円単位で申し込みできる
  • 繰上返済の手数料が無料

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

アルバイトやパートの人も申し込みできる

「MR.自動車ローン」の概要でも少しお話しましたが、継続した安定収入があればアルバイトやパートの人でも申し込むことができます。

どの程度の収入があればいいのかは融資額によって変わってきます。目安としては総量規制を意識すればいいでしょう。つまり、年収の3分の1が融資額の上限と考えれば大きく違わないでしょう。

例えば、自動車ローンで200万円を借りたいのであれば年収の目安は600万円ということです。
アルバイトで年収が200万円であれば、約65万円程度は融資が可能です。

しかし銀行のローンは総量規制の対象外なので、それ以上の融資が可能な場合もあります。正確には審査をしてみなければ分かりませんが、一つの目安にはなるのではないでしょうか。

1万円単位で申し込みできる

借入申込金額は10万〜1,000万円まで、1万円単位で申し込むことができます。

例えば10万円単位でしか借り入れができなければ、不必要に借入額を増やさなければならないこともあります。
しかし、1万円単位であれば必要な分だけを借り入れることができ、無駄に金利を支払う必要もありません。

少しでも返済総額を減らしたい人にとっては、これも大きなメリットです。

繰上返済の手数料が無料

「MR.自動車ローン」では全額、一部問わず繰上返済の手数料は無料です。自動車ローンだけでなく、ローンの返済総額を抑える基本は繰上返済を活用することです。

しかし繰上返済に手数料がかかると、繰上返済をとまどってしまいます。

その点「MR.自動車ローン」は繰上返済手数料が無料なので、積極的に繰上返済できます。しかも1円単位で繰上返済が可能です。

少しでも余裕があれば、繰上返済をすることで返済総額を予定よりも減らすことができるでしょう。

住信SBIネット銀行「Mr.自動車ローン」のデメリット

住信SBIネット銀行「Mr.自動車ローン」の、デメリットについて詳しく見ていきましょう。

取扱手数料がある

「Mr.自動車ローン」の最大のデメリットは、利用する際には必ず取扱手数料がかかることです。
取扱手数料は「融資額の2%(+消費税)」。200万円の融資を希望していれば「200万円×0.02=4万円」に消費税で4万4,000円が必要です。

取扱手数料は融資時に徴求されるので、融資金額から手数料額が引かれた金額が口座に入金されます。このため、ギリギリの金額ではなく取扱手数料を考慮した金額を申し込まなくてはいけません。

融資額に対して取扱手数料がかかるので、融資額が大きくなればその分取扱手数料も大きくなります。取扱手数料がかかることは自動車ローンではあまりないので、気になるところでしょう。

住信SBIネット銀行「Mr.自動車ローン」の審査

住信SBIネット銀行「Mr.自動車ローン」の審査の流れや、審査基準などについて解説していきましょう。

「Mr.自動車ローン」の審査はネットバンクらしく、ネットで全て完結します。窓口に行く必要がないのは、平日に忙しい人にとってはうれしいポイントではないでしょうか。
ただし、窓口で直接話を聞きながら進めたい人には不向きかもしれません。

住信SBIネット銀行「Mr.自動車ローン」の審査の流れ

  1. 仮審査
  2. 本審査
  3. 契約手続き
  4. 融資実行

仮審査から融資が実行されるまでは、およそ2〜3週間かかります。
そのことを念頭に入れてスケジュールを立てなければ、入金の日に間に合わないということになります。カードローンなどのように、申し込みから数日で融資が行われるわけではありません。

また「Mr.自動車ローン」を申し込むためには、住信SBIネット銀行の普通預金口座が必要です。申し込み時点で口座を保有してない人は、同時に口座開設をする必要があります。

仮審査

住信SBIネット銀行のホームページから、仮審査の申し込みをします。仮審査の際に書類提出の必要はありません。しかし、間違ったデータを入力しないためにも手元に準備しておくことをお勧めします。

仮審査とはいえ借入金額は大まかな数字ではなく、なるべく実際に必要な金額を入力するようにしましょう。
金額は本審査時に減額することは可能ですが、増額したい場合には再度仮審査を行わなければなりません。

時間を無駄にしないためには、仮審査の時点で正確な数字を入力するようにしましょう。

仮審査の結果は原則2営業日以内に、住信SBIネット銀行ホームページ内のメッセージボックスに届きます。仮審査の結果を見てキャンセルしたい場合には、ホームページから行うことができます。

