1. ホーム >
  2. 目的別ローン >
  3. 自動車ローン >
  4. 審査が甘いマイカーローンは?通りやすいローン会社や仮審査の活用方法

審査が甘いマイカーローンは?通りやすいローン会社や仮審査の活用方法

更新日:

公開日:2020.4.23

  • hatena

最も審査が甘いといわれるマイカーローンは自社ローンであり、信販系ディーラーローン、メーカー系ディーラーローンも比較的審査に通りやすいです。

今回は具体的なローン会社を紹介すると同時に、「各種ローンの審査の甘さ」や「審査通過するためのポイント」を解説しています。

もし自分の信用情報や年収に不安がある人は、地方銀行が簡易的に用意している仮審査ページで、「ローンに通るかどうか」の判別ができるので、参考にしてください

担保不要でお金借りる!最短60分

  • 20~35の方におすすめ
  • 36~60の方におすすめ

審査が甘いマイカーローンは?

審査が比較的甘いといわれているマイカーローンを紹介していきます。
もし銀行マイカーローンに審査落ちしても、審査が甘いローン会社を選べば通過できることも十分に考えられます

  1. 自社ローン
  2. 信販系ディーラーローン
  3. メーカー系ディーラーローン

それぞれ詳しく見ていき、自分に合いそうなものはどれかを確認してください。

[1]自社ローン

最も審査が甘いといわれているのが、中古車販売店が独自に用意している「自社ローン」です
パート・アルバイト、派遣社員、契約社員は審査に通りにくいといわれていますが、自社ローンであれば念願の自動車を手にできる可能性が高まるでしょう。

なぜ審査が甘いといわれるのか。それは「独自の審査基準を設けており、申込者の過去の信用情報が審査に影響しにくいため」です。無金利で利用できる場合があるので、販売店の担当者に問い合わせてみましょう。

注意点として、どこの自社ローンでも保証人は必須としており、150万円以上の自動車は利用できない、などの制限を設けているケースがほとんどです。

[2]信販系ディーラーローン

中古車販売店では、信販会社と提携しマイカーローンを提供しています。
信販系、信販系ディーラーローン、ノンバンクなど、審査が比較的甘いといわれています。

中でもアプラス、セディナは注目すべき存在であり、もし中古車販売店が提携しているようであれば、積極的に利用したいところです。詳しく解説をしていきます。

アプラスのマイカーローン

アプラスは、株式会社新生銀行グループの信販会社です。
信販会社といえばオリコやジャックスを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、決してローカルな小規模会社ではなく、日本全国のさまざまな中古車販売店と提携をしています。

銀行のグループ会社なので審査が厳しいと思うかもしれません。しかし、インターネット上の口コミ・評判では「融通がきく」「審査が甘いと思う」などの声を見かけます。

審査が甘いといわれていても、信用情報や属性に目立った低評価が見られれば審査に落ちてしまうこともあるので、十分に気を付けてください。

セディナのマイカーローン

SMBCグループであるセディナのマイカーローンも「アルバイトの私でも利用できた」という口コミがあるように、審査が比較的甘いといえるでしょう。

セディナのマイカーローンは「原則として勤続1年以上で、安定収入のある人」と申込者を限定させているため、ふるいにかかり、審査に通りやすいといえるかもしれません。
しかし、属性評価が低く見られてしまうパート・アルバイトの人にとっては、勤続年数が長ければ長いほどアドバンテージとなるでしょう。

[3]メーカー系ディーラーローン

自動車メーカーグループのディーラーローンも審査に通りやすいといわれていますが、新車の場合は借入希望額が高額になる可能性が高いので、審査難易度が少々上がります

以下表はメーカーごとのディーラーローン一覧です。
当サイトの詳細ページに飛べるので参考にしてください。

【メーカー別ディーラーローン一覧】
メーカー名 ローン会社
トヨタ トヨタファイナンス株式会社
ホンダ 株式会社ホンダファイナンス
ニッサン 株式会社日産フィナンシャルサービス
マツダ マツダクレジット株式会社
(旧名:SMMオートファイナンス株式会社)
スズキ スズキファイナンス株式会社

販売店の担当者はローン審査員ではないため、審査基準やローン会社の内情を知るわけではありません。しかし、「ローンに通った人・落ちた人」を間近で見ているため、経験値が豊富です。

