カリテミオトップページ > 目的別ローン > ショッピングローン > パソコンローンに審査落ちしたら。すぐに買える方法と確認すべきこと

パソコンローンに審査落ちしたら。すぐに買える方法と確認すべきこと

公開日:

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

「パソコンローンに審査落ちした。なぜ?」
「PC購入の審査には落ちたけどどうしても今すぐ欲しい!」

クリエイターやPCゲームをする人にとってパソコンは必需品です。
パソコンを一括購入できればいいですが、高額なものが多いためショッピングローンを利用する方も大勢いる一方で、審査に落ちて困っている方がいるもの事実です。

ここでは、そんな状況に頭を悩ませている方のために、

「再申し込み前に確認すべきこと」
「今すぐ買いたい人のための対策方法」

を、お伝えしていきます。今すぐ買いたいという方はクレジットカード、またはカードローンを利用することが現実的です。


この記事はこんな人にオススメ!

  • パソコンのローンに審査落ちしたけど今すぐ欲しい!という人
  • ショッピングローンの再申込みを検討している人

パソコンローンになぜ審査落ちしてしまうのか

パソコンを購入する際に、ショップやメーカーが提供するパソコンローンを利用して購入するのが一番お得です。

パソコンローンは、学生やフリーターでも審査に通りやすいのが特徴です。
しかし、購入予定のパソコンが高額になるほどローン会社の審査が厳しくなってしまいます。

ここからは、パソコンローンの審査に落ちてしまう代表的な原因を解説していきます。

パソコンローンの審査落ちしてしまう5つの原因

高額なパソコンになるほど、ローン会社は貸し倒れ防止のために審査を厳しくする傾向があります。

また、パソコンの代金とは関係ないことが原因で、審査に通らない場合があります。下記5つの原因に心当たりがあるかどうかチェックしてみましょう。

延滞・滞納をしたことがある

ローン会社は、ローン利用者の個人情報を信用情報機関でチェックします。
信用情報機関とは、これまでのローンやクレジットカード、借金など個人の金銭的な信用情報を一定期間管理している団体です。

もし、これまでにローンの支払いや借金の返済などを延滞・滞納していると、信用情報機関に情報が登録されてしまいます。
これがいわゆる「ブラックリストに登録される」「異動になる」という状態です。

ブラックリストに登録されると、一定期間の間その情報は消えることがありません。

例えば借金を滞納していた場合、借金を完済してから5年間は「滞納していた」という事実は消えません
ブラックリストに登録された情報は時間経過以外に消える方法はなく、その期間はローンやクレジットカードの申請は難しくなります。

また、時間経過でブラックリストから抹消されても「延滞・滞納」したという履歴は、利用していたローン会社に残ってしまいます

もし、今回申し込みをしたローン会社で過去に延滞・滞納をしていたとしたら、その情報が残っている可能性は十分に考えられます。

短期間に多重申込みをした

信用情報機関には金銭的な信用情報の他にもいくつかの情報が登録されます。その内の1つに、ローンやクレジットカード、借金の申請記録があります。

利用者が短期間にローンやクレジットカードを複数回申し込むと、申し込んだという履歴が残ってしまいます。

ローン会社の審査は、各会社ごとに一定の基準があります。そのため、ローンを複数申し込んだという履歴が審査に影響するとは断言できません。しかし、複数社の申し込みがあったという事実は、印象を悪くしてしまう可能性は十分にあります。

ローンやクレジットカードの申請の履歴は、保存される期間がおおよそ半年から1年が目安となっています。

収入が少ない、安定していない

パソコンのローン審査に落ちる原因として最も多いのが、収入が不安定な状態にあることです。特に学生やフリーターの場合は社会人と違い、現在の収入が来月以降も続くという保証がないぶん、審査が厳しくなりやすいです。

収入をすぐに増やせない場合は、購入するパソコンのグレードを下げたり、支払い回数を増やすなどをして、月々の支払額を少なくしてみましょう。

収入に対して借入金額が多い

信用情報機関では現在の借入金額を調べることができます。月々の支払い額が現在の収入でも支払える範囲だと判断されても、他の借入金額が多いと審査を通るのが難しくなります。

この金額までならローン審査を通過できると断言できる借入金額はありません。しかし、1つの目安となる数字はあります。

それは総量規制です。

総量規制とは、個人が貸金業からにお金を借りる際に”どれだけお金を借りられるか”という制度です。

一般的に、個人年収の3分の1までが借りられます。年収が300万円の場合、トータルでの借金額は100万円となります。

パソコンローンの審査は総量規制の対象外ですが、目安として借入金額が年収の3分の1以上を超えている場合は、ローン審査が通りにくくなる可能性が高いと覚えておきましょう。

スーパーホワイトの可能性がある

スーパーホワイトとは、信用情報機関に情報がない30歳以上の人物を指します。
信用情報機関に情報がないというのは、それまでにローン審査やクレジットカードの作成などを行ったことがない、ということになります。

一見すると信頼できそうなステータスですが、ローン会社にしてみると判断が難しい申請者なのです。

過去にローン審査やクレジットカードを作成していれば、信用情報機関を利用してこれまでの返済履歴などを見て、返済能力と意志があるかを確認できます。

しかし、初めてローン審査を申し込んだ人は過去の返済履歴がないため、個人の信用を判断する材料が現在の職業や年齢などになってしまうのです。
そのため、スーパーホワイトのフリーターは審査を通るのが難しくなってしまうというわけです。

再申し込みの下準備。パソコンローンに審査落ちした時に確認すること

パソコンローンの審査に落ちてしまったら、どうして落ちたのか分析をしましょう。

特に再度申し込みをしようと考えている方は、以下の事柄を確認しておくと審査の対策が立てやすくなります。

パソコンローンに審査落ちした信販会社を確認しよう。再申込みの下準備

ショップやメーカーが提供するローンは、信販会社が扱う金融商品が主となります。
まずは審査落ちした信販会社に対して、過去に延滞や滞納を繰り返していないか確認をしましょう。

