カリテミオトップページ > 目的別ローン > 自動車ローン > 専業主婦や無職がマイカーローン審査を通して車を買う方法

専業主婦や無職がマイカーローン審査を通して車を買う方法

更新日:

公開日:2018.11.22

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

専業主婦や無職で収入が無い場合や、収入が不安定なパート・自営・派遣社員などの場合、車が欲しいと思っても審査に通るかどうか不安に感じることが多いようです。

しかし、収入が無い人や収入が不安定な人でも、マイカーローンの審査を通すことは可能です。

今回はそんな方法を、単独でも可能な場合と条件をつければ可能な場合に分け、具体的に解説していきます。

また、マイカーローンの定義や審査の難易度、契約時に必要な書類や注意事項などについても詳しくみていきましょう。
マイカーローンを考えているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも、マイカーローンとは?

マイカー、つまり自分名義の車に関する目的別ローンのことを言います。

目的別ローンというのは「あらかじめ使い道が限定されているローン」のことで、「借りたお金は、決められている使い道以外に使ってはいけない」という契約のローンのことです。

マイカーローンで決められている使い道は、契約内容によって違います。
新車購入や中古車購入のみOKな場合もあれば、車検や修理費用などにも使える場合もあり、申し込み時に契約内容をしっかりと確認することが必要です。

マイカーローンと自動車ローンは違う?

良く似た商品で「自動車ローン」というものもありますが、だいたい同じような内容になっています。

自動車ローンの場合は「マイカー」と付いていませんが、車の名義人とローンの契約者が同じでなければ融資してくれないという点も、よく似ています。

マイカーローンは目的別ローンのため、契約するまでに「月々の返済額」と「返済年数」を金融機関と相談して決めておくのが一般的となっています。

マイカーローンの審査の難易度は?

目的別ローンは、あらかじめ用途が決まっていない多目的ローンと比べて審査が厳格で、難易度が高い場合が多いようです。

これは昔、目的別ローンが家や車、教育ローンなど高額な貸付が多かったことが理由のひとつです。
そのため勤務先や勤続年数、年収などが厳しくチェックされることとなりました。

また、借りたお金を何に使うかを証明する「資金使途証明書」を提出しなければならない場合がほとんどです。

各金融機関は資金使途証明書を元に、「申込金額に相違がないか」「本当に、契約通りに決められた購入やサービスに使うのかどうか」などを審査していきます。

ちなみに、マイカーローンの資金使途証明書は、車の見積書といったケースが多いようです。

パート、派遣社員、専業主婦、無職での難易度が知りたい

誰かに「お金を貸してほしい」と言われたとき、あなたならどのような基準でお金を貸すか判断しますか?

結局のところ、その人が「どれぐらい信用できそうか」「きちんと返済できるだけの収入があるか」というのが判断材料になってきますね。

各金融機関も同じような感覚で審査を行います。

  • 収入

  • 勤続年数

  • 勤務先

  • 他社の借り入れ件数や金額

上記の内容を重視して判断していくのが一般的です。

難易度の判断基準

収入面のみで判断するのであれば、「パート」「派遣社員」「専業主婦」「無職」のうち、収入の無い専業主婦と無職の難易度がいちばん高くなります。

次に、パート、派遣社員の順に審査は通りやすくなります。

ただ、他社での借り入れ件数や金額などによっても大きく左右されるため、いちがいに難易度を示すのは難しいのが現実です。

また、パートや派遣社員でも、勤務先に信用があり勤続年数が10年や20年と長く、ある程度安定した収入を得られている場合には、正社員とほぼ同格とみなされて審査がスムーズになることもあります。

「専業主婦や無職でもマイカーローンが通る」はホント?