不安点や不明点があれば、遠慮せず販売担当者に相談しましょう

各マイカーローンの審査の甘さをチェック|甘い理由やメリット・デメリットを解説

マイカーローンは大きく分けて以下4種類あります。

  • 銀行マイカーローン
  • 信用金庫・ろうきん・JAマイカーローン
  • ディーラーローン
  • 自社ローン

借入金額や申し込み条件など各ローンで異なるため、一概に審査の甘さを比べることは難しいですが、一般的には上から順に審査難易度が低くなります

ここで各ローンの審査難易度や特徴を解説していきます。

銀行マイカーローンの審査は甘い?魅力は低金利!

銀行マイカーローンといっても、メガバンクと地方銀行では審査難易度が大きく変わります。メガバンクの審査難易度が最も高く、地方銀行はそれよりも少し低くなります。

この厳しい審査の見返りとして、「金利1.0~3.0%」と低金利であり所有権は自分になるため、ローン期間中でも自動車を売却することが可能です。このことから、高金利なディーラーローンから借り換えるケースでも人気を博しています。

銀行マイカーローンで大切なことは信用や実績です。
地方銀行を含め多くの銀行がマイカーローンを取り扱っているため、毎月の給料受け取りに使用している口座の銀行も利用できます。普段使いしていることから、安心してマイカーローンを組むことができるのではないでしょうか。

その場合、すでに利用実績や信用があるためローン審査にも好影響を及ぼす可能性が高いです。住宅ローンと同じ銀行でマイカーローンを組めば、金利がさらに優遇されることも珍しくありません。

デメリットは手続きの面倒さ

銀行マイカーローンの懸念点として、「必要書類が多く手続きが面倒」「借り換えの場合は事実確認が大変」の2点が挙げられます。

審査は決して甘いとはいえないので、メリットとデメリットを天秤にかけて検討してください。

信用金庫・ろうきん・JAマイカーローンの審査は甘い?地方銀行と同水準!

信用金庫、ろうきん(労働金庫)、JA(日本農業協同組合:農協)の審査は地方銀行とほぼ同水準と思っておきましょう。
信用情報や属性評価が高い人にとっては、審査が甘いといえるのではないでしょうか。

しかしJAを例に挙げると、「組合員にならなければ金利が上がってしまう」というデメリットがあります。
すでに組合員の場合は気にする必要はありませんが、そうでない人はその点も加味して検討する必要があります。

ディーラーローンの審査が甘い理由は「金利の高さと自動車の担保」

ディーラーローンは販売店への仲介手数料が発生することから「金利3.0~8.0%」と高めに設定されています。銀行マイカーローンと比較すると倍程度です。

しかし記事前半で伝えた通り、銀行マイカーローンと比較すれば審査は甘いといえるでしょう。審査時間も短く、30分~1時間程度で結果が分かります。
タイミングが合えば、低金利や無金利などの優遇金利でローンを組めることがあるので、情報収集しておくと安心です。

詳しくは後述しますが、ディーラーローンは所有権がディーラーもしくはローン会社にあるため、好きなタイミングで自動車を売却できません。

最も審査が甘い自社ローンは誰でも組める?

最も審査が甘いと言われる自社ローンは、金利が無金利のところもあれば10%以上と設定するところもあり、バラつきが目立ちます。

販売店と直接契約を結ぶため、リスク分散のために「保証人・保証料」や「頭金」を求められる場合があるでしょう。

銀行マイカーローンやディーラーローンの審査に通らなかった人が契約できる可能性も十分にあるので、低金利であれば優先的に利用したいマイカーローンと言えます。
所有権についてもバラつきがあるので、販売店に問い合わせをしてください。

マイカーローン審査に通るためのポイントとは

マイカーローンの審査に通るためには、以下3つのポイントを押さえておく必要があります。

  1. 属性
  2. 信用情報
  3. 頭金の有無

各金融機関のマイカーローンの審査項目はだいたい同じであり、上記を意識すれば審査に通過できる可能性が十分にあります。審査が甘いローンであればあるほど効果は大きいので、チェックしてください。