信用情報機関のブラックリストは5年で消滅しますが、信販会社が保有する情報は半永久的に残っている可能性は十分あります。
もし、過去に延滞や滞納をしていた信販会社だと判明したら、別の信販会社と提携しているショップやメーカーを利用しましょう。

例えば、「ヤマダ電機と提携しているJACCSの審査に落ちてしまったから、次はオリコと契約しているノジマ電機に申し込む」といった方法です。

ショップやメーカーと提携している信販会社の一覧は、「パソコンをローンで買う。各種ローンの解説と年齢・職業などの注意点」で解説しています。

自身の信用情報を開示請求で確認する

延滞や滞納に心当たりがない場合、自分の信用情報を信用情報機関で確認してみましょう。開示請求と聞くと物々しい感じがしますが、スマートフォンからでも申し込みができます

開示請求で調べられる情報は、

  • 個人を特定する情報
  • クレジットカードやローンの取引情報
  • 取引から発生する支払遅延や法手続きの有無
などの情報になります。

なお、申し込み方法によって必要になる本人確認書類が違いますので、信用情報機関のホームページでしっかり確認しましょう。

開示請求の申込み方法は「CIC:割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関」で行うことができ、請求後は1週間から10日程度で発送されます。

詳しい開示方法につきましては、「カードローン審査が不安?自分の信用情報を開示請求する方法」の記事でもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

パソコンローンを組む前に返済比率について考える

返済比率とは、年収に対するローンの年間返済額の割合を指します。また返済負担率ともいい、信販会社や金融機関ごとに年収に応じた上限が設定されています。

例えば、年収500万円の人が、月に10万円支払うローンを組んだとします。年間で返済する金額は120万円となり、

120万円÷年収500万円×100=24%(返済比率)

となります。ローンの種類や信販会社によって返済比率の目安は違いますが、返済比率が高いほど審査が通るのは難しくなります

自分が他に持っているローンなどを含めた返済比率を計算してみましょう。

審査落ちしたら消費者金融のお試し審査を試してみよう

消費者金融では、ネット上で行える審査のシミュレーションがあります。

パソコンローンはショッピングローンなので、消費者金融とは審査基準が違いますが、どちらがゆるいかといえば消費者金融になります。

つまり、消費者金融のお試し審査も通らない状況だと、ショッピングローンの審査に通る可能性はかなり低いと言えます。

詳しくは「審査に通るか不安、お試し審査できるカードローン一覧」で解説していますので、併せて確認してみましょう。

すぐに買いたい時のパソコンローンで審査落ちした際の対処法

学校の課題や仕事の納期などの関係で、一刻も早くパソコンを手に入れたいというケースは珍しくありません。

そんなときにパソコンローンに落ちてしまうと、対策を立てたり分析する時間はありません。

どうしてもすぐにパソコンが欲しい場合には、金利が高くても以下のような方法がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードのショッピング枠

クレジットカードのメリットは、ショッピング枠内の商品ならすぐに購入できるという点です。

逆に言うと、ショッピング枠を超えるような高価なパソコンは購入できないというデメリットはあります。
また、クレジットカードで日常の生活に必要な物や光熱費などを支払っている場合は、その分のショッピング枠を残しておく必要があります。

クレジットカードは、すでに所有しているなら新規発行の申し込み手続きをする必要はありません。
しかし、クレジットカードを持っていない場合は、発行に2週間程度かかってしまう場合がありますので注意しましょう。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのキャッシングは現金を借りる方法になります。

こちらは銀行のキャッシュカードで現金を引き出すのと同じ感覚でお金を借りられます。
コンビニでも引き出しが可能で、ローン審査を待たずに一括でパソコンを購入することができます。ですので、これは時間がないときに向いている支払方法となります。

なお、この方法はクレジットカードにキャッシング枠がある場合になります。発行した際に、キャッシング枠を付与していないとキャッシングはできません

確認方法はクレジットカード会社ごとに違いますが、カード裏面にある電話番号に電話をかけ確認することが最も早い方法です。

もしキャッシング枠が付与されていない場合は、申し込みや審査が必要になるためにどうしても時間が掛かってしまいます。

その場合は、キャッシング枠を諦めてショッピング枠で購入するのも手です。

消費者金融カードローン

クレジットカードを持っていないときは消費者金融のカードローンに申し込みをしましょう。

カードローンには銀行カードローンもありますが、銀行は即日発行に対応していませんので、速さを求めるなら消費者金融を選びましょう。

消費者金融カードローンは即日発行に対応しており、WEB上で申し込みが完結します。また、消費者金融会社によっては無利息サービスや手数料無料などのサービスも充実しているため、お得に利用できます。

パソコンローン審査落ちのまとめ

パソコンローン審査は学生やフリーターでも通りやすいですが、それでも落ちてしまう場合もあります。

時間に余裕があるときは、上記で解説した5つの原因や対策などを参考に、一定期間を空けてから別のローン会社に申し込んでみましょう。

反対に、どうしても急いでパソコンが必要な場合には、最初からパソコンローンを諦めて別の方法で購入するしかありません。

最も手軽に購入するならクレジットカードが一番ですが、クレジットカードを持っていないと発行までに時間が掛かってしまうのがネックです。

そのため、次に有効なのが即日発行をしている消費者金融カードローンとなります。
消費者金融カードローンですぐに借入したいという方は、「即日融資のカードローン」で詳しい解説をしておりますので、こちらも併せて参考にしてみてください。

※記載されている内容は2019年7月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.