専業主婦や無職でもマイカーローンの審査を通すことは可能です。

では、どういった場合に審査が通りやすく、どういった場合に審査が通りにくいのかを具体的にみていきましょう。

専業主婦や無職でも単独で審査が通る場合

専業主婦や無職の人が単独でマイカーローンを申し込みたい場合は、やはり制限がでてきます。
単独でも審査が通る可能性があるのは、大きく分けて下記のようなケースです。

  • 信用情報に傷がない(延滞情報や、調停・債務整理などの法的手続き情報)

  • 他社での借り入れ件数が無い、もしくは1件・2件程度で借入額が少ない

  • 申し込みする金額が少ない

深掘り-専業主婦や無職でも単独で審査が通る場合の解説-

信用情報とは?

借り入れをしている金融機関が、信用情報を扱うセンターに登録している場合、そこに登録される個人情報や借り入れ状況のことを「信用情報」と言います。
また、信用情報を扱うセンターとは「信用情報機関」のことを指します。

そして借り入れ状況とは契約日や契約金額、支払い状況のことを指し、延滞や法的手続きの情報も含みます。

この信用情報は、信用情報機関に登録している金融機関がお互いの顧客の情報を共有するためのもので、これは各金融機関が閲覧できる情報となります。

収入が無い上に信用情報に傷があったり、他社での借り入れ件数や金額が多い場合は、もちろん審査は通りません。

申込み金額が少ない中古車なら有利?

単独でも審査が通る可能性のある「申し込みする金額が少ない」というのは、頭金が用意されていて、マイカーローンで契約する金額が少ない状態のことです。

中古車の購入で申込金額が少ない場合もこちらに当てはまりますが、頭金が用意できている場合には資金力についてもプラスの評価がつくため、さらに審査が通りやすくなります。

専業主婦や無職の審査通過が難しい理由

  • 信用情報に傷がある(延滞情報や、調停・債務整理などの法的手続き情報)

  • 他社での借り入れ金額や件数が多い

  • 申し込みする金額が多い

  • 頭金の用意がない(全ローン)、頭金が少ない

ポイントとしては、専業主婦や無職でも単独で審査が通る場合と真逆のイメージと考えると理解しやすいです。

専業主婦や無職でも審査が通る理由はコレ!

単独では審査が通らなかった専業主婦や無職の人でも、条件を加えることで、審査が通る場合もあります。

その条件が、「連帯保証人」になってくれる人を探すということです。

配偶者や親や兄弟など誰でも大丈夫ですが、審査が通るような人を見つけ保証人になってくれるよう頼む必要があります。

また、審査を通過させる方法とは少し違いますが「配偶者が契約し、ファミリーカーとして乗る」という方法もあります。

では2つの方法について、もう少し掘り下げてみていきましょう。

連帯保証人を考えている場合

連帯保証人になってくれる人を選ぶときは、勤務先に信用があり勤続年数が長く、収入が安定している人にお願いしましょう。

連帯保証人に多いのが配偶者、親、兄弟など家族や親近者ですが、信用情報に傷があったり、他社での借り入れ件数や金額が多かったりすると、保証人として受け入れてもらえない場合もあります。

連帯保証人になってくれる人が親しい間柄であれば、先にいろいろと確認しておくとスムーズでしょう。

配偶者が契約する場合

配偶者が契約者となる場合は、「契約者も配偶者」「車の名義人も配偶者」「主に車を運転するのも配偶者」である必要があります。

ですから、ファミリーカーとして専業主婦や無職の方が「ちょい乗り」する場合には特に問題はありません。

しかし、実際に車を運転する人が配偶者ではなく、専業主婦や無職だった場合には問題があります。

たとえ配偶者であったとしても「名義貸し」「名義借り」は、各金融機関が禁止しているだけでなく、各金融会社に対して詐欺罪に問われる可能性があるのです。

「配偶者や家族、友人に契約させて車は自分が使いたい」という場合もあると思いますが、こういった行為は契約違反となる「名義貸し」「名義借り」にあたりますので注意が必要です。

