カリテミオトップページ > 用語集 > 借金の「遅延損害金」知っておいた方が良いお金のルール

借金の「遅延損害金」知っておいた方が良いお金のルール

更新日:

公開日:2018.9.13

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

借金を支払いが遅延すると、いったいどうなるのでしょうか?
結論から言うとペナルティを受けることになります。

数あるペナルティの中でも、約定の返済期日に返済ができないと、消費者金融またはカード会社に返済金にプラスして支払う「遅延損害金」というものがあります。

今回の記事では、遅延損害金とはどのようなものなのか、他のペナルティも合わせてこの記事で解説していきたいと思います。

金融業者によって異なる遅延損害金の利率

遅延損害金の利率は通常の金利よりも高く設定していることがほとんどです。
遅延損害金の上限利率は法律によって定められています。ではどのようにして決まるのか解説していきます。

遅延損害金の上限利率の計算方法

遅延損害金の利率は利息制限法に基づいて、ローンの通常の金利には上限が設けられています。
これとは別に、遅延損害金の利率については決められていることがあります。

  • 利息制限法は遅延損害金に制限を設けていて、制限利率の1.46倍まで
  • 消費者金融は貸金業法の規定により、遅延損害金の上限金利が年20.0%

借金が10万円未満の場合

年率20%×1.46=29.2%


借金が10万円以上100万円未満の場合

年率18%×1.46=26.28%


借金が100万円以上の場合

年率15%×1.46=21.9%

消費者金融は一般的に、上限金利18.0%で貸し付けています。
ですから、1.46倍の26.28%まで遅延損害金を取れそうに思えます。
しかし、20%までという制限がありますので、多くの消費者金融では遅延損害金を20.0%としています。

消費者金融と比べて通常の金利が低い銀行カードローンの場合も、遅延損害金の利率を20%程度定めているところもありますが、中には14%程度に定めている銀行もあります。

遅延損害金の具体的な試算

遅延損害金の計算方法を見てみましょう。
これは、通常の利息の計算方法と基本は同一です。

まず、年間の遅延損害額を計算します。
借入額に、遅延損害利率を掛けます。10万円遅延していて、遅延損害利率が20.0%の場合はこうなります。

100,000×20.0%=20,000
20,000円を365(平年の場合)で割ると、一日の遅延損害金が出ます。
20,000÷365=54.79

1日54円程度ということになります。これに、遅延の日数を掛けましたら、遅延損害金がわかります。

実際の各社の金利

消費者金融、遅延損害金の利率です。

  • プロミス…20.0%(実質年率)
  • アコム…20.0%(実質年率)
  • アイフル…20.0%(実質年率)
  • SMBCモビット…20.0%(実質年率)
  • レイクALSA…20.0%(実質年率)

以上で紹介した大手の消費者金融をはじめ、中小の消費者金融も軒並み、20%の遅延損害金の利率を制定しています。

それに対して、銀行カードローンに関しては、消費者金融と比べて遅延損害金の利率は多少低くなることもあります。

  • 三井住友銀行 19.94%
  • 三菱UFJ銀行 14.6%
  • ソニー銀行 14.6%
  • 楽天銀行 19.9%

消費者金融と銀行のどちらでも言えることですが、申し込み時には必ず契約書に目を通して、遅延損害金の発生する事も想定して確認はしておきましょう。

遅延損害金が発生した時点での注意点

遅延損害金が発生する事は、契約者は借入金や利息の支払いとは別に支払いが生じますので損をする事はかわり無いです。
滞納が解消していないことこそ最大の問題ですので借りたら返すを心がけて一刻も早く借りたお金は返しましょう。

遅延損害金が発生したときの対処法

まず考えるべきことは、遅延損害金をなんとかすることではなく、遅滞の状態を解消することです。
すでに遅滞が起きているのなら、他からの借入れも検討しましょう。

カードローンの限度額やクレジットカードのキャッシング枠を全部足して、年収の3分の1に到達していないのなら、新たに借入れが可能な余地はあります。

単純に、数日滞納した程度では、その情報は個人信用情報には記録されていません。ですから、新規にカードローンを申し込めば、借入れができるかもしれません。

また、お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠は付いているでしょうか?
10万円程度でも枠が付いているなら、こうした際は便利です。金利も消費者金融と変わりません。

借金を返済するために、また違う業者から借り入れるというのは自転車操業になりかねませんが、状況を打開する方法の1つでもありますのでよく検討して利用する必要があります。

返済が遅れると他にも問題がおこる

消費者金融やカードローンの返済が遅れた時は電話による連絡が多いです。
以前は消費者金融は訪問による取り立てが多かったのですが、今は法律によって厳しくなってきてるので暴言を吐いたり厳しく請求する事が少なくなってきています。

では、返済が滞ることで起こる問題点とは何なのでしょうか?
その点に関しても1つずつ解説していきますので、御覧ください。

督促の電話がかかってくる

まず、ブラックリスト入りするかどうかの前に、返済時期に返済できていなければ、督促の電話が必ず入ります。

カードローン会社も、短期間の滞納についてはすぐに高圧的な対応はして来ず、まずは、連絡先として登録している携帯電話に督促があります。

携帯電話にかかってきたら必ず出るべきですが、やむを得ない理由で出れなかったり、着信に気づかなかったりした場合には折り返してかける、という事が重要です。

督促の電話に応答しないままでいると、携帯・スマホだけではなく、自宅の電話や勤務先に電話がいき、周りにバレてしまう可能性が高いので注意が必要です。

本来であれば、督促の電話が掛かってくる前に約定返済日に支払えないと、電話で支払えないことの旨を伝えるのが誠意ある行動です。

よく言われるブラックリスト入りとは?

