カリテミオトップページ > 銀行 > 銀行からお金を借りる条件|銀行が喜んで貸したくなる客とは

銀行からお金を借りる条件|銀行が喜んで貸したくなる客とは

更新日:

公開日:2019.3.12

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

銀行からお金を借りるためには当然ながら条件があります。そして、申し込むローンによってその条件は異なってきます。

そういった条件を知ることができれば、ローンの審査を少しでも有利に運ぶことができます。

そこで今回は、銀行が喜んでお金を貸したくなる条件について解説します。
これを知ることができれば、審査に通過できるか不安な人も銀行からお金を借りられる確率が高まります


この記事はこんな人にオススメ!

  • 銀行のローン審査に通るか不安
  • 銀行からお金を借りる際の良い条件とは何か

銀行からお金を借りるときの条件とは

銀行からお金を借りるときの条件にはどのようなものがあるのでしょうか。
銀行の各種ローンの申し込み条件を確認してみると、「申込時満20歳以上69歳以下の人」や「安定した収入のある人」とあります。

しかし、この条件をクリアしていれば誰でも借りられるのかといえば、もちろんそのようなことはありません。

上記は申し込むための最低条件であって、審査ではさらに申込者の「信用情報」と「属性」を見られます。

「信用情報」とはローンやクレジットカードの履歴のことで、過去の支払状況や滞納の有無などを見られます。
「属性」とはその人の年齢や性別、年収、勤続年数などのことを指します。

こういった信用情報や属性をしっかりと理解しておけば、銀行からお金を借りるときの条件もわかります。

銀行からお金を借りるときの条件|信用情報

信用情報で最低限クリアすべき条件は以下の通りです。

  • 滞納の有無
  • 債務整理の有無

滞納や債務整理の経験があれば、銀行からお金を借りるのは難しいです。しかし、ある程度の年数が経過していれば可能かもしれません。

滞納の有無

他の銀行や消費者金融のローン、またクレジットカードの支払いなどで長期の滞納の履歴があれば銀行からお金を借りることはできません

滞納をした過去があるということは、またするかもしれない、次は返さないかもしれないと思われてしまうからです。

滞納の情報は信用情報機関によって違いはありますが、1年~5年は残ります。もし心当たりがある人は信用情報が消えるまで申し込みを控えたほうがいいでしょう。

心配な方は、自分の信用情報を確認してから申込むことをおすすめします。
各信用情報機関の開示方法についても詳しい記事がありますので、ぜひこちらも併せて確認してみてくださいね。

信用情報を扱うCICとは?審査が不安なら自分の情報を開示してみよう!

要確認!JICC(日本信用情報機構)でのおすすめ開示法&開示書の見方

全国銀行個人信用情報センター(JBA・KSC)とは?どんな役割をしているの?

債務整理の有無

債務整理とは任意整理、特定調停、個人再生、自己破産といった合法的に借金を減額、帳消しにできる手続きのことです。

債務整理の記録も信用情報機関からは5年~10年で消えますが、それとは別に全国銀行協会というものがあり、そこでも信用情報を保管しています。

よって、過去に銀行からお金を借りて債務整理をした場合には再び銀行で借りるのは非常に困難です。

しかし、信用情報機関の信用情報は前述したように5年~10年で消えるので、そのあとであれば消費者金融で借りられる可能性があります。

銀行からお金を借りるときの条件|属性

属性については以下をチェックしておきましょう。

  • 年齢
  • 年収
  • 勤務先
  • 勤続年数

それぞれの条件について詳しく見ていきましょう。

年齢

前述したように、申し込みの条件は「申込時満20歳以上69歳以下の人」というものが多いですが、これはあくまでも最低条件です。

60代の人と30代の人が同じ条件でないことは想像できると思います。
一般的には30代~40代は審査に有利に働くと言われており、それ以上になると審査に不利に働く可能性があります。

年収

年収の条件は借入希望額やローンの種類にもよりますが、最低でも年収200万以上が条件と言われています。

しかし、200万円ではローンの種類も限られますし、ほかの属性も大切になってきます。

また、年収は多ければ多いほどいいと思われるかもしれませんが、毎月の収入の変動が大きいとあまり評価されません。毎月安定した収入がある人の方が銀行からは好まれます。

勤務先

銀行が大切にしていることは貸したお金が確実に返ってくることです。そのため安定した収入に重きを置くことは前述しました。

そういった観点からみると、銀行がお金を最も貸したいと思うのは公務員です。公務員は自主退職以外に職をなくす心配が非常に低く、収入も安定しているからです。

また、当然ですが中小企業よりも大企業、個人事業主よりも会社員の方が有利です。

雇用形態も正社員>契約社員>アルバイトの順に有利になります。
しかし、カードローンなどはアルバイトでも安定して収入があれば借りることができるので、アルバイトで低収入だからといって諦める必要はありません。