次項ではさらに詳しく解説していきますので、詐欺罪などに問われないよう気をつけましょう。

「名義貸し」「名義借り」は犯罪

マイカーローンの審査が通らなかったとき、「誰かに名義を借りれば良いのでは?」と考える人もいるでしょう。

しかし、「名義貸し」や「名義借り」は各金融機関が禁止していますし、場合によって各金融機関に対する詐欺罪が成立する可能性もあります。

完済したケースで詐欺罪に問われたケースはありませんが、たとえば途中で支払えなくなった場合などは詐欺罪として通告される可能性があるということです。

この場合、名義を貸した側も名義を借りた側も詐欺罪に問われる可能性があります。
また、いちど名義を借りてしまうと、状況が変わったときに「名義を貸してほしい」と頼まれ断れなくなってしまうケースも多々あります。
名義を貸す側には、とても大きなリスクがありますので注意しましょう。

名義を貸したときのリスク1

たとえば名義を借りている側の返済が滞ったとき、お金を借りる際に契約しているのは名義を貸している側ですから、連帯保証人が最後まで返済していかなけれはなりません。

金融機関に電話して「私は名義を貸しただけです」と言った時点で、契約違反を盾にすぐに一括返済(すべての金額を支払う)するよう迫られるだけです。
それだけでなく、「詐欺罪で通告する」と忠告されるかも可能性もあります。

名義を貸したときのリスク2

マイカーローンで名義を貸す場合、支払いの滞りと同じぐらい恐ろしいのが、車の事故です。

マイカーローンの場合、契約者と車の名義人が同じでなければ契約できないのが一般的なため、車の名義は「名義を貸している人」運転しているのは「名義を借りている人」となっているケースが通例です。

そのため運転者が事故を起こしたときには、名義を貸している人が所有者責任を問われることもあるのです。

車の事故には十分に注意しましょう。

審査が通らない専業主婦や無職の最後の手段に潜むリスク

専業主婦や無職の人が、どうにかして審査を通したいと思った末に犯罪に手を染めてしまうことも少なくないようです。

特に多いのが、「名義貸し」や「名義借り」のように罪の意識がないまま犯罪に手を染めるケースです。

他にも犯罪に巻き込まれたり、高額な費用を支払ったり騙されたり、さまざまなケースが報告されています。

ここから先は、実際に起こったケースを紹介していきます。
同じような立場にならないよう、十分に気をつけましょう。

ケース1

友人が名義を貸してくれると言ったのでお願いしたところ、「他人の名義を借りてローンを組むのは詐欺」だと脅され体の関係を迫られたり、金銭を要求されたりした。

  • 解説

犯罪であることを知らずに、名義を借りてしまった人に起こりがちなケースです。
名義を貸したほうも詐欺罪などに問われることがあるにもかかわらず、強気で脅してくるような人もいるのです。

弱味につけこまれないよう、名義を借りてお金を借りるなどの行為は絶対にやめましょう。

ケース2

お金を支払ったら保証人になってあげると言われ、高額な謝礼を支払ったが保証人になってもらえなかった
もしくは、保証人審査が通らなかった。

  • 解説

「どうしてもマイカーローンを組みたい」という気持ちにつけこまれるケースです。

お金は先払いで要求されるため、あとから文句を言うことが難しくなります。
少し謝礼を払ったぐらいで、他人が保証人になってくれるようなことは無いに等しいと思っておいたほうが無難です。

ケース3

昔、名義を貸してくれた友人が「名義を貸してほしい」と頼んできたので、断れず代わりに契約したところ、1回も支払いをせずに行方不明になった。

  • 解説

昔に自分も頼んだことがあるからと断れず、名義を貸してしまうパターンです。

いちどでも誰かに名義を借りたり貸したりしてしまうと、なかなか抜け出せず、結局はきちんと支払いをしている人が損を被ることになってしまいます。

「名義借り」も「名義貸し」も、詐欺罪に問われる可能性のある立派な犯罪です。絶対にやめましょう。

ケース4

名義を貸す代わりに、銀行の口座を作って差し出すよう言われた。

  • 解説

名義を借りたことが原因で、犯罪やトラブルに巻き込まれていくケースが後を絶ちません。口座を他人に渡せば、「オレオレ詐欺」などの犯罪に使われることがあります。

最終的には、パスポートや戸籍なども渡さなければならない状況になることも考えられます。
名義を借りるのは絶対にやめましょう。

関連記事をチェック!

