1. ホーム >
  2. お金を借りるための基礎知識
  3. >
  4. クレカのリボ払いは銀行カードローンに借り換えた方がいい理由と注意点

クレカのリボ払いは銀行カードローンに借り換えた方がいい理由と注意点

公開日:

  • hatena

クレジットカードのリボ払いは、利用金額に関係なく毎月の支払を一定にできるので、返済の管理がしやすいという点でメリットが大きいです。
支払額の変動があまりないことから、クレジットカードで買い物をするときはいつもリボ払いを利用する人もいます。

しかし支払金額が一定で済むとはいえ、ショッピングを繰り返していればリボ残高はどんどん増えていってしまいます。
リボ払いの残高が増えれば返済期間が長期化して、手数料の負担が大きくなるでしょう。

そのようなときは、リボ払いをカードローンで借り換えを検討してみることをおすすめします。カードローンへの借り換えによって支払負担を抑えられる場合もあるからです。

この記事では、クレジットカードのリボ払いをカードローンで借り換えるとなぜ支払いの負担が軽くなるのか、そのためにはどのような点に注意すればいいかについて解説します。

この記事はこんな人にオススメ!

  • クレジットカードのリボ払い残高が増えてしまった人
  • リボ払いの金利が高いので、借り換えができないか探している人

担保不要でお金借りる!最短60分

  • 20~35の方におすすめ
  • 36~60の方におすすめ

リボ払いを借り換えるときの注意点

リボ払いを銀行カードローンに借り換えれば、支払負担を抑えることができます。しかし、借り換えさえすればどんなカードローンでもOKというわけではありません。
借り換えでリボ払いの支払負担を減らすには、カードローンの選択を慎重に行う必要があります。

通常、クレジットカードのリボ払いの手数料は15.0~18.0%に設定されています。
借り換えをしてリボ払いの支払負担を抑えるためには、リボ払いの手数料よりも金利が低いカードローンを選ぶべきです。

カードローンの種類 平均的な上限金利
消費者金融カードローン 18%程度
銀行カードローン 12~15%程度

消費者金融のカードローン金利はリボ払いの手数料とほぼ同等なので、借り換えたところで支払負担にそれほどの差が出ません。
つまり支払負担を抑えたいなら、リボ払いより金利が低い銀行カードローンかフリーローンに借り換えるのが正解なのです。

最もおすすめなのは楽天銀行スーパーローン

銀行カードローンは数多くあります。その中でも特におすすめなのが、楽天銀行スーパーローンです。

銀行カードローンは

  • 年収要件が設けられている
  • 学生や専業主婦は利用できない

など、利用条件が限定されているケースが珍しくありません。借り換えやおまとめ目的での利用が制限されていることも多いです。

楽天銀行カードローンは

  • アルバイトをしている学生はもちろん、専業主婦でも申し込み可能
  • 現在の借入の見直しにも利用可能

と公式ページにも明記されています。

利用条件や資金使途の制限が厳しくなく、比較的幅広い属性の人や借り換え目的の人にも利用しやすい銀行カードローンだといえます。

【楽天銀行カードローンの基本情報】
借入限度額 ~800万円(10万円単位) ※1
金利 1.9~14.5%
利用できる人 満20歳~満62歳の人 ※2
安定した収入のある人、または専業主婦
口座開設 不要
最低返済額 2,000円~(借入残高10万円以下の場合)

※1. 専業主婦は~50万円
※2. アルバイト、パート、専業主婦は満60歳まで

楽天銀行カードローンならリボ払いよりも金利も低く、最低返済額も低く設定されています。出費が多い月でも返済できなくなる心配は少ないでしょう。

楽天銀行カードローンについては、別記事「楽天銀行スーパーローンの審査から融資までの流れを徹底解説」に詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

リボ払いの仕組みについてもう少し詳しく知りたい人は、下記の日本クレジット協会の資料がおすすめです。

リボ払いを銀行カードローンに借り換えたときの3つのメリットとデメリット

クレジットカードのリボ払い負担を軽減するには、銀行カードローンへの借り換えがおすすめと紹介してきました。
そこで、銀行カードローンへの借り換えで、どのようなメリットがあるのか考えてみましょう。

1. カードローンの審査に通りやすい

一般的に、カードローン審査は他社からの借り入れが多くあると通過しにくくなります。他社借り入れが多いと、それだけ貸し倒れリスクが高まるからです。
では、他社借入とはどのようなものでしょうか?