勤続年数

勤続年数は最低でも1年は必要です。銀行によっては2年を最低ラインにしているところもありますが、勤続年数は単純に長ければ長いほど有利です。

勤続年数が長いということはすぐに仕事を辞める人ではない、つまり収入が安定するということだからです。

逆に勤続年数が短い人は今後も仕事を辞める可能性があり、収入が安定しないと考えられてしまいます。勤続年数が短い人は少しでも延ばせるようにしましょう。

銀行からお金を借りるために、目的型ローンの条件を知ろう

目的型ローンは借りたお金の使い道が限定されますが、カードローンやフリーローンと比べて金利が低いという大きなメリットがあります。

自分の目的に則したローンがある場合にはそちらのローンに申し込み、返済額が少なくなるようにしましょう。

主な目的型ローンは以下になります。

  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン

それぞれがどのような性格のローンなのか詳しく見ていきましょう。

住宅ローン

住宅ローンは家の購入費用や建築費用のためのローンです。
家の購入ということで借入額が非常に大きくなり、返済期間も長くなります。そのため審査は銀行のローンの中でもトップクラスに厳しいです。

住宅ローンとその他のローンの大きな違いは、購入した住宅そのものが担保になっているということです。

購入する家や土地に銀行の抵当権がつくので、住宅ローンの返済ができなくなった際は差し押さえの対象になります。

住宅ローンとして有名なものに楽天銀行の「フラット35」というものがあります。フラット35のサイトでクイックシミュレーションがあるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

マイカーローン

マイカーローンはその名の通り、自動車の購入のためのローンです。

マイカーローンは銀行や会社によって金利に違いがあることが多いので、いくつか候補をあげてから精査するのがいいでしょう。

また、購入したディーラーが勧めてくれるローン会社は通りやすいとも言われています。

自動車を購入する際に大切なことは、身の丈にあった自動車を購入することです。憧れの車はあるかもしれませんが、ローンと維持費で生活が回らなくなり結局手放すことになりかねません。

事前にシミュレーションで無理なく返済できる金額を知っておきましょう。

教育ローン

教育ローンは子供の授業料などの教育費や養育費に使えるローンです。
日本政策金融公庫が扱う「教区一般貸付」が最も代表的ですが、各都市銀行や地方銀行でもそれぞれ教育ローンを取り扱っています。

教育ローンと他のローンの大きな違いは、所得が高い人ほどローンの審査に通りにくいということです。

また、似たようなものとして奨学金がありますが、奨学金は本人への貸付であるのに対して教育ローンは保護者への貸付という違いがあります。

日本政策金融公庫の「国の教育ローン」にも返済シミュレーションがあるので試してみてください。

教育ローンとカードローンのメリット・デメリットを比較してみた!

ブライダルローン

ブライダルローンは結婚費用専用のローンでウェディングローンとも言われます。
銀行でブライダルローンを取り扱っているところはあまり多くないですが、地方銀行や信用金庫で取り扱っていることがあります。

例えば、楽天銀行のブライダルローンは固定金利7%、保証人不要、最大300万円という条件で取り扱っています。

また、ブライダルローンは銀行よりも信販会社などの方が取り扱いが多いでしょう。

結婚式の費用はろうきんで安心!他のブライダルローンとろうきんの徹底比較

これらが主な銀行の目的型ローンです。
各ローンには参考までにシミュレーションのURLを記載したので、お手隙の際にぜひお試しください。

銀行からお金を借りるための条件をクリア!審査に必要なものとは

銀行 お金を借りる時に必要なもの

銀行からお金を借りるための条件は、そんなに難しいものではありません。
目的型ローンとカードローンやフリーローンではもちろん条件は違います。カードローンやフリーローンは、目的型ローンに比べて条件は緩くなります。

申し込むローンによって条件や必要な書類は異なるので、詳しくはこちらをご覧ください。

銀行でお金を借りる時に必要なもの一覧!事前準備で安心して借りる

このように、ローンを申し込むために必要な書類はすぐに用意できるものばかりです。提出書類は銀行によって多少の違いがあるので、詳しくは申し込む銀行に聞いてみましょう。