知らなかったでは済まない!口座売買の実刑までの流れと解決法

懲役や罰金だけでは済まない口座売買の代償 口座売買を行ってしまうと罰金や懲役に加え、日常生活に影響をきたすという大...

関連記事をチェック!

口座を売ると前科がつく?口座売買掲示板の実態と体験談

口座売買は犯罪!安易にやると一生後悔することに 口座売買の存在をご存知でしょうか? ネットの普及により情報が浸透...

収入がゼロ、もしくは不安定でも自分の車が欲しいという人へ

審査に通過しやすい状況を知る

収入が無い、もしくは収入が不安定な状態だがマイカーローンの契約がしたいと思ったとき、どのようにすれば審査に通過しやすくなるのでしょうか。

下記に、審査通過しやすくなる条件をまとめましたので一度チェックしてみましょう。
これは条件にあてはまる数が多ければ多いほど、審査に通過しやすくなります。

  • 信用情報に傷がない

  • 他社での借り入れ件数が無い、もしくは1件・2件程度で借入額が少ない

  • 勤務先が大手、もしくはメジャー

  • 勤続年数が長い

  • 収入が安定している

  • 頭金がたくさんあり、申込金額は少ない

  • 保証人を用意できる

上記の条件にまったくあてはまらず、マイカーローンの審査にも落ちたという方は、ひとつでも多く上記の条件にあてはまるよう努力しリベンジしてみましょう。

どうしてもマイカーが欲しいとき

マイカーローンの審査が通らない場合は、リースという手も考えてみましょう。
「マイカーローンの審査は通らなかったけれど、リースの審査は通った」というパターンは多いので、検討してみる価値はあります。

マイカーローンを申し込むときの注意事項と必要書類

マイカーローンを申し込む前に、注意しておきたい項目や必要書類をまとめてみました。
いちど目を通してから申し込むことをおすすめします。

注意事項

マイカーローンを申し込みたいと考えているなら、まずは購入したいと考えている車の価格が自分の経済力と釣りあっているかどうかを冷静に考えてみましょう。

蓄えがあるなら話は別ですが、無職で収入がゼロなのに500万もする高級車を購入しても、月々の支払いが滞るのは目に見えています。

無職の人はまず、アルバイトやパートで収入を得て「月々いくらぐらいなら支払える」という目途をつけてから契約するようにしましょう。

また、専業主婦で自分自身に収入が無い場合は急な出費に備え、配偶者の自由になるお金の半分~3分の2までで月々の支払いを収めておくとベストです。

収入が不安定なパートや派遣社員、自営業の場合は2ヵ月~3ヵ月分の支払いを余分にプールさせておいてちょうど良いぐらいです。

プールさせるお金の無いギリギリの状態で、マイカーローンを組むのはやめましょう。

必要書類

  • 顔写真つきの本人確認書類

  • 収入証明書(専業主婦や無職の場合は不要、自営業の場合は課税証明書など)

  • 資金使途証明書(事前に金融機関から指定のあったもの)

  • 印鑑(シャチハタ以外)

契約時には上記4点が必要になりますが、収入証明書は契約する金額によって不要な場合もあります。

専業主婦や無職で収入がゼロの場合には、提出しなくて良い場合がほとんどで、提出が必要な場合には課税証明書を提出することが多いようです。

自営業の場合は確定申告書、または課税証明書の提出が一般的です。

資金使途証明書というのは、「借りたお金を何に使うのかを証明できるもの」のことで、マイカーローンの場合は、車の見積書というケースが多くなっています。

まとめ

専業主婦や無職で収入が無い場合や、収入が不安定なパートや派遣社員、自営業でもマイカーローンの審査を通すことは可能です。

しかし収入が無いことや収入が不安定なことは、もちろん審査のマイナスポイントになります。

もし単独で審査が通らない場合でも、保証人をつけたり頭金を準備したりすることで審査に通りやすくなります。

ぜひ本文を参考にしながら、犯罪に巻き込まれないよう正しい方法で審査を突破してください。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.