返済が滞ることの結果として「ブラックリスト入り」という言い方をよくします。
「ブラックリスト」とは、金融業界における用語の事で、一定期間、返済が滞ったり破産した場合に、個人の信用情報に登録される「事故情報」の事を指します。

ローンやクレジットカードの返済記録もまた、個人信用情報に記載され約5年~10年間登録されます。

個人信用情報は、日本に三機関ある信用情報機関、JICC、CIC、JBA(全国銀行個人信用情報センター)で管理されています。

ですが、各信用情報機関では実際にブラックリストというリストを作成して、そこに利用者の名前が記載されるわけではなく、実際は個人信用情報に金融事故情報が掲載されるとブラックに載る、という事になります。

消費者金融等の貸金業者が独自に皆さんが想像するようなブラックリストを作っているケースもあるようですが、それは個人信用情報機関並びに個人信用情報とは全くの別物で、共有されるものでもありません。

本記事でご説明するブラックリスト入りは、個人信用情報に異動記録をされることについてですので、間違いないようにご注意してください。

では、ブラックリスト入りとなる金融事故とは、どういう状態なのか具体的に見ていきましょう。

ブラックリスト入りとなる金融事故とは

個人信用情報に、2~3ヶ月以上の長期延滞の記録が記載されてしまうと、ブラックリスト入りになる可能性が高いです。
わかりやすく言い換えると、ローンの返済を最大3か月しなかったら、誰でもブラックリスト入りとなるわけです。

2~3ヶ月と幅があるのは、業者が個人信用情報に情報を伝えるタイミングが月一度だからです。2ヶ月延滞が続いている状態だと、ブラックリストに入る場合と入らない場合とどちらの可能性もあります。

しかし、いずれにしても、引き続き返済し続けなければならないのは変わりませんし、ブラック入りすることで大変な影響が出てしまいます。
下記の内容で確認していきましょう。

どの業者も、定期的に個人信用情報をチェックしている

ブラック状態となれば、クレジットカードも他のカードローンも強制解約になります。それはどの業者も、定期的に個人信用情報をチェックしているからで、このことを途上与信と言います。

他社で既に延滞しているユーザーにそのままキャッシングやクレジットカードの利用を継続させると、自社でも延滞されるリスクが予想されるので、そういった貸し倒れを防ぐために途上与信はどこでも行われるのです。

長期延滞がある状態では、すぐには返済できないでしょう。
しかし、そのまま放置していれば、給与の最大4分の1を差し押さえられる羽目になったり、裁判の場に引き出されたり…なんて事もあります。

給与の差し押さえという状況になりますと、勤務先には迷惑を掛ける事になりますし、さらに噂が立ったりと立場的に厳しい状況になりかねません。
ブラックリスト入りするという事は、社会的信用を失う事に繋がるので、やはりブラックになる前に返済をしてしまうのが一番です。

遅延損害金を支払えない場合の解決策

遅延損害金が発生してしまったとき、誰もが好きで遅延させている訳ではないと感じているでしょう。
その中には「うっかり滞納してしまった」なんていう方もいらっしゃるかもしれません。
しかしそんなうっかりミスで遅延損害金が発生してしまうのは悲しいので、まずはうっかり滞納してしまう状況を解消していく事が大切です。

どうしても約定日に支払いする場合もあるかと思いますが、その場合はまず、利息だけでも支払える状況であれば、貸金業者からしてみれば、返って都合がよいため、対応してもらえるケースもあります。

任意整理といった借金を整理する手続き

任意整理というのは、借金が返せなくなった際に、裁判所を通さず貸金業者と直接交渉して返済していく方法です。

しかしこれは自分では直接交渉はできず、弁護士や司法書士などの専門家に依頼しなければ、業者には相手にしてもらえません。

任意整理のメリットとしては、弁護士、司法書士が窓口となって、貸金業者に交渉し、将来利息・遅延障害金をカットしてもらえるという事です。
また、長期間に渡る継続的に貸し借りを繰り返している場合は、過払い金が発生している場合もありますので、過払い金が回収できれば、借金返済金として回す事ができるのです。

しかし、この方法はあくまでも返せなくなった借金をどうするか、という手段で、自己破産などと比較をして検討をするものです。
遅延によって生じる反射的な損害である遅延損害金とは、悩みのレベルが数段違いますので、任意整理は最終手段として考えて下さい。

また、任意整理は「遅延損害金を支払わないための手続き」でもなんでもありませんので勘違いしないようにしましょう。

借金の「遅延損害金」1日でも早い返済を

今回は、遅延損害金について解説していきましたが、参考になりましたでしょうか?
返済の遅延が、大変怖い結果を招くことはしっかりお伝え出来たかと思います。

カードローンを利用する場合は、以上の事をふまえ、よく考えながら利用する事をおすすめします。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.