銀行カードローン審査における「他社借入」とは、以下の機関からの借り入れを指します。

  • 他の銀行カードローン
  • 消費者金融
  • クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのショッピング枠は「商品の立て替え払い」を目的としています。
直接お金を借りているわけではないため、リボ払いは基本的に他社借入としてカウントされません。そのため、銀行カードローンの審査にも比較的通りやすいというメリットがあります。

ただし、実際にお金を借りていなくても、リボ払いは借金をしているのとほぼ変わりありません。
リボ払いは他社借入としてダイレクトにはカウントされません。しかし審査には多少なりとも影響があるので、その点は注意してください。

2. クレジットカードのショッピング枠が空く

カードローンで借り入れをしてクレジットカードのリボ払いを繰上返済すれば、ショッピング枠が空きます。利用枠が空けば、急に大きな買い物ができたときにもクレジットカード払いで対応できるので安心です。
限度額いっぱいまで利用していた人には、メリットが大きいでしょう。

しかし、枠が空いたからといって無計画に利用することは控えるべきです。
リボ払いの残高が増えて同じことを繰り返していては、せっかくカードローンに借り換えた意味がありません。

リボ払いをカードローンに借り換えた後は、クレジットカードの使い方にも気を配るようにしてください。

3. 繰上返済がしやすくなる

クレジットカードのリボ払いを繰上返済したいけど、方法がよく分からないという人も多いのではないでしょうか。

クレジットカードは

  • 1回払い
  • 分割払い
  • リボ払い

など返済方法が複数あり、返済方法ごとに繰上返済の仕方も異なります。
同じリボ払いでも利用者自身が会員ページで返済方法を設定し直したり、クレジットカード会社に事前に電話連絡したりしなければならない場合もあります。

一方、カードローンは基本的に自由に繰上返済できるケースがほとんどです。
カードローンに借り換えれば

  • コンビニATMでの返済
  • インターネット返済
  • 銀行振込による返済

など、繰上返済の方法も自分の裁量で自由に決められます。

一つ注意したいのは、カードローンは約定返済だけしていくと元本が減りにくい点です。余裕がある時は積極的に繰上返済をして、できるだけお得に利用しましょう。

リボ払いの借り換えはメリットばかりだが⋯⋯

銀行カードローンにうまく借り換えをすれば、金利が下がり利便性が上がるということを解説してきました。
では、リボ払いの借り換えのデメリットについて見ていきましょう。

リボ払いのデメリットは以下です。

  • 多重債務の場合には審査に通らない可能性が高い
  • 10万円未満のような少額の場合は恩恵が少ない

銀行カードローンは、消費者金融のように法律で借り入れ上限額が定められているわけではありません。しかし銀行は、過剰融資を防止する目的で2017年からは自主規制を開始しました。

よって、他社カードローンやクレジットカードのキャッシング枠での借り入れが多いと、返済能力に乏しいと判断されて審査に通過できません。気をつけてください。

もともとのリボ払いの残高がそれほど多くない場合は、借り換えをしてもそれほど支払負担は軽減されません。
わざわざカードローン審査を受けるほどお得になるのか、あらかじめしっかりシミュレーションしておくことをおすすめします。

リボ払いの借り換えシミュレーション

クレジットカードのリボ払いを、カードローンに借り換えた際の利息の違いをシミュレーションしてみましょう。
金利の違いによって、どれくらいお得になるのでしょうか?

【利用金額10万円、返済期間1年(12回)】
支払総額 利息
リボ払い15.0% 10万8,304円 8,304円
リボ払い18.0% 11万11円 1万11円
楽天銀行スーパーローン9.6% 10万5,270円 5,270円
楽天銀行スーパーローン14.5% 10万8,020円 8,020円

※実際の返済金額が異なる場合があります

【利用金額30万円、返済期間5年(60回)】
支払総額 利息
リボ払い15.0% 42万8,202円 12万8,202円
リボ払い18.0% 45万7,034円 15万7,034円
楽天銀行スーパーローン9.6% 37万8,878円 7万8,878円
楽天銀行スーパーローン14.5% 42万3,480円 12万3,480円

借り換えの際には金利だけに注意を払えばいいわけではありません。
支払負担を抑えるためには、カードローンの返済金額をどう設定するかにも気をつけましょう。

多くの銀行カードローンの返済方式は「残高スライド方式」で、返済が進んで借入残高が減るにつれ返済金額も減額されます。
カードローン会社から請求される金額をただなんとなく返済していては、リボ払いと同じように利息が膨らんでいってしまいます。

余裕があるときは、積極的に繰上返済をするようにしてください。

まとめ|リボ払いの借り換えは金利だけでなく「返済のしやすさ」も重視する

クレジットカードのリボ払いは金利手数料が高いです。
残高が増えてしまったら銀行カードローンに借り換えるなどして、できるだけ支払負担を抑えましょう。

ただし、銀行カードローンを選ぶ際には金利面だけではなく、返済のしやすさにも目を向けてください。
リボ払いもカードローンも、返済の負担が大きくならないよう常に「便利に効率よく返済する」ことを意識することが重要です。

※記載されている内容は2020年4月現在のものです。

  • hatena
  • LINE

カードローン検索

借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能
借入限度額
最短審査時間
最短融資速度

お金を借りたい人

どのカードローンにするかお悩みの方はこちら

人気カードローンランキング
ページトップ