カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > もっと借入したい!限度額の増額vs新規申込みどっちが良い?メリット・デメリット

もっと借入したい!限度額の増額vs新規申込みどっちが良い?メリット・デメリット

更新日:

公開日:2017.6.12

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

もっとお金を借りたいけど新規で申し込んだ方が良い?

「限度額を増額した方がいいの?」
「それとも新規で申し込む方がいい?」

カードローンでもっと追加で借入れしたいけど「増額と新規ではどっちが良いのか」、または「どっちがリスクを少なくすることができるのか」と気になりますよね。

どちらもメリットもあれば当然デメリットもあります。

今回はカードローン限度額の増額と、新規申し込みによるメリットとデメリットについてご紹介します。

 

まずは増額申し込みのメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット デメリット
・申し込みが簡単
・利息が軽減できる
・おまとめローンにも利用可能
・再度審査が行われる
・審査基準は高くなる
・ 審査に落ちるリスクが大きい

それぞれメリットとデメリットについて解説していきます。

 

増額申し込みのメリットについて

申し込みが簡単

カードローンの限度額を増額するための方法は下記の2つしかありません。

  1. 自分から増額を希望する
  2. 金融会社から連絡があり増額を勧められる

金融機関によっては総額時に再度申込書の提出を求められる場合もありますが、一般的には電話や自動契約機などで手続きを行うことが可能です。
但し、限度額によっては収入証明書の提出が必要な場合もあります。

利息が軽減できる

カードローンの基本的な仕組みとして、限度額が高額になればなるほど金利が低くなります。

限度額を増額するためには、カードローンを利用する頻度や、滞りのない返済などが増額審査の条件となります。
カードローンの限度額の増額は決して簡単ではありませんが、限度額を増額すればするほど金利が下がり、支払う利息も削減することが可能になります。

おまとめローンにも利用可能

複数の金融機関で借り入れしている場合、限度額を増額することによって、他社の借り入れも1つにまとめることが可能となります。

そのため「限度額が上がるので金利が低くなった」「返済日を1つにできるので管理しやすい」といったようなメリットがあります。

増額申し込みのデメリットについて

再度審査が行われる

増額を希望する場合、必ず再度審査が行われます。

カードローンの返済で延滞経験がある場合は、増額の審査に不利になってしまいます。
返済を延滞してしまうと信用情報に延滞の事実が「事故情報」として登録されてします。
延滞による情報は最低でも1年間、最長で5年間は信用情報に登録されてしまうので注意が必要です。

審査基準は高くなる

カードローンを増額した場合は、限度額が高くなるため審査基準は必然的に高くなってしまいます。

「申し込み時よりも年収が高くなっている」といったように申し込み時よりも状況が良くなっている場合は審査に有利ですが、「転職をして年収が下がってしまった」など、申し込み時よりも条件が悪くなっている場合は審査に通過する可能性が低くなってしまいます。

審査に落ちるリスクが大きい

カードローンの増額審査で審査落ちになってしまった場合、「限度額の減少」または「カードローンの利用停止」という状況になってしまう場合もあります。

再度信用情報を審査した中で「増額の対象には値しない」または「カードローンの利用者として不向きである」と判断された場合は今よりも状況が悪くなる可能性も十分にあり得ます。

 

次に新規申し込みのメリット・デメリットについてご紹介します。

メリット デメリット
・審査基準が高くない
・提出書類が少なくて済む
・「無利息サービス」など利用可能
・カードが増える
・在籍確認がある
・申し込み手続きに時間がかかる
 

新規申し込みのメリットについて

審査基準が高くない

増額希望にする場合は、どうしても限度額が高額となり審査基準も高くなってしまいます。

しかし、他社で新規申し込みにすることによって限度額を高額にする必要がないため、審査基準となる限度額を低く設定することができます。

提出書類が少なくて済む

新規申し込みの場合は、一定の限度額以内であれば「運転免許証」「パスポート」といった本人確認書類のみで申し込むことが可能です。

消費者金融の場合は総量規制の対象となるため「貸金業者による借入総額が100万円を超える場合」または「50万円を超える借入れの場合」は収入証明書の提出が必要となるため注意が必要です。

「無利息サービス」など利用可能

消費者金融は、初めて申し込みの場合「30日間無利息」といったサービスを提供しているカードローンが多いです。

そのため、消費者金融で新規申し込みする場合は、初めての申し込みで受けられるサービスを活用することが可能となります。

新規申し込みのデメリットについて

カードが増える

新規でカードローンを申し込むと、ローンカードが増えてしまいます。

カードローンを利用していることが家族や他人にバレたくない場合、カードを見られてバレてしまうといったリスクも高くなってしまいます。

在籍確認がある

カードローンの申し込みでは必ず在籍確認があります。

そのため、会社への在籍確認の電話を避けたい場合は、電話確認以外に対応可能なカードローンを調べたり、対策を行わなければいけません。

申し込み手続きに時間がかかる

カードローンの申し込み手続きを行うために入力フォームなどを記入しなければいけません。

また、ローンカードを自動契約機などで直接受け取る場合は、自動契約機まで移動して契約手続きを行けないといった手間があります。

増額審査落ちのリスクを避ける方が安全

カードローンの増額で審査落ちとなってしまった場合、限度額の減少やカードローンの利用を停止されてしまうかもしれないというリスクがあります。

もし利用を停止されてしまったら希望額を満たすために高額で新規申し込みをするか、新規で複数のカードローンを申し込まなければいけなくなってしまいます。

このようなリスクを想定すると、増額申し込みよりも他社で新規申し込みを行う方が明らかにリスクを少なくすることが可能となります。

カードローン限度額の増額か新規申し込みかをお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.