カリテミオトップページ > 目的別ローン > ブライダルローン > 無利息期間があるブライダルローンが最もおすすめ!その理由と比較

無利息期間があるブライダルローンが最もおすすめ!その理由と比較

公開日:

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

「ご祝儀を充てるつもりだった結婚式の費用を前払いで請求された。どうしたらいい?」

こんな状況に陥っても焦る必要はありません。お金をすぐに用意できるブライダルローンを検討してみてはいかがでしょうか。

新婚の人の強い味方となってくれるブライダルローンについて、お得な使い方やおすすめのローンを詳しく解説していきます。

この記事はこんな人にオススメ!

  • 手持ちの現金だけでは結婚式の費用が払えない人
  • ブライダルローンの利用を検討している人

無利息期間があるブライダルローン|ご祝儀を活用したお得な利用方法

結婚式には数十万円から数百万円までと、結婚式にはまとまったお金が必要ですよね。
もし手元に現金が用意できない場合、心強い味方となってくれるのがブライダルローンです。

ブライダルローンは各社からさまざまな商品として販売されています。中でも無利息期間が設けられているタイプは、借り入れにかかる負担を抑えられる点で魅力の商品でしょう。

この「無利息期間」とは、借入額を全て返済すれば一切の利息がかからない期間のことです。通常、1~3ヶ月程度の長さで設定しているローンが多く見られます。

例えば、結婚式を挙げるまでは手持ちの資金がないけれど、結婚式のご祝儀を充てればなんとか全額支払えるといった場合は、利息を一切払うことなく結婚式の費用にできるというわけです。

あるいは、無利息期間が過ぎ利息が発生してから返済するという使い方でも構いません。しかしこの場合、さすがに利息ゼロというわけにはいきません。それでも、他で借金するより無利息期間の分だけ利息を抑えられてお得です。

ブライダルローンとは?仕組みから注意点までまるごと解説!」で解説をしていますが、無利息期間があるとはいえ使用使途を把握しておかなければ、充てるつもりの費用に充てられない事態を招きかねません。不安な人は確認しておきましょう。

次に、無利息期間を設定しているブライダルローンを具体的に見ていきましょう。

ゼクシィ結婚式費用立替プラン

結婚情報誌でおなじみのゼクシィが手がけるのが「ゼクシィ結婚式費用立替プラン」です。

このブライダルローンでは、最長3ヶ月まで無利息で借り入れができます。3ヶ月もあれば、結婚式で得られるご祝儀も十分支払いに間に合うでしょう。
万が一それで足りなかったとしても、期間中にお金を貯めるだけの猶予は確保できますね。

申込条件は、次の通りです。

  • スルガ銀行リクルート支店に口座を作る
  • 20歳以上65歳未満である
  • 安定した収入が継続してある

このうち、特に注意しておきたいのが「スルガ銀行リクルート支店に口座を作る」という部分です。
すでにお持ちの他銀行の口座を指定して使うことは認められておらず、必ずスルガ銀行リクルート支店の口座を事前に開設する必要があります。

このブライダルローンのデメリットとして、以下の点にもご注意ください。

  • 無利息期間経過後は最大で年12.8%の利息が発生する

「ゼクシィ結婚式費用立替プラン」は、無利息期間が過ぎた段階で年最大12.8%の利息が発生します。
無利息期間を設けていない一般的なブライダルローンの平均利率がおよそ年7.0%であるので、5%以上高い利息が発生するわけです。

例えば、300万円を借りた状態で無利息期間中に一切返済を行わなかったとします。すると、

300万円×12.8%×1/12=3万2,000円

となり、1ヶ月当たりおよそ3万円の利息が元本に加算されます。年7%のブライダルローンと比べ1ヶ月1万円以上の利息の差が発生し、これだけでも大きな負担でしょう。

ジャックスが提供するプレシャンテ

信販会社大手としても有名なジャックスが手がけるブライダルローン「プレシャンテ」は、翌月一括払いに設定すれば無利息で借りられます。
ただし借入額を問わず、一括払い手数料として1万5,000円が発生する点にご注意ください。
このブライダルローンの利用条件は、以下の点のみです。

  • プレシャンテと提携している結婚式場で挙式する

プレシャンテと提携している結婚式場は、国内でおよそ400ヶ所です。

なぜ、提携している式場での挙式が利用条件となっているのでしょうか。このブライダルローンでは契約者に対して代金を支払うのではなく、結婚式場に対しジャックスが直接支払う方式を採用しているためです。
このため、年齢条件や指定口座の開設といった条件は一切設定されていません。

このブライダルローンを使う上で考慮しておくべきデメリットは、以下の通りです。

  • 式場費用以外の用途に借入金を使えない
  • 分割払いでは無利息が適用されない
  • 金額を問わず、一括手数料が一律1万5,000円かかる

借り入れする資金は全てジャックスから式場に直接支払われるので、契約者には一切現金が渡らない契約です。つまり、借入金で余ったお金を新婚旅行の費用に充てる、といった使い方はできません。

また、無利息はあくまでも一括払い時にのみ適用されます。3回払いなど分割払いを選んだ際には利息が発生するのでご注意ください。

ブライダルローンの金利などを比較|どこが最もおすすめか

ブライダルローンは、各社からさまざまな特徴を持った商品が販売されています。

ここでは、それぞれのブライダルローンの内容を詳しく見ていきましょう。
結婚式の規模によっては数百万円単位の高額な借り入れになるからこそ、利息の有無や条件はあらかじめ把握しておくことをおすすめします。