本審査

仮審査の結果が融資可能だった場合には、本審査に進みます。

ここで注意しなければならないのは、仮審査の結果が届いてから90日以内に本審査の手続きを行わなければならないということです。この期間を過ぎれば再び仮審査からやり直しになり、融資可能金額も変わる可能性があります。

本審査では提出書類が必要です。以下のような書類が必要になるので、あらかじめ準備しておくようにしましょう。

提出書類
必要書類1 ・見積書
・注文書 など
必要書類2 ・振込依頼書 など
必要書類3 ・運転免許証
・住民基本台帳カード(写真付き)
・在留カード
・健康保険証
・マイナンバーカード
・パスポート
仮審査承認金額が100万円を超える場合 ・源泉徴収票
・所得証明書
・確定申告書
・給与明細直近3ヶ月分

必要書類1〜3の3点は申し込みには必須です
仮審査の承認金額が100万円を超える場合には、あわせて収入証明書の提出します。他社の自動車ローンからの借り換えの場合は、繰上返済金額が分かる書類も必要です。

【必要書類1】

自動車関連費用への資金使途と金額が確認できる書面。
購入元が発行した見積書や注文書が必要となる。手元にない場合には購入店舗に発行してもらう必要がある。

【必要書類2】

支払先への振込金額、振込先が確認できる書類。
振込先情報が確認できる書類は支払先が発行したものを提出する。

【必要書類3】

本人確認書類。
仮審査時の申し込み内容と提出書類の名前、現住所、生年月日が同じであること。運転免許証、住民基本台帳カード、健康保険証、在留カードを提出する場合には表面だけでなく裏面もコピーして提出する必要がある。

これらの書類をWebでアップロードして提出します。Webでの提出を希望しない場合には、ファクスや郵送でも提出可能です。

本審査中には住信SBIネット銀行と保証会社(ジャックス)から勤務先に在籍確認の電話がきます。在籍確認は個人名で行われます。
在籍確認ができなければ審査が遅れるので、スムーズに進められるようにしておきましょう。

契約・融資実行

本審査が承認されれば住信SBIネット銀行のホームページから契約と振込先の登録を行います。無事に終われば融資が実行され、住信SBIネット銀行が支払い先にお金を振り込んでくれます。

このときに注意したいのが、契約と振込先の登録を借入希望日の3営業日前までに済ませておくことです。
自己資金も一緒に振り込む場合には、その分が住信SBIネット銀行の口座になければ振り込みできないので注意しましょう。

住信SBIネット銀行「Mr.自動車ローン」の審査は厳しい?

住信SBIネット銀行「Mr.自動車ローン」に限らず、一般のローン審査では以下のような部分をチェックされます。

  • 属性
  • 信用情報

「属性」と「信用情報」とはおおまかに以下のようなものです。

属性 ・勤務先
・年収
・勤続年数
・家族構成
・住居の形態や居住年数 など
信用情報 ・現在の借入金額
・ローンの申し込み情報
・事故情報 など

簡単に説明すると、「属性」はその人に返済能力があるかを示し、「信用情報」は、お金を貸すのに信用に値するかどうかを示しています。

例えば過去に借金をしていて、長期間延滞していれば信用情報に延滞記録が残ります。延滞や債務整理はもちろん、クレジットカードやローンの申込情報も記録されています。
このような属性と信用情報を総合的に判断して融資可能かどうかを判断しています。
とはいえ、商品概要の申込条件に当てはまっており、過去に金融事故を起こしてなければ過度に心配する必要はありません。

住信SBIネット銀行「Mr.自動車ローン」の審査は特別に厳しいものではありません。年収と希望借入金額のバランスが極端に悪いわけでなければ、審査を怖がる必要はありません。

まとめ|審査は特別厳しいわけではない!メリットデメリットを吟味しよう

今回は住信SBIネット銀行「Mr.自動車ローン」について解説してきました。
「Mr.自動車ローン」は他のローンと比べて審査が特別厳しいわけではなく、審査に関して特に警戒する必要はありません。

よって、この記事内でもいくつか挙げたメリットとデメリットをしっかりと吟味する必要があります。特に、取扱手数料を払ってでも繰上返済手数料を無料にするかどうかがポイントです。

こういったポイントについてしっかりと吟味した上で、申し込むかどうかを決めるようにしましょう。

※記載されている内容は2020年3月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

カードローン検索

借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

  • プロミス
  • アイフル
  • アコム
  • SMBCモビット
  • どのカードローンにするかお悩みの方はこちら

    人気カードローンランキング

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.