1. ホーム >
  2. 消費者金融
  3. >
  4. LINEポケットマネーで増額できない理由と対処法|限度額のわな

LINEポケットマネーで増額できない理由と対処法|限度額のわな

更新日:

公開日:2020.12.31

  • hatena

手軽に利用できるLINEポケットマネーですが、新規申し込み同様に増額申請時にも審査があります。審査がある以上、「増額OK」のサインが出なければ増額することはありません。

増額審査に落ちるだけでなく、利用停止になる可能性があることをご存じでしょうか?

まずは増額できない理由を把握することが大切です。

担保不要でお金借りる!最短60分

  • 20~35の方におすすめ
  • 36~60の方におすすめ

LINEポケットマネーで増額できない理由

LINEポケットマネーで増額できない理由は、大きく分けて以下3つあります

  • 支払いを延滞・滞納している
  • 利用限度額を目いっぱい借り入れしている
  • 総量規制に引っ掛かっている

それぞれ詳しく見ていきましょう。

支払いを延滞・滞納している

「LINEポケットマネーを利用していて滞納したことがある」もしくは「現在も滞納中・延滞中」という場合には増額審査に通過できる確率はかなり低いです。
「返済実績がない=信用するに値しない」ということです。

LINEポケットマネーの滞納だけでなく、その他のローンでの滞納も注意しなければいけません。例えば、携帯分割代金、マイカーローン、ショッピングローンなどのローン商品全般が該当します。

これはLINEポケットマネーの運営会社である「LINE Credit 株式会社」が信用情報機関に加盟しているため、クレジットヒストリーを把握できるからです。

長期滞納や強制解約を過去5年以内に経験したことがある人は、ほぼ間違いなく増額審査に通りません

利用限度額を目いっぱい借り入れしている

金融機関の方針によるところが大きいですが、利用限度額を満額借り入れしている人はお金に余裕がないと判断されるケースがあります。逆に、満額借り入れして返済をきちんと行えていれば優良顧客として認められることもあります

最も危険なのは「利用限度額を満額借り入れしながらも、支払いを遅延してしまっていること」です。

総量規制に引っ掛かっている

総量規制に引っ掛かってしまっている場合には、増額融資ができません。これは法律で決められていることです。

総量規制とは、年収などを基準として、その3分の1を超える貸し付けを原則禁止とするものです。これは貸付業者が対象となるので、LINEポケットマネーもこれが適用されます。

年収300万円の人を例に挙げてみましょう。

【総量規制対象の例①】

LINEポケットマネー:30万円借り入れ
その他消費者金融:70万円借り入れ
⇒LINEポケットマネーで増額申請しても、年収の3分の1を超えてしまうため増額審査に通過することはない

【総量規制対象の例②】

LINEポケットマネー:30万円の借り入れ
マイカーローン:70万円の借り入れ
⇒借入金額は例①と同じだが、マイカーローンは総量規制の対象ではないため、増額審査に通る可能性がある

例①の人が増額審査に通ることはありませんが、例②のようなケースでは総量規制の範囲外です。マイカーローンの他に、銀行カードローン、住宅ローン、ショッピングローンは総量規制の対象外です。

LINEポケットマネーで増額できなかったときの対処法

ここからLINEポケットマネーの増額審査に通らなかった場合の対処法を解説していきます。

大きく分けて以下の二つがあります。

  • 返済実績を作ってから増額再審査を受ける
  • その他キャッシングを利用する

それぞれ順を追って説明していきます。

返済実績を作ってから増額再審査を受ける

銀行や消費者金融でもなどの金融商品を扱う機関ではよくあることですが、返済実績を重ねれば「増額しませんか?」と案内がきます。案内方法は具体的に、電話、はがき、メールなどです。

このような案内は優良顧客にしか送られないケースが多いので、手元に増額案内が届いたときが増額再審査をする最適なタイミングといえます。
これはLINEポケットマネーでも同じことがいえるでしょう。