[1]属性

審査難易度に関係なく、申込者の属性は必ず審査項目に入ります。
属性の審査では以下を見られます。

  • 年齢
  • 家族構成
  • 家賃の負担(持ち家か賃貸かなど)
  • 居住年数
  • 居住形態
  • 電話の種類(固定回線があるかどうか)
  • 職業
  • 雇用形態
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 年収
  • 収入形態
  • 健康保険の種類

分かりやすく赤文字にしましたが、特に収入や収入の安定性については詳しく確認します。審査が甘いディーラーローンでもしっかりとチェックされるので、覚えておきましょう。

パート・アルバイトの人がマイカーローン審査に通りたいのであれば、勤続年数を長くすることに注力しましょう。雇用形態が不安定でも「収入の安定性」を示すことができます。

別記事「パート・アルバイトでもマイカーローンは組める?審査の対策や口コミ」では、パート・アルバイトの人に特化してマイカーローンについて解説をしています。参考にしてください。

[2]信用情報

マイカーローン審査において、信用情報はとても重要です。

信用情報とは、個人信用情報機関(CIC、JICC、KSC)に登録されているクレジット、ローンに関する情報です。
機関を介して申込者の「クレジット・ローンに関する申込内容、契約内容、支払状況、残高」を確認します。

例えば、過去に「自己破産などの債務整理を行った」「クレジットカード代金を滞納し強制解約になってしまった」ということがあれば、いくら審査が甘くてもマイカーローンを組むことは困難です。

自己破産情報は10年間、滞納情報は5年間にわたって情報が保有されるので、その期間中は「頭金を貯めるための期間」として捉えておいた方がいいかもしれません。

[3]頭金の有無

別記事「自動車ローンは頭金を入れた方が審査に通りやすい?目安・割合は?」にて詳しく解説をしていますが、頭金を入れれば入れるほど、マイカーローン審査には有利に働きます。
頭金の目安やよくある質問をQ&A形式で解説しているので、参考にしてください。

審査が甘いマイカーローンに頭金を入れることで、さらに審査通過率を上げることも難しくありません。

審査が甘いマイカーローンは所有権留保に注意!

審査が甘いといわれるマイカーローンは、金利が高めということだけが注意点ではありません。

例えばディーラーローンならば、自動車の名義である所有権はディーラー(販売店)もしくはローン会社の名前が記されます。
これを所有権留保と言いますが、自動車を担保とすることで、ローン利用者の滞納時などに備えてリスクを分散しているのです。
所有権留保期間中は、自動車の売却が自由に行えないので注意が必要です。

「ローンを返し終わったら売却するから関係ない」と考えている人もいるかもしれません。しかし、ローン返済中に交通事故に遭った場合、評価損(格落ち損)の賠償を受ける権利は所有者(ここでいうローン会社や販売店)が持っていると考えられるため、示談を行えない可能性があります

他には、リセールバリューが高い時期での売却のタイミングを逃してしまう、ということも考えられるでしょう。

仮審査で「審査が甘いか」「審査に通るか」を判別する

各金融機関によって仮審査をどこまで行うか異なりますが、地方銀行のような簡易的に作られた「簡単仮審査ページ」のようなものは、仮審査を行ったという履歴は残りますが、審査結果までは信用情報に載りません
仮審査に通った後は「本審査に進むか辞退するか」を選べるので、困ることもありません。

しかし本審査に進めば、履歴も審査結果も信用情報として登録される点に注意しましょう。

2~3社程度の仮審査であれば決して不自然なことではないです。
自分の属性評価の判断材料として使用し、あらゆるマイカーローンを比較検討してください。

まとめ|マイカーローンの審査を緩したければ頭金を入れる

銀行マイカーローンは審査が厳しいですが、頭金を入れることによって借入金額を減らすことができ、結果として審査が甘くなることも珍しくありません。
これは審査が甘いといわれているディーラーローンや自社ローンでも同じことがいえます。

損なことはなく、むしろ返済額が減るので、生活に支障が出ない可能な範囲で頭金を入れるようにしましょう。

※記載されている内容は2020年11月現在のものです。

  • hatena
  • LINE

カードローン検索

借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能
借入限度額
最短審査時間
最短融資速度

お金を借りたい人

どのカードローンにするかお悩みの方はこちら

人気カードローンランキング
ページトップ