次項では銀行が喜んで「この人にお金を貸したい」と思ってもらえる方法、審査に通過しやすくなる方法について解説します。

銀行が喜んで貸したくなる「お金を借りる条件をクリアした人」とは

銀行のローンは審査が厳しく、銀行からお金を借りるのは難しいと考えている人が多いかもしれません。

しかし、銀行はお金を貸したくないわけではありません。むしろ積極的に貸したいとさえ思っています。

どういうことかというと、銀行は貸したお金の返済利子で利益を得ています。貸さなければ利益は出ません。
また、銀行員には利益ノルマがあります。ノルマを達成するためにも返済の可能性が高い人にはお金を貸したいものです。

では、銀行側がお金を貸したくなるのはどのような人でしょうか。ここでは「審査に通りやすくなるコツ」を解説します。それは以下2つです。

  • 普段取引している銀行であること
  • 自己資金を用意していること

なぜ以上のことで審査に通りやすくなるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

普段取引している銀行であること

普段取引している銀行だとお金が借りやすくなります
口座を所有しているというだけでなく、給与の振込口座やクレジットカードの支払い口座になっていれば、さらに借りやすくなります。

というのも、給与の振込みやクレジットカードの支払いがわかれば、その人のお金の流れが把握しやすくなるので返済可能かどうかの判断が容易になります。

つまり現時点で口座を所持していないのであれば、口座を作り信用を得てから融資を申し込むようにした方が審査に通りやすくなります

自己資金を用意していること

住宅ローンやマイカーローンのような高額の借入れを行う場合は、自己資金を用意しておくとお金を借りやすくなります。

近年では自己資金がなくとも銀行からお金を借りられる可能性はありますが、自己資金があるかないかで大きく審査内容は変わると思った方がいいでしょう。
少額でもしっかり貯めたとわかるような通帳があれば印象は変わります。

銀行としてお金を貸すという立場で考えてみてください。
勤続年数が短く会社の規模もあまり大きくはない、年収も高くない。さらに自己資金もないという人にお金を貸したくなるでしょうか。

少しでも融資の可能性を高めるためにも、借りたい銀行の口座を所持し信用を高めること、そして自己資金を用意することを実践してみましょう。

銀行でお金を借りる条件に不安がある人は...

「条件が厳しく、自分のような収入では貸してもらえないのではないだろうか…」と、銀行でお金を借りる条件に不安を感じる人もいます。

しかし、冷静になって考えてみましょう。

日本にある住宅のほとんどは銀行の住宅ローンでお金を借り、建てられたものです。自己資金だけで一括購入したという人はほとんどいません。

そしてそれは住宅ローンに限ったことではありません。日本全国にこれだけのローン経験者がいます。

そして、その全員が大企業に勤めているわけでもありません。あなたがローンの審査に不安になる理由があるでしょうか。

少額であれば消費者金融で借りることも検討

少額の借入れであれば審査の厳しい銀行ではなく消費者金融で借りるというのも一つの手です。
少額であれば返済額は銀行と変わりません。さらに、消費者金融によっては無利息期間があり、返済額が少なくなる可能性もあります。

銀行は消費者金融と比べれば、審査は厳しく即日融資にも対応していません。とにかく急いでいる人や、より確実に借りたい人、借りる額が少額だけの人には銀行よりも消費者金融の方がおすすめです。

高額であれば銀行で借りられるように努力しよう

少額であれば消費者金融で借りることを検討してもいいですが、借入希望額が高額の場合は銀行で借りられるように努力しましょう。

金利は数%の違いかもしれませんが、借入額が高額で長期間になれば返済額に大きな違いが生まれます。

銀行でお金を借りることができれば安心かもしれません。
しかし銀行にこだわるのではなく、お金を借りる額や期間によって銀行で借りるのか、消費者金融で借りるのかを検討し直してもいいのかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は銀行がお金を貸したくなる条件について解説してきました。

審査に通過するかどうか微妙な人は、闇雲に申し込むよりも銀行が貸したくなるように条件を整えましょう。

お金を借りるためにまず重要なのは「信用情報」と「属性」です。

過去のローンやクレジットカードの返済において滞納や債務整理がないこと、勤続年数が1年以上で年収は最低でも200万円以上などが最低条件です。

さらに、ローンによって条件に違いがあります。
例えば住宅ローンはトップクラスに審査が厳しく、審査に通過しても住宅が担保になるのでローンが払えなくなれば差し押さえにあってしまいます。

その他、マイカーローン、教育ローン、ブライダルローンとローンによって条件が違うので、各ローンの特徴を知ることが審査通過の近道になります。

また、銀行が喜んでお金を貸したくなる人には特徴があります。それは「普段取引している銀行であること」、ローンによっては「自己資金を用意していること」というものです。

このような条件をしっかり把握することでローンの審査に通過する可能性が高まります。

少しでも不安がある人は、申し込むローンの特徴や条件をしっかり調べるようにしましょう。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.