LINEポケットマネーで滞納をせずにきちんと返済実績を積み、「増額案内が来るまでは安易に増額申請をしない」ことを徹底すれば、申し込みブラックで不用意に信用情報を傷つけることもありません。

今すぐにお金が必要!という場合には、次の方法を検討してください。

その他キャッシングを利用する

LINEポケットマネーよりも、審査難易度が低い金融機関から借り入れをする方法もあります。

審査難易度を測る目安として「金利」があります。高金利なほど審査難易度が低く、低金利なほど審査難易度が低い傾向にあるのです。
つまり、銀行や信用金庫などは低金利な分、審査が厳しいのでこのケースではおすすめできません。

「無利息期間」「借入返済のしやすさ」「スピード融資」などを求めるのであれば、大手消費者金融からの借り入れを検討してください。

「自分の信用情報では大手消費者金融の審査に通るか不安⋯⋯」という人は、中小消費者金融がおすすめです。

LINEポケットマネーの審査落ちに関する情報はこちらでまとめています。

LINEポケットマネーの増額で50万円を超える場合は収入証明書が必要

もしLINEポケットマネーの増額申請で50万円以上の借り入れを希望する場合には、収入証明書の提出を求められます
※50万円以下でも求められるケースあり

以下の書類などが収入証明書として認められています。

【LINEポケットマネーで認められている収入証明書】

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 納税通知書
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • その他の書類 (青色申告決算書、収支内訳書、支払調書、年金証書、年金通知書、所得証明書)

引用元:収入証明書のアップロード方法 | LINEスコア/LINEポケットマネー 公式ブログ

収入証明書の種類によっては受け付けできる期間が決まっているので、細心の証明書の提出を心掛けましょう

提出方法はとても簡単で、LINEポケットマネーのアプリからカメラで書類を撮影し、アップロードするだけです。

LINEポケットマネー増額申請が原因で利用停止になることがある

「いざLINEポケットマネーの増額審査をしてみたら、良くない処置をされてしまった」という人もいます。

  • 信用情報にネガティブな情報が追加されていたために限度額が引き下がった(他社借り入れや他社申し込みなども該当)
  • 利用停止になってしまった

これらはカード会社が独自に行う途上与信や、貸金業法で定められている法定途上与信も関係してきます。

このことは、LINEポケットマネーのヘルプセンターでも明記されています。以下はその引用です。

利用限度額は増額できますか?

増額の審査が可能なお客さまは、LINE Pocket Moneyメインページに[利用限度額の引き上げ申込みが可能です]と表示されますので、そちらからお申込みください。

審査結果によっては、ご希望に添えない場合や限度額が下がる、もしくは利用停止となる場合があります。
また、審査の混雑状況、ご提出された収入証明書類の内容によっては、2~3日以上お時間をいただく場合があります。

引用元:ヘルプセンター | LINE Pocket Money

さらには、借入額が増えること以外にも、年収が下がってしまったことにより総量規制の対象になってしまう場合もあるのです。

LINEポケットマネーが使えない・利用停止、に関する情報はこちらの記事でまとめています。

LINEポケットマネーの増額・増枠に関するQ&A

最後に、LINEポケットマネーの増額に関するよくある質問を、Q&A形式でお答えしていきます。

LINEポケットマネーの限度額引き上げ(増額)はいくらまで?

最大で300万円まで可能です。しかし、300万円の融資を受けるためには、総量規制を考慮すると「年収900万円以上」が必須条件です。

LINEポケットマネーの増額審査の時間はどれくらいかかる?

混雑状況によっては3日以上かかってしまうこともあるようです。すぐにお金が必要な事態に備えて、事前に限度額を引き上げておくと安心です。

※記載されている内容は2020年11月現在のものです。

  • hatena
  • LINE

カードローン検索

借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能
借入限度額
最短審査時間
最短融資速度

お金を借りたい人

どのカードローンにするかお悩みの方はこちら

人気カードローンランキング
ページトップ