ブライダルローン名・銀行名 金利 利用限度額 融資までのおよその所要時間
【楽天銀行】
目的型ローンブライダル
7.0% 10~300万円 申込から1週間
【スルガ銀行】
ゼクシィ結婚式費用立替プラン
8.8~12.8% 10~800万円 申込から1ヶ月
【千葉銀行】
ちばぎんブライダルローン
5.2% 10~500万円 申込から2週間
【ジャックス】
ブライダルローン・プレシャンテ
6.5% ~500万円 申込から3日程度
【オリコ】
マイティエール(融資)・ブライダルプラン
6.0~13.2% 10~300万円 申込から1週間

金利や限度額といった情報にのみ目が行きがちですが、結婚式の費用は前払いを採用している式場も多いです。

支払いが確認できないと式を延期せざるを得ない可能性もあります。そのため、金額や金利だけでなく、申し込みから融資までの期間も必ず把握しておきましょう。
最短3日程度のものもあれば、最長で1ヶ月かかるものもあります。

「支払いに間に合わなかった!」といったトラブルに見舞われないためにも、ご自身の条件に合わせた最適なプランを選びましょう。

無利息期間がある「ゼクシィ結婚式費用立替プラン」が最もおすすめ!

各社から販売されているブライダルローンについてご紹介しました。
その中で一番おすすめなのは、「ゼクシィ結婚式費用立替プラン」です。

なんといっても、最長3ヶ月の無利息期間がこのブライダルローンならではの強みであり、他社を圧倒しています。
ただし、3ヶ月経過後は他社を超える金利が発生してしまう点にのみ注意しなければなりません。期間内に返済できるめどが立っている人になら、金利が一切かからずに借りられる手段として魅力的です。

どのローンを利用するか迷ったら、まずはゼクシィ結婚式費用立替プランを中心に比較検討してみてはいかがでしょうか。

ブライダルローンとフリーローンの違い|無利息期間はどちらが長い?

ブライダルローンを検討している人の中には、フリーローンとの違いが気になっている人もいるでしょう。

ここでは、ブライダルローンとフリーローンの違いを解説していきます。
以下の表をご覧ください。

項目 ブライダルローン フリーローン
資金使途 結婚関連のみ 使途自由
金利 大きな差はなし 大きな差はなし
融資スピード 遅い 早い

以上のように、ブライダルローンとフリーローンの最大の違いは2点、「資金使途の範囲」と「融資スピード」です。

フリーローンはその名の通り、借り入れた資金については原則として使途を限定していません。一方ブライダルローンは結婚関連の使途にのみ、利用を制限しています。
このことは金利にも影響します。使途自由のフリーローンは年15.0%の上限金利が適用されていますが、使途を限定しているブライダルローンは若干安い金利が採用されているのです。
したがって、結婚資金を目的に利用するのであれば、金利面ではブライダルローンに軍配が上がるでしょう。

借入額にも、両者には違いがあります。
フリーローンは初回から上限額が適用される可能性が低く、使い続けるごとに上がっていくのが特徴です。このため、結婚式の費用など1回だけの利用にはあまり適していません。
一方、ブライダルローンなら借入額も自分で決めることができ、初回利用時から上限額で借りることも可能です。

ブライダルローンの多くは契約する金融機関や式場側と打ち合わせで時間をかける必要があります。
借入額が高額になりやすいことから、返済能力を問う審査や資金使途の確認にも時間がかかります。即日融資してもらえない点にはご注意ください。

フリーローンの魅力

改めてフリーローンの魅力を見ていきましょう。内容は次の通りです。

  • 即日融資可能
  • 無利息での借入が可能

フリーローンは、資金使途が幅広く金利がブライダルローンよりも高い分、融資スピードが迅速で、最短即日での融資が受けられます。

フリーローンを手がける業者のうち、大手消費者金融の商品の中には基本的に「30日間無利息サービス」があります。
ブライダルローンの無利息期間と比べれば若干短いですが、ご祝儀など比較的すぐに入手できる資金で、返済できるめどが立っているのであれば、30日あれば安心です。

ただし、フリーローンは借入回数が増すほど上限額も高く設定できる反面、初回から上限額いっぱいまで借りることはほぼ不可能です。
したがって、高額になりやすい結婚式の費用として全てをフリーローンでカバーするのは現実的ではありません。あくまでも手持ちの資金の不足分を補う方法として利用するのがいいでしょう。

ブライダルローンの無利息期間を活用しない手はない!

結婚式の費用を一時的に立て替える方法として、今注目されているブライダルローンを解説しました。

数十万円から数百万円と、結婚式の規模に応じて金額もさまざまです。手持ちの資金だけでどうしても前払いができないようであれば、一時借りの方法としてブライダルローンをぜひ検討してみましょう。

例えば、数百万円単位の高額な費用が必要なれば、数あるローンの中でも無利息期間が活用できるゼクシィのブライダルローンがおすすめです。
数万~数十万円程度の少額であれば、ブライダルローンにこだわらず、同じく無利息サービスが適用される消費者金融のローンを強くおすすめします。

消費者金融の無利息サービスが適用されるローンについてもっと知りたい!という方へ「プロミスの審査から融資までの流れを徹底解説!」をご用意しましたので、あわせてご活用ください。

※記載されている内容は2019年10月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.